2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【真珠湾攻撃70年】 「ルーズベルトは、日本を対米戦争に追い込む陰謀を図った『狂気の男』」 フーバー元大統領が批判★5

1 :有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★:2011/12/09(金) 10:32:39.66 ID:???0 ?PLT(12066)

【ワシントン=佐々木類】ハーバート・フーバー第31代米大統領(1874〜1964年)が、日本軍が1941年12月8日、
米ハワイの真珠湾を攻撃した際の大統領だったフランクリン・ルーズベルト(第32代、1882〜1945年)について、
「対ドイツ参戦の口実として、日本を対米戦争に追い込む陰謀を図った『狂気の男』」と批判していたことが分かった。

米歴史家のジョージ・ナッシュ氏が、これまで非公開だったフーバーのメモなどを基に著した
「FREEDOM BETRAYED(裏切られた自由)」で明らかにした。

真珠湾攻撃に関しては、ルーズベルトが対独戦に参戦する口実を作るため、攻撃を事前に察知しながら放置。
ドイツと同盟国だった日本を対米戦に引きずり込もうとした−などとする“陰謀説”が日米の研究者の間で浮かんでは消えてきたが、
米大統領経験者が“陰謀説”に言及していたことが判明したのは初めて。

ナッシュ氏の著書によると、フーバーは第33代大統領のトルーマンの指示で戦後の日本などを視察。
46年に訪日し、東京で連合国軍総司令部(GHQ)のマッカーサー元帥と会談した。

その際、フーバーはマッカーサーに対し、日本との戦争は「対独戦に参戦する口実を欲しがっていた『狂気の男』の願望だった」と指摘。
在米日本資産の凍結など41年7月の経済制裁は「対独戦に参戦するため、日本を破滅的な戦争に引きずり込もうとしたものだ」と語ったという。(>>2-3

産経新聞 2011.12.7 22:41
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/amr11120722410009-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/amr11120722410009-n2.htm
前スレ★1の投稿日2011/12/07(水) 23:31:50.96
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1323329941/

依頼:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1323260636/175

2 :有明省吾ρ ★:2011/12/09(金) 10:32:48.70 ID:???0
>>1(の続き)

マッカーサーも、「ルーズベルトは41年夏に日本側が模索した近衛文麿首相との日米首脳会談を行い、戦争回避の努力をすべきだった」と批判していた。

著書ではフーバーが「米国から日本への食糧供給がなければ、ナチスの強制収容所並みかそれ以下になるだろう」
とマッカーサーに食糧支援の必要性を説いていたことも詳細につづられており、フーバーの対日関与の功績に光を当てるものにもなっている。

ナッシュ氏は「この著書が、今でも米国の英雄とされているルーズベルト大統領への歴史評価を見直すきっかけになってほしい」と話している。(引用終了)

産経新聞 2011.12.7 22:41
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/amr11120722410009-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/amr11120722410009-n2.htm

3 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:34:20.99 ID:REA6gwLT0
チョン系日本人以外みんな知ってる

4 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:35:18.10 ID:MX/BGErt0

▼真珠湾の攻撃シーン・ハイライト動画
http://www.youtube.com/watch?v=---eg0O2M98&feature=related

ゼロ戦かっこよすぎwww
先人たちは本当にがんばってくれたと思う

5 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:35:48.61 ID:wnkamojh0
知ってた
なにをいまさら

6 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:36:13.59 ID:d9wfXlKmO
なんかこう、確定的な裏付け文書出てこないかね

7 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:36:50.78 ID:FCG/IjNO0
>>4
1:30からの日本軍はカッコ良すぎだろ。
これなんて名前の爆撃機?

8 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:38:43.24 ID:M1HC4Y/A0
>>4
投下魚雷ってこんなに命中率高いものなのかよ

9 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:40:08.23 ID:hc9NAIwGP
>>4
おい、イージス艦が混じってるぞwww

10 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:40:32.70 ID:aGukiX/40
フーバーって、フーバー掃除機の?

11 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:42:10.78 ID:rY9MSc5z0
親米は馬鹿

12 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:43:20.81 ID:TdTLVr8I0
フランクリンの方のルーズベルトは妻の父親が中国で商売してた人間で
中国人と同じく日本を滅ぼしたがっていた人間だからな

13 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:45:15.21 ID:pVHOw5Vx0
知ってた。

14 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:46:02.25 ID:K9esjkju0
>>8

錦江湾での練習の成果なのだよ。

15 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:49:12.31 ID:9Nd9qnz+0
>>4の動画と>>1の事実は小学校で教えるべきだな。

16 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:52:02.92 ID:H4AIMDHK0
確かに世論誘導の為に日本を戦争に追い込んだのは確かだが世の中陰謀にまみれてるだろw

日本の陰謀もあり各国の陰謀があり結果がこうなったって事だ

ただこれだけの国力差に屈せず挑んだ日本を誇りに思う




17 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:52:03.89 ID:xPauPJOQ0
正義は勝者のものだから国としては
こんなネガキャン誰トクだよって感じだろうなw

18 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:54:29.47 ID:FaWTIU0B0
>>11
親米は馬鹿っていうより、日本においては必要悪にされちゃってるんだな

19 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:55:06.35 ID:W51mJJVo0
「我が闘争」見たんだが

今の日本て、WW2の頃のドイツみたいだな。
橋下はヒットラーになれるのかな?

20 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:55:19.38 ID:vRTu53330
コミュニストを滅亡させろ

21 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:55:31.12 ID:fuiZbkL20
>>17
日本にも居るだろ、謝罪厨が。

22 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:55:55.37 ID:TB/ICz+i0
狂気のMADプレジデント フランクリンDルーズベルト

23 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:57:25.29 ID:O0GUOJ1w0
フランクリンは日本軍の攻撃を知ってたけど、国民の愛国心を煽るために騙まし討ちを演出し自国の将兵を見殺しにした男
第二次大戦に勝ったから人気はあるけど、人間としては相当腐ってる


24 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:57:33.25 ID:hNQtQx4vP
知ってたし事実

25 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:57:44.70 ID:j93+wHZ10
南アフリカでの人種差別がひどい、オランダ系アメリカ人、元々大の有色人種嫌い

日本人だけ強制収容させ、アジア人を烈火のごとく嫌ってた差別主義者。

26 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:58:46.12 ID:ThL/fX4v0
>>19
時々思うが橋下はスターリンの方が向いてるんじゃないかななんて

27 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 10:59:17.33 ID:GoYTIS5P0
もし戦争にならなかったら日本はどうなってたんだろうな。だいぶ違うだろうな。

28 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:00:34.59 ID:hNQtQx4vP
大体経済面無視してアメリカを好きな他国ってほとんど無いだろ

29 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:01:42.16 ID:MotCgMVN0
アメリカは(原爆を)謝罪しないしする必要などない。日本は卑怯な奇襲作戦でアメリカを襲った
http://varda2.com/test/read.cgi/news/1281433073/
【米国】なでしこジャパン優勝で米国人ブチギレ…「パールハーバーを忘れるな」「もう一度津波に襲われろ」
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1311161306/
アメリカで反日な本が大人気 「日本はナチス・ドイツよりも残虐。だから原爆投下は仕方がない」
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/news/1298361937/
米世論調査 6割超が「原爆投下は正当」…根強い肯定意見
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1249426289/
【ベネズエラ】チャベス大統領「アメリカは原爆投下について日本に謝罪すべきだ」★4
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1239181886/
【ニカラグア】米国の原爆投下を批判─オルテガ大統領、国連総会の一般討論で[07/09/26]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1190782792/
イラン大統領「われわれの中に、非武装の市民に原爆落とした国があるか」、演説で米国批判連発…SCO首脳会議
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1308184872/

イラン大統領「9.11はイスラム諸国攻撃のために仕組まれたゲーム」
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=21008:911&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116
【イラン大統領】「9・11事件、高性能レーダー配置する米国は航空機突入になぜか気付かず。死亡者名もなぜか非公開。そしてイラク進攻」
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1207815048/
【国際】 「9・11のテロは、米の自作自演。これは世界中の人々が同意してる」…イラン大統領の国連演説に米代表団退席
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1285292721/
イラン大統領「植民地主義者たちが、リビア国民の富と資源を山分けしようとしている」
http://mainichi.jp/select/world/archive/news/2011/10/27/20111027dde007030040000c.html
イラン大統領「遠くの領土に来て我々を支配しようとしている」「核開発は平和利用のためだ」
http://www.news24.jp/articles/2006/09/20/1067290.html

30 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:01:51.46 ID:nyhjk4CP0
陰謀だろうがむこうにきっかけを作られようが乗せられた方が馬鹿
しかも明確なビジョンも計画も無しw



31 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:02:41.55 ID:aAc2XEY+0
>27
もし太平洋戦争がなかったら、朝鮮戦争とベトナム戦争と文化大革命もなかった。

32 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:03:05.16 ID:GwHTv7yW0
軍事力を背景に現代版『ハルノート』で、アメリカが竹島・対馬は韓国領土だと言ってきたらどうする?

