2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】識者「撤回しても許されない」 高市早苗政調会長発言

779 :名無しさん@13周年:2013/06/20(木) 08:45:40.31 ID:a1vKtK3rO
>>1

>明治学院大の川上和久教授(政治心理学)は「与党の政調会長が震災関連死について知らないはずがないし、知らなかったとしたら問題外だ。どんな文脈であれ、言っていいことと悪いことの
>判断ができておらず、政治家としての資質に問題がある」と厳しい。
>さらに「発言は有権者に『自民党は気が緩んでいる』『おごっている』という印象を与えた。支持率が高いのですぐに影響はなくても、今後、ボディーブローのように効いてくるだろう」と指摘した。

■詭弁「媒介概念不周延の虚偽(媒介概念:「原発事故による死亡」)」

●高市政調会長が前提とする「原発事故による死者」:
民主党の「菅直人」が引き起こした「爆発」と、爆発に伴う放射能等で亡くなった犠牲者は居ないということ。

●明治学院大の川上和久教授(政治心理学)が前提とする「原発事故による死者」:
原発事故により発生した「あらゆる事象」を対象にして、「その中で発生した全ての犠牲者」の「責任を自民党になすりつける」ための「拡大解釈・責任転嫁」。

■情報操作「コメント」
事実以外の「勝手な自分の解釈を追加」することで恰も自分の意見が事実と同様に正しいかのような印象を与え、「読み手の深層心理」に「自分の考え方」を「刷り込む」。

■情報操作「仲介者の利用」
原発を貶め自民党を引きずり落としたい者が、直接反対を言っても効果は薄い(「またあいつらか」と聞き流される)。
ここで、「第三者等に代弁させる」事で批判に普遍性があるかのよう偽装できる。

■詭弁「権威論証」
大学の「センセイ()」に騙らせることでその批判が正しいかのように偽装できる。

>原子力資料情報室の沢井正子研究員は、原発に近い病院で救助が遅れて寝たきりの患者が亡くなったり、被災者が自殺したりした例を挙げ、「原発事故の実情を何も学んでいない。発言を
>撤回して許される問題ではなく、政治家を辞めるべきだ」と批判した。

■詭弁「媒概念不周延の虚偽(媒概念:「原発事故による死亡」)」
上述の内容と同じ。

228 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)