俺なら核持ち戦闘機でワシントンに突っ込むけど〜

33 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:03:13.56 ID:+zvyjv3l0
>>27
日米戦争にならなかったらってのは、想定できないと思うよ
日本が先制攻撃しなくても、中華民国には既に米軍の退役軍人を集めた航空部隊がいたしね

34 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:03:30.20 ID:O0GUOJ1w0
>>16
マスコミからは腰抜けだのなんだの言われ、ABCDQNには喧嘩腰で無理難題吹っかけられーので、内外からの開戦圧力に屈した結果とも言える

35 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:03:37.71 ID:TdTLVr8I0
>>17
勝ったからって良いもんでもないぞ
アメリカだってあの戦争で無駄金いっぱいつかって
アメリカ人だってたくさん死んだ


まあ無駄と言えばその後の朝鮮戦争の方が無駄だったけど

36 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:03:39.47 ID:B6XlutuE0
アメリカ人にも良い奴はいるんだな
ところでフーバーって共和党?


37 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:04:00.41 ID:2n/3rm5l0
サイパンの戦いとは何ですか?
大場栄とはどんな人?
ソース
http://www.yasuda-zatsugaku.com/0000748.html

モット評価されてもいいよね

38 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:04:02.97 ID:Em7FnVrCO
>>27
少なくとも日本以外のアジア各国は欧米の植民地のままだった可能性は高い

39 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:04:14.12 ID:wyWKuI+o0
時は帝国主義、食うか食われるか。

40 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:04:29.29 ID:sGfGH8op0
>>27
たぶん、未だに帝国主義の時代だったと思う。


41 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:04:53.86 ID:FXsOt6vAP
>>37
映画化決定

42 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:06:08.10 ID:8vh83Bj50
こんな話題常識じゃないか。
ただアメリカを筆頭に、この話が明確になると連合国側としては非常に都合が悪い。
(正義の戦いだったはずがそうではなくなってしまうからね)
だからスティネットをはじめ、この話題に関与した者はみんな潰されるんだよね。


43 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:06:35.46 ID:lYVn9D0X0
なんで爆撃される事を想定してドイツみたいに軍需工場を地下に造らなかったの

44 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:06:46.48 ID:TXhQ5goD0
これは酷い。

山本56=自らの組織作りのため 真珠湾闇討ちをした第三組織愚連隊組長
Tローズベルト=おじさんが中国で麻薬商人をしていた関係で介入

この二人がヒロシマナガサキ原爆生体実験の直接の原因となった。



45 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:07:32.13 ID:vRTu53330
>>38
そこら辺は日米戦争とは別次元なんじゃね
既に満州に居たんだし、どうなろうとも解放はしてた

46 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:08:30.15 ID:onzJNTkW0
知ってか知らずか
結局それに乗ったのは日本。

でもね、なんかね。

47 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:09:57.68 ID:vRTu53330
>>42
アカがいまだにアメリカ中枢に巣食ってることの証明でもある

48 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:10:44.41 ID:HzSFEtcm0
帝国主義って言ったって、日本の場合はなんちゃって帝国主義だろ
天皇はブータンの国王みたいなもんだし。
戦争がなければ、天皇担いだあんな悲惨な状況に追い込まれていなかった

49 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:12:11.00 ID:nLoLbrU70
仮に本当だとしても、まんまとハメられたのなら
日本が間抜けだと言うだけの話。
どっちみち日本が無謀な中国侵略を行ってたのは事実だしね。

50 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:14:15.20 ID:cahYlNhu0
>>42
だね
昔から言われてきたこと。
フーバーら共和党勢力は日本の満州権益も認めるべきとしてたとかも
昔から言われてきた。

しかし米民主党にとっては都合の悪いことで、これが出てくるということは次は共和党大統領ケッテイか

51 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:14:37.54 ID:TXhQ5goD0
あと連合国側が 阿片を非合法 にしたことも

太平洋戦争開戦の直接原因。

武田薬品は当時日本最大のモルヒネ製造会社 星製薬 の単なる関西地区代理店だった。
戦後、星製薬を解体して吸収して現在に至る。
星製薬は 証拠隠滅で消し去られたがクマ笹抽出液で 倒産した五反田流通センターで営業中

日本の製薬会社には阿片関係が多い。
かぜ薬が麻薬系というのはその伝統。

大正製薬は名前が同じ麻薬会社(現存しない)とは別。

52 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:15:21.28 ID:FCG/IjNO0
>>49
満州でやめて、イギリスに媚売って仲介を頼んで、
アメリカに中国の一部を献上する形で見て見ぬふりして、
フィリピン周辺への進軍もしない約束も取り付けて、
国連も脱退せずに中国大陸だけに集中すれば状況は違っただろう。

53 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:16:28.99 ID:8vh83Bj50
>>49
そのとおりだ。たが、そのことと、この陰謀説をゴッチャにして「だからどうでもいい」
という話にはならない。

54 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:18:00.13 ID:HzSFEtcm0
北朝鮮が北海道くれって言ってきたら
戦争するだろ。普通は。
当時の日本にとって
そのレベルの外交をやってきたってことだろ。

55 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:18:02.68 ID:vEcftRhU0
日本に反米感情もたせて
安保条約を破棄しやすくしたいんだと思たわ。
日本を捨てるためww

56 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:19:51.26 ID:8vh83Bj50
この陰謀説を必死になって否定しようとする勢力が日本の中にもある。
その連中とはどういう連中なのか。
そう、つまり「日本は悪魔のような国」にしたい連中だ。
でも笑っちゃうのはそういう連中が、いつまでたっても「祖国」に帰ろうとはしないことだよね。

57 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:22:52.19 ID:ni82ZPgk0
米国に従い満州と中国大陸の権益を日本が手放せば、それでも樺太と台湾と朝鮮と南方の島と千島列島、そして連合艦隊はいまだに日本の手元に残ったのだよ

戦争でそれらもすべて失った

58 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:24:33.68 ID:CGsoRMEA0
別に狂気てことはない、当時の状況判断だろ。つまりチャーチル スターリンも
アメリカ参戦で日独伊ファシストを潰してしまえ てことだったんだから。
その後スターリンも潰してしまおう てのはできなんだけど

59 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:25:02.23 ID:wKGcDS500
ルーズベルトってアヘンでぼろ儲けしてたんでしょ?
中国欲しくて日本追い詰めてイギリスと一緒にドイツ、日本を叩き潰したかったんだよね
 
有色人種差別が酷くて特にその時に邪魔だった日本人には容赦なかった
ソ連と仲良くしちゃってその間にはユダヤ人、原爆は17、18発日本に落とす気満々でした
戦争の結果ソ連と冷戦になるし中国は力つけちゃう
戦争しかけたルーズベルトだけどこの戦争は失敗だったって意見もあるよね




60 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:26:24.49 ID:s3eMSc5J0
>米国に従い満州と中国大陸の権益を日本が手放せば、それでも樺太と台湾と朝鮮と南方の島と千島列島、そして連合艦隊はいまだに日本の手元に残ったのだよ

朝鮮も手放せよ。あんなところイラン。北樺太と交換できれば、それが最良。

61 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:26:59.41 ID:E3+04Qfv0
戦争でダメージがなかった国は今も昔も同じ 今はイランを挑発してる

日本は今後 嫌がらせを受けても挑発にはのらない。


62 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:26:59.67 ID:1Vqcngxd0
フランクリンの方は伊勢神宮を爆撃したから、
さすがに温厚な日本の神様も怒って、
日本降伏前に頓死した。

63 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:27:00.94 ID:Pfmb3fqq0
アングロサクソンの凶暴性はアメリカインディアンが絶滅寸前に追い込ませた

アメリカ合衆国でアメリカインディアンの血筋を引く人は、わずかしか残っていない。
それに対して、メキシコでは70%位の人が原住民の血筋を引いている。

アングロサクソンは、情報操作でアメリカインディアンは、白人が持ち込んだ天然痘などの伝染病で90%のもの人が亡くなったという捏造説を流している。
しかし、メキシコでは原住民の血筋を引く人が多数生き残っている。
アメリカ合衆国には黒人が10%位いて、メキシコには少ない。

これは何を意味するか。
アメリカ合衆国の白人達は、アメリカインディアンを大量虐殺したのだ
生き残ったアメリカインディアンをも奴隷として皆殺しに近い状態まで追い込んだと思われる。
アメリカインディアンの奴隷がほとんど死んでしまったので、白人達はアフリカから黒人奴隷を連れて来た。
これはアメリカ史の闇にかき消されている本当の真実だ。

アングロサクソンの凶暴性は、太平洋戦争・ベトナム・湾岸・アフガン・イラク戦争と近年でも大量殺戮を繰り返す事で証明されている。

64 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:27:01.36 ID:o68oOU1w0
>>55
流石に、9.11とかで自作自演に嫌気が指してる人達も居るんでしょ。普通の
アメリカ人は、フードスタンプ暮らしに、戦場に送られる側だし。儲けるのは多
国籍湯田金だけだし。イランと戦争で第三次世界大戦とか言い出してる基地外に
ついていけなくなってるんでしょ。最近次々新事実が明らかになるね。アメリカ
の政府内にも、もう難癖つけて戦争ていうのに限界を感じてる連中もいるんでし
ょ。出なきゃ、こういう事実も出て来ない。

65 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:27:53.65 ID:7BxJ6rszP
>>49
冗談で一国の政治経済を経営してたわけじゃないし、
マヌケでは言い表せない場面が多くあったのは事実だろ。
帝国主義が未だに勢力を持っていた時代と今を混同してもしょうがないだろ。
妄想に酔っている姦国人と同じだぞ。

66 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:28:00.72 ID:xZHLMzLD0
アメリカは不干渉主義で厭戦気分が蔓延してたのを、「リメンバー・パールハーバー」で
一気に戦争に駆り立てたルーズベルトはヒトラー以上の煽動者であることは間違いないよ。

67 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:28:46.49 ID:+57mmOLK0
騙された方が悪いんだよ。
日本の外交下手は今も昔も異常。


日本の外務省が国益に貢献したことは、戦前戦後を通して”一度もない”

68 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:29:38.98 ID:KPpBsCNV0
結局、突っ込んでいったのは日本だから
日本人がバカってこと

69 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:31:30.00 ID:DKs1NN1t0
誘われたとしても自ら参戦したのは日本の意思。

70 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:31:34.34 ID:vEcftRhU0
どのみち潰されたよ。
アングロは恐ろしい。

71 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:31:37.37 ID:cahYlNhu0
>>63
え?
インディアンの血は現アメリカ白人で混ざってる人かなりいるよ。
黒人にも。
チェロキーの血なんかすごい割合で入ってるし。

あんたはどうせ反米バリバリの在日でしょ。
北はもちろん韓国のほうも10年くらい前まで強烈な反米だったよね。
それ引き継いでんの?

72 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:33:36.21 ID:Z6m+vlku0
ザ、パシフィック沖縄戦の人間爆弾シーン
ありゃ世界中に本気にさせられるだろうな

73 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:33:50.15 ID:Tm3wzIuv0
ラスボスは日本を現在も占領しているアメリカ
中国でも韓国でもロシアでもない

【政治】 石原都知事 「日本は、戦後ずっと米国の『めかけ』だ。国家の自主性まで収奪され、今でも情婦だ」★3
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1322874408/

【資源】イランからの原油輸入削減を…米が日本などに要請へ 今後の資源政策に影響か [12/02]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1322831999/

【医薬】武田薬品工業、1万件の訴訟に直面も 糖尿病治療薬「アクトス」のぼうこうがんリスクで[11/12/01]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1322726892/

12月1日(ブルームバーグ):武田薬品工業は、同社の糖尿病治療薬「アクトス」が
ぼうこうがん発症リスクを高める可能性をめぐって、米国内で最大1万件の訴訟に
直面する公算が大きい。
裁判所判事らは、どこの裁判所に訴訟を併合すべきかを今後検討する。

74 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:35:36.50 ID:QQjYw+CK0
軍部と来たら真珠湾成功させる事しか考えてないw
外交打ち切り電報って宣戦布告に読めないし、悪辣極まり無い。

75 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:36:21.54 ID:GwHTv7yW0
ハワイ王国は人種差別が激しいアメリカよりも、有色人種の日本に編入されることを望んでいた。

しかし、日本は外交上アメリカに配慮して編入しなかった。

76 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:37:23.92 ID:ni82ZPgk0
米国に譲歩して中国からの撤兵と満州国の管理譲渡の工程表をつくり、数年でそれを達成すべきだったな
そのうち世界情勢は変転し日本は共産主義の防波堤として維持されただろう

77 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:37:39.15 ID:E3+04Qfv0
金融でもBIS規制で日本をいじめたのは良いが 逆に欧米は自分のクビをしめてる

デタラメな金融商品を大量に売り買いして バブルがはじけ

欧米銀行はインチキなストレステストをやってるけど 信用のある国債まで劣化させては終わり

78 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:38:06.70 ID:0/4rUJgS0
おれはフーバー本人から聞いてたから、今更の話。

79 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:38:35.77 ID:xPauPJOQ0
>>21
国と書いたけどフーバーのルーズベルトに対するだった。
最近特に露骨に感じる日本の政治家のそれと同じで、
兎に角ルーズベルトを失脚させるために手当たりしだいに突く
ネガキャンの一つって程度かと思った。
けどちょっと調べてみたらそういう話でもないのかな。

80 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:41:24.42 ID:ni82ZPgk0
対日戦争を決定したのは米国議会です 戦争反対票と超僅差だったんじゃね?

81 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:42:18.03 ID:cahYlNhu0
>>79
うん違うね
元から米民主党は狂ってる

82 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:42:24.06 ID:rAJ6ypse0
>>74
それは軍部として正しい。海軍だったか宣戦布告なしでやろうと主張してた
わけで、それは彼我の実力差をよく知っていたから。

83 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:43:18.27 ID:o68oOU1w0
>>71 これでも見て勉強しろ。アメリカ支配層ユダヤ人と違い発言力ない連中だから、アメリカインディアンのホロコースト
の数1900万人は少なめかもしれない。そもそも、日本で在日が力を持ったのもGHQが、日本の分断様にマイノリティを工
作員にしたからだ。これは、欧米植民地ではどこの国でもやってきた政策。何故マイノリティを選ぶかというと、多数を憎み
同化しないから、極めて手下として使うには便利だからだ。
http://www.youtube.com/watch?v=5X9tEQqCpew
American Holocaust of Native American Indians - Compared to Jewish Holocaust by Nazi Hitler,
Rascism

The powerful and hard-hitting documentary, American Holocaust, is quite possibly the only film
that reveals the link between the Nazi holocaust, which claimed at least 6 million Jews, and
the American Holocaust which claimedaccording to conservative estimates, 19 million Indigenous
People.



84 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:44:28.51 ID:uADdi5I90
>>4
この動画のようにミサイルや銃弾を撃ちまくれるような潤沢な資源は日本になかった
だいぶ悪意をもって脚色されている

85 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:44:43.61 ID:c/1NtCza0
>>2
>マッカーサーも、「ルーズベルトは41年夏に日本側が模索した近衛文麿首相との日米首脳会談を行い、
>戦争回避の努力をすべきだった」と批判していた。

トップ会談はアメリカが消極的だっただけでなく、
日本国内で妨害工作があった。

86 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:46:08.06 ID:rAJ6ypse0
>>4
緑のゼロ戦はねーよな あと傘型編隊飛行せずに虫けらみたいな
飛び方もデズニーの悪意の表れ

87 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:50:17.10 ID:cahYlNhu0
>>83
朝鮮人が工作員として使えるわけないでしょ。
GHQは初めはそう考えてたけど治安悪化させるばかりの朝鮮人は米国にとっても害悪とした。
警察予備隊作らせたくらいだ。
朝鮮人を使って日本をコントロール、なんていまだに言ってるのは
在日かコシミズ教信者しかいないよ。

白人がアメリカインディアンにやったことは分かってる。
感染症持ち込みが原因なのも事実だけど虐殺その他も知ってる自分はかなり詳しい方。
死の行進や契約破りの白人有利裁判や、インディアンの命綱であるバイソンを絶滅させようとしたことなど。

そんでも混血が多いのも確か。
チェロキー族は自ら文明化・白人化して白人言うところの野蛮を抜け出そうとした。
学ある混血チェロキーも出たけど彼らはインディアンを裏切った。


88 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:53:41.96 ID:GwHTv7yW0
>>4

アメリカ人の役者が白人しかいない

89 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:54:21.87 ID:voixBtlb0
嫌がらせに乗った日本も悪いというのも一理あるが我慢にも限界があるからな
今も昔も嫌がらせをされない外交力経済力軍事力が必要だ

90 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:55:20.74 ID:saok9wp8O
フーバーなんて大統領初めて聞いたわ

91 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:56:12.07 ID:cP5loMn90
日本の外務省にも陰謀に加担した人間がいたんだろうな

92 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 11:58:35.87 ID:0gLorgOg0
戦後の終わりの始まりか?

93 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:00:09.62 ID:cP5loMn90
>>90
ダムで有名だよ
ttp://pds.exblog.jp/pds/1/201005/04/94/f0159994_0181913.jpg
ttp://www.biopark.co.jp/staff/photo/20100617beaver1a.jpg

94 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:00:30.11 ID:cahYlNhu0
アメリカが民主党大統領になったら要注意なのは
国際連盟脱退の頃から同じ

95 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:00:40.28 ID:o+F3mngQ0
アメリカの要求を呑んで太平洋戦争は回避出来ても
今度は満州が総崩れで
対ソ戦争が始まっていただろう。
ソ連に負けたら沖縄割譲では済まなかった。
完全にソ連の衛星国。

96 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:01:52.94 ID:qsUScbMaO
チャーチル「ナチスは悪者!ユダヤ人可哀相」
ヒトラー「インド人や黒人の自由や人権は?植民地の人達にオマエ人道的なのか?」
チャーチル「ぐぬぬ」


97 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:05:15.72 ID:r5nF2jtG0
>>19

知能障害者乙

98 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:05:17.60 ID:5hxBmx46O
結局日本はお人好しのただのおせっかい。世界を知らないで世界へ打って出たのが敗戦の原因。
今と全く同じだよ

99 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:06:39.17 ID:4zF4IR7P0
中国と戦争になるかもしれないときに
日本を敵に回すのは得策じゃねーんだろ。
中国も親日機運高めようとしているしな。
先進国 対 後進国
の構図では日本は、アメリカ側の先進国に属するが
アジアということでは、日本は中国寄りだ
太平洋戦争でも、アジアを守るために戦ったんだし

100 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:06:59.65 ID:sao7/4ba0
アマゾンのレビューみたら、焼けつくような痛みを感じたってあった。
いままで言われていたこと(アメリカの正義)を完全に覆すに十分な緻密な本みたいだよ。

101 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:07:14.71 ID:rAJ6ypse0
>>88
当時は、白人は白人部隊にと人種で分けられていたから

102 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:11:38.68 ID:dEqIn/Sw0
「ネトウヨ」罵倒が無いスレだから書き込みしている連中の正体がわかるw

103 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:12:10.73 ID:Ason9kKL0
インテリが大嫌いなスッキリ簡単陰謀論…実はかなりの真理がある。
火の無い所に煙を起こすのがインテリ、火事に発展させるのが底辺狂信者…
もう分かるでしょ?

104 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:13:11.67 ID:sO4L0EBd0
オバマもイランに対して同じことやってるぞ?いいのか?

105 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:13:25.49 ID:cahYlNhu0
>>100
だから昔から言われてるって。

米民主党(ルーズベルト、トルーマン)=日本をサル扱い、ルーズベルトは有色人種やユダヤ人もモドキ扱いのキチガイ
共和党(フーバー)=かなりまとも
と。

106 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:13:54.42 ID:qsUScbMaO
米国の歴史
先住民90%ホロコースト!アフリカ原住民強制連行(黒人奴隷貿易取引所=ウォール街=壁街=黒人を逃がさない為の壁) 西部侵略→ハワイ侵略→アヘン貿易(障壁撤廃自由貿易)ニューディール政策で軍国主義財閥形成、戦争準備
黒人公民権運動→キング牧師処刑



107 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:14:30.00 ID:MuWApXn00
『坂の上の雲』で203高地の攻略が完全なる失敗に終わったことが分かったと思う。
ロシアと日米英で何か裏で交渉があったのカモ、って疑いたくなる。旅順要塞の
ステッセルは要塞が陥落したわけでもないのに、日本軍に降伏した。これは変だ。
さらに変なのは、ユダヤ人のハリマンが満鉄を買収することで日本政府と合意が
できていたのにも関わらず、直前で白紙に戻ったのもかなり変だ。また日比谷焼
き討ち事件など、日本人がこのような暴動を起こすには裏で扇動者が居ないわけ
が無く、その後の226とか対日経済封鎖とかの歴史を見ると、みごとにワナに掛か
ったのだろう。インテリジェンスはこういう歴史が繰り返されるのが阻止しなけ
ればならないのだが、日本の実質的な国家主権者、薩長とか神道系、仏教系のド
ンのイデオロギーが大丈夫なのかと、心配になってくるわけだ。ならず者国家日
本は延々とろくでなしを繰り返す・・・これは真実だ。

108 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:15:51.20 ID:sao7/4ba0
>>105
レビューだと、その逆だったよ。
ルーズベルトは英雄扱い。
それで大統領選にやぶれたフーバーの悔し紛れだと思わないほうがいいって。


109 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:17:20.85 ID:CYjD/jcN0
そもそも日本はソ連を挟み撃ちにして共産主義を撲滅する為にドイツと同盟したはずが、
ドイツは勝手にソ連と不可侵条約結んでしまうし、
日本がソ連と不可侵条約結んだらドイツは条約無視してソ連に攻め込むし、
ドイツが返り討ちに遭ってる間、日本は対米戦でそれどころじゃないし、
この辺の行き違いがもう駄目ぽ

110 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:18:05.25 ID:cahYlNhu0
>>102
ネトウヨ連呼罵倒が無い代わりにアメリカを一枚岩としてアメリカ・ネガキャンやってるよ。
106みたいな人が。

TPP問題が出てきた頃からそれに乗じてアメリカネガキャン始まったし。

111 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:19:10.64 ID:4zF4IR7P0
>>108
悔し紛れに、敗戦後の日本に来て
マッカサーに食糧援助を要求したりするのか

112 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:23:02.68 ID:sao7/4ba0
>>111
ごめん
なんのことかわからない

113 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:23:12.61 ID:qsUScbMaO
>>110
アメリカがマリファナ合法化→TPP→日本の法律は障壁

法律と裁判は米国国内法優先

米国=国内法>TPP
日本=国内法<TPP



114 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:23:27.31 ID:cahYlNhu0
大まかに言ってだけどアメリカ大統領が民主党だと日本にえげつない事やるね。
なのに日本のメディアはケネディ、クリントン、オバマらを若い改革派チェンジだと持ち上げる。
ていうかメディアが持ち上げるからこそ怪しい。


115 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:25:27.57 ID:k/puYw0M0
フーバーは段ボールハウスの村が出来る程の不況を招いた無能じゃないか。

116 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:25:50.95 ID:0Ihxdk650
「日本は侵略戦争をした悪い国」の起源を知ろう!

侵略という言葉はaggression(アグレッション)「先に攻撃をしかけること」の訳語。
パリ不戦条約(1928年)で「自衛など正当の理由がなく攻撃をしかけること」が禁止された。
東京裁判で日本側がこれに違反したと非難されたとき、
日本の翻訳団が「先攻」とでも訳すべきを「侵略」と誤訳した。

かくして『侵入して略奪した日本』の悪いイメージが生み出される。
翻訳団は戦勝国に媚びるサヨクだったのかもしれない。
ちなみに中国大陸に略奪したいようなものは何もなかった。
また、不戦条約では「経済的圧力も戦争行為と見なす」「自衛かどうかは主権国が決める」とある。


117 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:26:05.28 ID:SoyzB4Ms0
戦後民主主義なんか嘘だらけだろう?
何を今更。

国民の教育水準が上がっただけでもいい事か。


118 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:26:54.04 ID:Ou3QMgHb0
セオドア・ルーズベルトを多くの日本人は親日家だと信じている。
しかし彼の本音はまったく違い、日本を叩き潰すことにあった。
そのきっかけは1893年、アメリカのハワイ王朝乗っ取りだった。

アメリカ戦艦ボストンがリリオカラニ女王の宮殿に砲口を向け彼女を退位させた直後、
日本の巡洋艦「浪速」と「金剛」がホノルルに入り
戦艦ボストンをはさむように錨を下ろした。
アメリカの横暴を牽制したもので、アメリカはハワイの併合を断念、
ハワイ共和国という体裁をとった。
巡洋艦の艦長は東郷平八郎といい、彼は翌年もホノルルにやってきたが、
ハワイ共和国建国一周年を祝う礼砲要請を
「その要を認めず」と断った。ハワイは報復に日系移民の帰化を拒否した。

当時、アメリカ海軍省次官だったルーズベルトは1897年3月、友人に
「できることなら今すぐにハワイを併合し、ニカラグア運河を完成させ、日本を凌ぐ軍艦を建造したい。
私は日本の脅威をひしひしと感じている」と書き送っている。
そのために彼は新聞王のハーストと組み、世論を焚きつけて
反日キャンペーンを展開、脅威の日本人をアメリカから追い出す作業も始めた。
その一つが併合を済ませたハワイの日系人の本土移住の禁止措置だ。
結果、日系人の子弟は学校から締め出され、土地所有を禁じられ、市民権の取得も拒否された。

しかし当時の駐米大使・珍田捨己はアメリカ人の善意を信じることから始めた。
「日本への批判が出るのは我々の側に問題があるのではないか」
彼は日系の移民7万人を調査し「750人が花札などよからぬことをしていた」と外務省に報告。
「移民はいわば民間の外交官であり、その心がけが足りない」と逆に日本人を叱責している。

「まず相手を信じ、反省する」この珍田方式が以降、日本外交の基本姿勢となる。
そんなバカをしているからロシアから一銭の賠償も取れない講和を
押し付けるルーズベルトを本気で恩人と思ったりする。
彼を継いだウッドロー・ウイルソンは日本を弱体化するために国際社会からも締め出そうとした。
ワシントン会議では日英同盟を破棄させ、日本を孤立に追い込んだ。
しかし当の日本は、ウイルソンはいい人で、この会議も海軍の軍縮会議だと今でも信じている。

119 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:26:59.98 ID:qsUScbMaO
金持ちボンボン世襲政治家ケネディ「敵とは断固として戦う」→日本のメディアは華麗にカット&スルー


120 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:30:49.40 ID:4zF4IR7P0
共和党は差別主義者なのかもな
戦争やるのは共和党だが、それは日本の経済にとってもいい事だったり
それはやっぱり日本人は認められている証拠なんでしょう。
民主党はもっとまじめな合理主義って感じるよ

121 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:31:28.21 ID:2HxtFVPD0
>>109
おまえ、ドイツに何夢見ているんだw
ナチスは国民党に軍事顧問団派遣、武器を売りまくってたんだぞ。
内陸部に引きこんで袋叩きにするための防衛ライン設置のゼークトラインと作戦の立案したのは
ゼークトでだし、ヒトラーはバレないように武器を売りまくれと言っている。
軍事同盟と言いながら、技術面の協力などすべて有償だったのしらないのか?
ティーガーT型をかわされたんだが、日本までの輸送手段がなく、ドイツ軍に貸しだしたとか
ジェットエンジンや飛行機などの設計図も全部、日本は買ってるんだぜ。

122 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:31:31.24 ID:xZHLMzLD0
>>119
ケネディはアイルランド系で、これはアメリカではマイノリティなんだよね。
オバマと同じ。
日本人から見たらアイルランド系とゲルマン系・イギリス系なんて区別付かないけど。

マイノリティの方が過激で対外強硬策で国民を煽る政治になりやすい。

123 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:35:20.76 ID:cMek+PT40
        ____
        /     \
     /   ⌒  ⌒ \        以前からネットで言われていたお。
   /    (●)  (●) \
    |   、" ゙)(__人__)" .)|    ___________
   \      。` ⌒゚:j´ ,/ j゙~~| | |             |
__/          \  |__| | |             |
| | /   ,              \n||  | |             |
| | /   /         r.  ( こ) | |             |
| | | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_


124 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:36:59.80 ID:gyCBN+8bO
まあ何を今更だし。
アメリカがアメリカの国益を考えるのは当然
外交に失敗した事実は変わらない
ただ捩曲げた歴史を教育してるのはオウムとかと変わらないね

125 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:47:14.22 ID:o+F3mngQ0
>>124
そもそもアメリカの国益にも反していた件。

126 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:47:15.58 ID:NrFT6YYH0
>>95
日米戦がなければソ連はドイツに踏まれて終了
何よりソ連沿岸海軍が、顕在なIJNに勝てる訳もなし
朝鮮半島は放棄していいし

127 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 12:47:20.83 ID:qsUScbMaO
リンカーン「黒人嫌い!白人だけのキリスト国家を・・・だから奴隷追放する!黒人入れないように奴隷貿易禁止だから、これ大統領命令ヨロピク」
民主党「大統領命令自体が私有財産権侵害!法的根拠なき命令であり、憲法違反!抵抗権を行使する!」
リンカーン「よろしい、ならば戦争だ!」

南北戦争で悪人リンカーン勝利

128 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:07:12.36 ID:qsUScbMaO
ゲーリング「は?収容所?日系人はドイツではなく米国いたわけだから、俺に責任はないわなW」

ゲーリング「あの黒人は白人のレストランで食事できるの?バスで差別してない?アラバマで黒人はリンチにかけられるが、第三帝国では逮捕後24時間以内に理由告げられ、48時間以内に弁護士を付ける事ができる」

129 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:10:02.46 ID:Jkx24kzB0
世界大戦は国際金融資本のせい
日本の右も左も明治維新から、そいつらのいいなりで変わっていない

130 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:11:20.53 ID:cahYlNhu0
>>120
差別主義者は民主党のほう

131 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:12:14.63 ID:fRwoe1gl0
>>124
じゃ日本も国益のためなら何やってもいいんだよね

国益のため、いい響きだw


132 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:17:43.46 ID:hc9NAIwGP
>>131
うんそう。
本来は国家の主権としてそれがある。

だから竹島や北方領土をを武力奪還してもいいし、尖閣諸島に軍事基地作ってもいい。

でも日本は大戦に負けたせいでその辺の権利を全部奪われてて、
周辺国にされるがままになってる。悲しいことだ。

133 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:19:03.55 ID:NJ8Lvha+0
日本が調子こいて、中国方面の大陸利権を一手に獲得しようとしていたのもあるね
そもそも陸軍は海軍と違って国際感覚がまるで無くて、石原莞爾を天才だと錯覚するくらいに人材がいない
陸軍の暴走で、日本は破滅させられたといっても過言ではない
政権運営でも日本の当時の政治制度を悪用、陸軍大臣を任命しないなどの嫌がらせを多用、
マトモな政権は順次空転させたりと暴挙の連続で、日本は急速に陸軍の意向に沿った軍事政権の色合いが強くなった
当時のアメリカはハワイやフィリピン経由で、太平洋に利権の架け橋の経済圏を構築しようとしていた
日本は東アジアの利権で突出せず、アメリカと歩調を合わせていれば目下の標的にはされずに済んだのではないか
アメリカは宣戦布告がないだけでナチスとは実質的に交戦状態に入っていたので、ヨーロッパでの筋書きは変わらない

134 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:25:21.17 ID:xRqfogy+0
911も真珠湾も同じ構造、動かしてる連中も同じ

135 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:25:40.90 ID:qsUScbMaO
馬鹿な中国が日本人排斥→正義の日本反撃
東亜新秩序で防共、連携、発展、繁栄
米国が邪魔→共産化拡大、朝鮮戦争ベトナム戦争、カンボジア内戦その他紛争で、アジアの発展が遅れる。



136 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:26:26.11 ID:oVNshlMl0
まあアメリカなんて元はヨーロッパの負け組みが逃げ込んで原住民殺戮して作った国だからな

137 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:33:34.32 ID:xRqfogy+0
ジョニーデップはチェロキー族

138 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:33:43.61 ID:qsUScbMaO
検事「元首と政府首班を一体化させる独裁体制を確立させたのは貴方か?」
ゲーリング「Yes!アメリカの大統領制をパクりました!(キリ」



139 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:35:27.34 ID:Segt3e+r0
>>9
海自のイージス艦、DDH-182です。

140 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:38:36.86 ID:NJ8Lvha+0
日本は戦争に負けることで、ようやく真の平和主義に目覚めたと思う
当時の日本は日本史の中では異端な時代、侵略主義が跋扈していた
当初は日本国は西欧列強に植民地支配されないように、仮想敵国はロシアに定めて富国強兵を目指していた
ところが、銀河英雄伝説のイゼルローン要塞攻略後の一説ではないが、
極度の軍事的勝利は麻薬に似ている、人々はいつしか熱狂的な軍部の支援者に変わり・・・というような感じで、
日露戦争勝利をきっかけにして、いつしか軍事力を背景とした侵略主義に酔いしれるようになっていった
日本国民も当初は背伸びをしていた意識はあったのだがそれを忘れ、日本は列強の一員として植民地支配に参画するのだという風に
悪しき帝国主義に急速に感化されていった

141 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:39:30.13 ID:nGqtUPTf0
ルーズベルトは本来ドイツと戦争したかったが、大儀明文がないので
同盟国であった日本に対象を絞った。日本は真珠湾攻撃で宣戦布告
したのに握りつぶされ世界中の批判を受けてアメリカの思う壺になった。
もっともルーズベルトの策というよりユダヤ人参謀による脚本どおり。
のちの戦後復興でそのユダヤ人は熱烈な日本ファンとなり著書
「日本人に謝りたい」を出版した。


142 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:40:05.94 ID:3MtIwVirO
結構有名な話

143 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:40:17.08 ID:9fY7fxW30
昔は、人種差別激しかったんだろ。
違う人種は、人としてみてなかった。
今は、いい時代になったな。

144 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:41:31.47 ID:TdTLVr8I0
>>143
日本のおかげだよね

145 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:41:52.58 ID:et+ZXP0R0
>>143
1960年代まで法的にも黒人は差別されてたからな。
公民権運動でぐぐれ。

146 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:48:44.68 ID:l6//agkRP
>>143
人種差別が激しかったからこそ戦争になったんだよな。

147 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:49:43.49 ID:v4OVCNU60
>>23
それなんていう9.11?

148 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:49:53.76 ID:2HxtFVPD0
>>143
男女差別もな、男女に関しては男が戦地に行ってしまったので
労働力を女性の頼らざるおえなかったので、改善されたけどね。
戦争以前の日本が女性蔑視だったはとか、人種差別がひどがったは
単なる妄想だからね。

149 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:51:13.08 ID:NJ8Lvha+0
>>118
アメリカはペリーの時でさえ、不平等条約に調印しないのならば
恫喝のために沖縄を軍事制圧してしまえという風だったからね
国力考えれば、アメリカ相手に張り合っても仕方がないと思うのだが

150 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:51:41.15 ID:G7KIjxbA0
いきなり全面戦争に突入した日本がおかしい

151 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:55:35.29 ID:nGqtUPTf0
アメリカに駐在していた外交官の山本五十六がアメリカの脅威を
一番良く知っていたもんな。駐在先のデトロイトでベルトコンベアー
で車を作り上げる国にぶったまげた逸話がある。アメリカのことを
何も知らない陸軍との確執の始まりだが、当時日本はアメリカから石油を
輸入していたが、ヨーロッパを痛め続けるドイツと仲間になったことから
地獄が始まる。

152 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:56:18.97 ID:qsUScbMaO
アメリカ黒人の歴史的葛藤と社会

もし、日本人のように勝ち目がない無謀な戦いをアフリカの先祖達が戦っていたら、もし、アフリカ人が白人に捕われる前に集団自決をしていたら

153 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:56:33.62 ID:jQHxVcvU0
中国の、日米分離工作が始まったな。


154 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 13:58:19.61 ID:HvpNjBXv0
>>44
宣戦布告は出してたよバカ。
在米日本大使館が職員のお別れ会やってて気づかなかったんだ。
だが、米政府は知ってた。日本の作戦暗号文を解読済みだったからな。
当時の米国民はヨーロッパ戦線の参加に反対してた。
賛成させるためには日本に先制攻撃させる必要があった。
だから真珠湾にいる一般市民にも伝えずに、攻撃させたんだ。
ルーズベルト=戦争を作り出す男。本人もご満悦。

155 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:03:29.73 ID:vtsJyPhp0
アメリカに文句言う暇が会ったらまず韓国にごめんなさいしないとね!

156 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:04:23.64 ID:vFGwqLxe0
ネトウヨのオッサンたち、仕事は?

157 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:04:25.16 ID:B5QxQnOY0
フーバー△

158 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:07:38.13 ID:fIIAnxPf0
日本:日露戦争勝利で軍部の勢力が増して好戦化。戦域を実力以上に拡大し過ぎて破綻。
米国:第2次大戦勝利で軍部の勢力が増して好戦化。戦域を実力以上に拡大し過ぎたから破綻するだろう。

159 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:10:14.25 ID:fIIAnxPf0
黒人公民権運動は1960年代。第2次大戦は1940年代で、まだ人種差別が強かった。
アメリカでは真珠湾攻撃で喜んだ黒人も少なくない。

160 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:14:26.82 ID:+zG1QEzVO
まぁ今まで気付かんかったボンクラ共も怠慢ではあるが、無知が大挙する世の中は怖いわ

161 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:17:51.46 ID:o+F3mngQ0
>>115
フーバーは無能じゃないよ。
それまでのアメリカ経済が行き過ぎていたから
反動が大きかっただけ。
資本主義の宿命。
無能はそこまで経済を過熱させてしまったフーバー以前の大統領。

162 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:18:18.83 ID:MYsn4aPA0
>>120
差別主義者は民主党の方
彼らの言う平和や自由とは自分たちにとっての理想。
シーシェパードみたいな感じ。

共和党はもっと現実主義。
賢いジャイアンみたいな感じ。

163 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:20:20.11 ID:2HxtFVPD0
>>159
黒人はバカだから戦闘機に乗って実戦なんてできないといわれ、
第一線の戦場では弾除けくらいにしか扱われず、
後方の輸送部隊の力仕事が通常の任務だったからな。
一緒に捕虜収容所に入れちまったドイツ軍が、黒人イジメられてるのて
なんでこんなことになるんだと、首をかしげた話も有名。
イギリス、フランスもひどいもので、ドーバー海峡をわたって撤退する時
植民地から引っ張ってきた将兵を弾避けと陽動で置いてきぼりしたからね。
それで、またまた、捕虜の数といろんな人種が入り乱れてたので驚いたのはドイツ軍、
着の身着のままだったので、着るもの、食い物を用意するのに四苦八苦した話は有名。
日本軍も、南方の戦線では同じような状況だったんだよね。

164 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:22:26.30 ID:Gi71i+evO
>>154
きがつかなかったでなく、きがつかないふりな
アメリカと小和田家の差し金だけどな

165 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:22:44.62 ID:Csf5ZAYL0
当事から周りを観察する目が曇ってて、良い様に陥れられてたわけで、今で言えば郵政小泉とか野田TPPみたいなもんだ
本質がまるっきり変わっておらず、敗戦の反省が全くと言ってよいほど活かされていない

166 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:23:09.10 ID:2HxtFVPD0
>>162
共和党は映画のジャイアン
民主党はテレビのジャイアンでおk?

167 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:25:53.18 ID:cahYlNhu0
>>152
奴隷として捕らえたのは白人じゃないよ。
一部部族が他の部族を白人に差し出して「こんなのいかがですか」と売った。
買うほうの白人も白人だけど。
アフリカ人とか言うけど十把一絡げには全然できない。
アフリカの人が日本人と半島を一緒くたにするようなもの。

遺伝的にも人類で一番遠い民族がアフリカ大陸に同居してるし。

168 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:26:23.14 ID:NJ8Lvha+0
アメリカ人の横暴とも見えるメンタリティは終始一貫している・・・
しかし、そのメンタリティで独立戦争後もひたすら世界最強国家への道を爆走、邁進してきたのだから
実績・結果を残しており、見方を変えれば、アメリカ人はそれだけバイタリティに溢れていたとも見える・・・
物事にはいろんな見方があり、また多角的な側面もあり、その一面だけを持って全面否定することなどできるものではない
個人的にはインディアンの掃討などはアメリカ大陸が未開であったから先進国が介入する時期が遅れただけで
いずれ似たようなことが起こる以上は、歴史的には早いか遅いかの違いでしかなかったと思う
現代において、インディアン部族の特別居留区があるならば、仕方がないとも受け取る見方もある、
なぜなら、人類の歴史は不幸にも戦いの歴史でもあるからだ
アメリカにはアメリカのやり方があるのだろうが、問題は米韓FTAやTPPの各種規定ように現代なのに臆面もなく不平等条約の締結を持ち出すことにあるだろう
しかも、世界有数の先進国相手にだ
例えば各種利権を押さえることとは、相当にズレがあるように思う
今時、こんな時代錯誤な発想をしていては時勢に乗り遅れるのではないか

169 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:28:21.28 ID:exvw+wy20
>>109
ヨーロッパ情勢が変化し左翼化したフランスとソ連が接近し軍事同盟を結んだので挟まれたドイツとしては仕方のない部分もある

>>121
もともとドイツの親中政策はワイマール時代からものでその中国政策を親日に決断したのはナチスだよ
まあナチス側としては日本と中国が仲直りすべくトラウトマン和平工作に奔走したようだけど

あと君は軍事同盟だから全て無償とか勝手な幻想を抱いてないかな
あの超大国アメリカだってイギリス・ソ連にほぼ有償だよ
その額が膨大すぎてイギリスは実質破綻したしソ連は踏み倒して今も払ってない

ドイツと日本のそれは南方資源のバーターか割安設定かで
最新鋭にもかかわらず新型の潜水艦なんかは海軍の反対を押し切ったヒトラーの一声で無償供与だったようだけど

170 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:29:25.34 ID:k0J17p/r0
陰謀論って言うか、今も昔も中国市場にぞっこんな民主党の政策を、
保守的な思想から訳解らん思想を持つ大陸の国家群に肩入れするくらいなら市場経済の日本と組むほうがマシって思ってる共和党員が批判しただけの話だろ。

171 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:31:10.09 ID:qBtAGxtw0

フジTV抗議活動・(フジテレビ偏向報道抗議デモ・花王スポンサーデモ・不買運動 )
・・・・・・・・http://www.youtube.com/watch?v=U1T--Xi_soQ・・・・・・

★フジ偏向報道・花王抗議デモ 12/11広島中央公園東側(広島城西隣)13時集合14時出発
★チラシ配り等々 12/11沖縄国際通りてんぷす裏希望が丘公園13時30分集合14時開始
★ 12/18静岡・チラシ配り等々・静岡駅周辺・セノパ109北口地下広場伊勢丹等13時から

※フジ・花王デモ☆脅迫や様々な妨害工作を受けています。ご支援お願い致します。

終了したフジ偏向報道抗議活動 8/7お台場8/14渋谷8/21お台場8/27大阪8/28愛知8/28佐賀
9/10名古屋9/16東京花王9/17,18東京9/18大阪,名古屋9/19日東京複数9/23大阪花王
10/8東京・名古屋10/15東京銀座10/21東京花王10/23北海道・福岡10/29大阪11/6東京渋谷
11/20香川11/23名古屋11/27札幌・★今後は12/11広島・沖縄・12/18静岡・東京・1/20東京花王

172 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:34:30.58 ID:cJAtgt1b0
>>154
開戦前から暗号ばれてたんだよな(´・ω・`)

173 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:35:42.65 ID:u/6Lip5/0
>>109
はからずもナチスドイツが無法国家である事もわかったんだよね。
ヒトラーが狂人である事も。

ドイツもソ連へ投入した人員・物量を西へ集中させていたら
イギリス本土を攻略できただろうに。
海軍充実させるのに時間はかかっただろうが・・・。 馬鹿だね。

174 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:39:54.72 ID:fIIAnxPf0
当時の日独米は新興工業国。数段上の米がライバルつぶし。中国市場を日本にとられてなるものかで米国は中国を支援。
終わってみたら中ソの赤が大陸を支配。結局、自由主義は朝鮮半島の半分まで撤退。米国は中国市場を得られず
日本軍の替わりの配備をすることになり日本が何と戦っていたかが理解できた。
米国は世界の覇権を維持するためには、大陸の端に位置する日英とはトモダチ付き合いするしかないということ。

175 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:41:59.18 ID:HvpNjBXv0
>>164
w頭おかしいのか?

176 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:42:51.00 ID:cahYlNhu0
>>168
インディアン居住区がどんだけ不毛の地で狭小か分かってんの。

戦いの連続と言ってもイロコイ連邦はインディアン国家として独立させるべきだった。
北米西部もゴールド狙いさえなければ独立できるはずだった。
戦いの歴史っていうけど、インディアン掃討戦闘も一部であって
あとは白人有利裁判やら契約破りで知能犯として取り上げたもの。
裁判や契約についてインディアンが悲嘆して繰り返した言葉が
「インディアンは嘘つかない」。
つまりTPPと似たような事やってインディアンを追いやった。
アメリカは東部だけで良かったんだ。

177 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:43:12.85 ID:u/6Lip5/0
ミッドウェー敗戦の原因は暗号読まれていたというのもあるけど、
艦載機の爆弾を陸用・海用でバタバタとっかえひっかえしていたのが致命傷。
簡単に交換できると思って安易に命令をくだす「現場を知らない幹部」というのが
昔からいたんだ。

178 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:46:46.34 ID:Hcd3JZoA0
フーバーは英雄になれなかったから嫉妬して言っただけw

179 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:48:57.69 ID:HvpNjBXv0
>>172
そうだよ。

180 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:51:24.59 ID:1WOOT90/0
知ってた。知らないのはアメリカ人だけー

181 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:51:55.48 ID:9C/NhO3F0
第31代フーバー(共和党)
ソ連の国家承認を拒否、戦後日本への食料援助をマッカーサーに助言
「日本はアジア防共の安定勢力であり、戦後も朝鮮と台湾の日本領有を認めるべきだ」「日本はアジアにおける防共の砦」

第32第ルーズベルト(民主党)
ニューディールという社会主義政策を推進(価格統制、労働組合の拡大促進、所得税最高税率75%、相続税最高税率80%)
対日戦争最後通牒(ハルノート)を国会議員に知らせず日本に通知
日本への原爆18個投下を決定
千島列島を譲ることを条件としてソ連に日ソ中立条約の破棄と対日参戦を要求、武器弾薬80万トンをソ連に輸送
ヤルタ協定で東欧をソ連に売る
ルーズベルト政権の司法長官だったマーフィーが「共産主義者がルーズベルトとその夫人を操っていた」と証言

第33代トルーマン(民主党)
日本への原爆18個投下を承認
ヤルタ協定をもとにソ連の北海道占領を認めたが、共和党の猛烈な反対を受けて断念

182 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:55:40.95 ID:1WOOT90/0
>>21
あいつらはチョソ

183 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 14:58:05.57 ID:1WOOT90/0
>>35
で、日本が背負っていた重荷を自ら背負い込みにいったwww
ざまあwとも思う

184 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:00:09.23 ID:0+1yvDyc0
>>154
お別れ会?
最終通告があるのが前提で、大使館の撤退作業をしていたはずだが。
その過程で破壊に時間がかかる暗号解読(生成)器を壊してしまったため、最終通告を人力で解読して時間がかかりすぎたというのが真相。

185 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:02:06.59 ID:vCO92Ehj0
イランの無人偵察機撃墜もそうか

186 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:02:49.93 ID:1WOOT90/0
>>49
>無謀な中国侵略
そうは思っていません
×無謀
×中国
×侵略


187 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:03:33.65 ID:brgIriMmO
いまだにコミュニストの亡霊が組合作って生きてるんだよな・・・・

188 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:05:44.81 ID:1WOOT90/0
>>55
それはあるね
で、昔の夢(ww2)をもう一度ってね

189 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:09:21.13 ID:h4hvwE4/O
今更かと思ったら一昨日が開戦日だったな

190 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:10:26.66 ID:kgXzKeCb0
日本とドイツ相手に二正面作戦を展開したのか。
それでも勝てると思われてたほど日本は舐められてたんだな。


191 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:10:40.83 ID:1WOOT90/0
>>63
>アングロサクソンの凶暴性は、太平洋戦争・ベトナム・湾岸・アフガン・イラク戦争と近年でも大量殺戮を繰り返す事で・・・
フィリピンでも大量にやらかし


192 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:11:22.43 ID:QrPcozQp0
>>181
民主党は今も昔も日本の敵だな
共和党は信用できる

193 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:12:51.92 ID:tNF1AjVV0
右翼も左翼もみんなバックはダメリカだぞ


ダメリカ→朝鮮系→右翼・左翼


間接統治・分割統治


少数派によって間接統治させるのは大英帝国のインド統治でも行われてるし


国内で対立させて、宗主国に反乱させない分割統治なんて、ローマの時からやってる

194 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:13:47.61 ID:fgEHQsZnO
残念だったな朝鮮人、空母主体の機動艦隊による攻撃は日本が世界初

そもそも朝鮮人は空母持った事ないかww


195 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:14:37.00 ID:1WOOT90/0
>>74
それグルメ飯食いに行ってた外務省の責任

196 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:16:52.53 ID:WZSu8aS30
ルーズベルトの日本嫌いはガチ


197 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:20:06.32 ID:1WOOT90/0
>>98
それもまた超単純脳、おまえノミの脳みそ持ち

198 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:24:20.98 ID:X9kL0KTg0
アメリカ民主党は残虐行為なら世界トップクラス

199 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:24:55.26 ID:MimvT2Hf0
戦争にキレイも汚いもねーんだよ

兵は詭道なり
謀多きは勝ち、少なきは負け


勝てば官軍負ければ賊軍なんだよ



200 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:26:32.56 ID:wO2X76hYO
>>190
とりあえず日本は放置でオケと思ってたんだろ。
日本はアメリカ本土に陸軍上陸させるなんて無理だし、それができない以上アメリカが日本に負けることはない。

201 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:27:22.65 ID:EoEk0Sp50
陰謀論にハマる奴らって怖いよねぇ……。

ってか放置したら陰謀じゃないじゃんw
日本が騙し撃ち計画して実施しなきゃ済んだ話でしょうに。

202 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:32:22.43 ID:QMGlk3+P0
自民党&共和党タッグこそ西側世界安定路線だろ。
民主党&民主党なんて悪夢でしかない。

203 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:33:15.25 ID:1WOOT90/0
>>118
>駐米大使・珍田捨己
きっともう篭絡されてたか真性のバカ

>「まず相手を信じ、反省する」この珍田方式が以降、日本外交の基本姿勢となる
これやってりゃ楽だもんね。飯食ってるだけですむし


204 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:40:48.44 ID:1WOOT90/0
>>155
ひとまず市んでてね、ば〜か

205 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:41:15.43 ID:Qq4WBrR20
>>201
本当の真実は騙まし討ちなんかじゃねえし

206 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:42:32.89 ID:fgEHQsZnO
>>196
ルーズベルトだっけ?「同じ白人であるドイツ人を殺すのは抵抗があるが日本人を殺すのに何の躊躇いもない」とか抜かしたアメ公は?


207 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:43:48.90 ID:VIydTfafO
永遠の繁栄()
フーヴァーモラトリアム()

208 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:44:31.08 ID:o+F3mngQ0
おかげで最初の原爆使用国になっちゃうし。
そうなったら自分たちに落とされても
抗議する道徳的優位性を失くす。
だからアメリカはハリネズミのように核ミサイルを作るしかなかった。
国民がそのためにどれだけ疲弊したか。

209 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:50:57.29 ID:BKq3kjBn0
ヒットラーは有色人種の日本人が大嫌いだった。
でも対ソ連戦をするために日本が必要だった。
ところが馬鹿正直な日本は、日ソ不可侵条約を盾にソ連を攻撃しなかった。
ドイツは負けた。

210 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:51:15.13 ID:aET4D6x20
>>206
ルーズヴェルト本人でおk。

211 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:53:17.74 ID:wO2X76hYO
>>209


212 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:55:56.56 ID:MYsn4aPA0
>>167
あなたの言うご時世とは何処のご時世?
現在も世界情勢は100年前とそんなに変わっていないでしょ?

213 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 15:56:05.66 ID:wO2X76hYO
>>209
そもそも日本にとって独ソ戦は想定外だし、ドイツにとっても日米戦は計算外なわけで、お互い組むべき相手じゃなかったのだよ。

214 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 16:04:18.91 ID:rAJ6ypse0
>>213
独ソ戦開始は1941年の6月だろが。

215 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 16:05:06.00 ID:P40MhesQ0
「私は若き父とその世代の者が何十年も前から、日本がアジアを近代化に
導くのを誇らしく見ていたのを知っています。すなわち日本は当時開発
途上地域であったアジアに自信と進むべき道の自覚をもたらし、以降日本
のあとについて世界経済の最先端に躍り出た数々の国々に希望を与えてき
ました。日本は過去にも、そして現代もリーダーであり続けます」

「世界は常に日本のことを大変な名誉と誇り、そして規律を重んじる国民、
歴史に裏打ちされた誇り高き伝統を持つ国民、不屈の精神、断固たる決意、
そして秀でることへ願望を持って何事にも取り組む国民。知行合一、
兄弟愛や友人との揺るぎない強さと気丈さを併せ持つ国民であると認識し
てまいりました」

「私が申しあげたいのは、世界は日本から大きな恩恵を受けるであろうと
いうことです。卓越性や技術革新がなんたるかを体現する日本。偉大な
決断と業績を成し遂げつつも、静かな尊厳と謙虚さとを兼ね備えた日本
国民。他の国々の模範となるこの国から、世界は大きな恩恵を受けるで
しょう。日本がアジアと世界を導き、また世界情勢における日本の存在が、
日本国民の偉大な業績と歴史を反映するにつけ、ブータンは皆様を応援し
支持してまいります」

「 ご列席の皆様。いま私は祈りを捧げました。小さな祈りですけれど、
日本そして日本国民が常に平和と安定、調和を経験しそしてこれからも
繁栄を享受されますようにという祈りです。ありがとうございました。」

http://www.youtube.com/watch?v=-h5CzvtJky8&feature=related


216 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 16:06:20.97 ID:fgEHQsZnO
>>210
どーもw


217 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 16:16:48.61 ID:KZR5GFuZ0
>対独戦に参戦する口実を欲しがっていた『狂気の男』の願望だった
ナチスと戦争をするのは正義だと思うけど

218 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 16:20:17.03 ID:PUQSxlHSO
>>38
別じゃねえよ
ABCD包囲網はどの国で、何で敷かれたのか考えたらいい

219 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 16:22:54.95 ID:75iAqtJr0
航空機による1次攻撃で終わらしたのが間違いだったな
あれだけ戦艦と巡洋艦も出撃させといて
ハワイを艦砲射撃しないで燃料だけ焚いて帰還するとかアホ

220 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 16:23:50.50 ID:EoEk0Sp50
基本知識無いアホなのか?
日独伊三国同盟には参戦義務はなく、日米が戦争に入っても、
ヒトラーが対米宣戦しなきゃ関係なかったわけだが。
ああ、だから陰謀論なんて恥ずかしいものにハマるとw

221 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 16:24:58.59 ID:sw0MiCi70
もう共和党に幻想を持つのはやめろw
あいつらだって、アメリカ人。国民が戦争しろといったらぶっ放してきて
日本兵の頭蓋骨を傍らに記念写真を撮るんだよ。

222 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 16:43:55.90 ID:GwHTv7yW0
真珠湾-12月8日を記憶せよ(HD高画質ver)
http://www.youtube.com/watch?v=xKj08mdnySs

これ本当に良い動画

223 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 16:44:28.03 ID:wO2X76hYO
>>214
それがどうした?
三国同盟は前年だが。

224 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 16:45:24.93 ID:sao7/4ba0
なにしろベテランは共和党の強烈な支持者だもんねw
かなりの差別主義者がいる


225 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 16:46:27.91 ID:40XLzqtx0
これ知らないのってアメリカ人ぐらいだろ

226 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 16:49:56.32 ID:EoEk0Sp50
陰謀論儲でも無い限り、知っててもオカ雑誌ネタ程度の扱いで流すんだよw

227 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 16:57:39.10 ID:AX8zxhhP0
●ちなみに、冷戦時代の1962年、キューバへミサイルを持ち込もうとした
ソ連に対し、「戦争瀬戸際政策」をとって阻止したアメリカのケネディ政権
の司法長官であったロバート・ケネディは著書の中で

「キューバ危機を体験して初めて、なぜ東條英機が真珠湾を攻撃した
のか理解できた」と述べている。

 

228 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 16:57:48.59 ID:PUQSxlHSO
>>220
ヒトラーが先に対米宣戦布告しました?

229 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 16:58:14.11 ID:efmDCvSk0
昭和 16(1941)年
2月 米、P-40B戦闘機、100機の対支援助を決定。その不足する装備武器と弾薬150万発については、
大統領命令で米陸軍基地から直接補給された。
4月15日 パウリー米インターコンチネント社社長が中国との間で航空機パイロットの米国義勇団に
関する条約を結び、259名のパイロット(通称フライングタイガース、実は米国の正規兵)を中国に派遣する
こととなった。
4月22日 米国陸軍省、中国に引渡し得る軍需品リスト(4千510万ドル相当)を提示。
5月6日 ルーズベルト大統領、中国向けのトラック300台の2週間以内のビルマ・ラングーン向け出荷
を承認。また4934万ドル相当の軍需物資の中国供与を決定。
7月23日 米国統合委員会、軍事使節団派遣と米志願兵による中国からの日本軍爆撃を目的としてB-17、
500機の対支派遣を決定。この統合委員会での確認事項は次のようなものであった。
イ、中国及びその周辺地域又は海域で作戦中の日本軍に有効な反撃を加えるため、第一陣として
269機の戦闘機と66機の爆撃機を装備すること。
ロ、米国は中国人の飛行及び航空機整備の訓練のための手段を提供すること。
ハ、米国によって与えられた大量の兵器の適切な使用について助言を与えるため、米国は、軍事使節団
を中国に派遣すべきこと。
http://www.history.gr.jp/~showa/114.html


230 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:01:11.88 ID:NJ8Lvha+0
>>208
アメリカって当初の計画だと18発原爆投下する予定だったと聞くぞ
原爆は新技術で量産されておらず、また新規の製造が間に合わなくて助かったわけだが

231 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:03:46.27 ID:bu6TXtQYO
5.15とか2.26で日本も狂気化してた
まあ5.15で犬養が暗殺された時点で日本は終わってたわな
売国右翼はこのクーデター派を支持してるからすぐに見分けが付くw

232 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:04:33.99 ID:EoEk0Sp50
>>228
その程度も知らないの?
なんでヒトラーがあんな自爆したんだ、ってすげえ不思議がられているんだが。
対米戦避けてたのに。

233 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:08:02.05 ID:4lBCptlw0
フーバーは大統領選でルーズベルトに敗れたため、1期しかで着なかったその
恨みがあるから、あまり信用できない。

234 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:08:09.00 ID:GR/7lDTt0
米帝に尻尾振るなよ?

235 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:11:23.42 ID:NJ8Lvha+0
西欧の債務危機、金融危機は、日本の知ったことではない
しかし、日本にとって重要なのは米国で、軍事同盟の関係上、強力な繋がりがあり、危機においてはそれなりに支援するのは致し方ないところだろう
西欧には国家同士の繋がりで特に深い関係にはない
西欧の連中がIMFに支援を求めているが、日本にIMFを通して支援させようという策謀なのか?
土台、西欧はええかっこしいで態度だけは人一倍デカイ、あれが西欧の現在の実力であり、いいお灸を据える事態となりそうだ

日本にとって問題なのはアメリカなのだ
アメリカの問題は、ここ10年くらいの費用対効果に釣り合わない外征の泥沼的な失敗と
経済的に多極化に移行する世界の現状や新冷戦と、自らが標榜する一極支配の世界戦略とのギャップが全く噛み合っていないことだ
アメリカは東西の冷戦が終結した際に、唯一の超大国として圧倒的な立場で君臨して対抗できる存在がなかった
その独壇場の20年間に、特にここ数年に世界経済の加速度的変化を読み間違えたのではないのか?
富を上位3%に移行する政策なんて、冷戦後の一極支配が永続的に続くと勘違いした結果だとしか思えない
多極化する世界経済で、そんなことをすれば自国の生産力は低下しよう、自滅する施策だとしか思えない
そんな施策を続けていけば、結果国内の購買力、引いては生産力が落ち込み、国民全体の活力が失われるのも自然の流れだ

FTAやTPPがどこまで純粋に自由貿易拡大に根差した政策なのかは知らないが、FTAやTPPを通して世界に新たに経済的植民地をとの発想なら、
それは伝統的なアメリカらしいやり方かもしれないが、50年前くらいのかなり古いスタイルだなと思う
韓国を少し舐めすぎじゃないのか?
あの国はもう堂々たる先進国の一員だ、そんな国と不平等条約を締結するのは自分で衰運の道を選択してるとしか思えない

236 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:13:31.95 ID:sD+9X+RV0
ヒットレル氏の専用列車、その名は「アメリカ」。

237 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:15:58.53 ID:MwgHxXtt0
アメリカ的には極東太平洋地区の権力握るきっかけになったんだから正しい戦争だと思うが

238 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:16:57.24 ID:vkIxedwA0
前スレニモ書いた。日本は対米戦争に引きずりこまれた。しかし、ルーズベルトも誤算だったのは日本が強すぎたこと。
アメリカにとって想定外の日本軍の強さは、その後のアメリカの戦略に大きな修正を加える事になった。
ただ、元々対独戦線への参戦の口実程度に見ていたのでその準備も殆どが対独参戦に備えた大戦略に沿った軍事力配備に向けたものだった。

これは日本が唯一絶対のチャンスを得た瞬間だった。緒戦から続く半年。日本軍は快進撃と言える戦果を挙げた。これだけで日本は当初の目的を達成したのだ。
インドシナへ続くシーレーンは確保出来ていた。

ここで防衛ラインを押し上げずに、そのまま資源備蓄、要塞の強固化、工場の製造ライン増強を集中して行えば良かった。

インドシナ、フィリピン、ビルマ、タイに軍需工場を建設し、日本本度、インドシナ双方から前線に軍備を補給できるラインを3年かけて作り上げる事が出来た。

アメリカは欧州戦線に手一杯。日本が無駄な消耗戦を太平洋で展開しなければ、武器弾薬、兵隊も損耗なしで強固な防衛ラインの内側を徹底ガード出来た。

同時に情報戦を展開し、無益な継戦を終わらせる方向に誘導する。その様な状態の日本とならアメリカは講話を結ぶ。

アメリカも度重なる戦時国債の増刷で資金集めに苦労していた。硫黄島の星条旗が、米国民の継戦意欲を掻き立てたのなら、それをさせる前に日本から継戦は双方に無益であると喧伝する事で、
講和への道も開けていただろうと推察する。

239 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:18:42.09 ID:EoEk0Sp50
引きずり込まれたって、二重の意味で日本を馬鹿にしていることに気づかないのか。
間抜けな陰謀に騙された馬鹿、さらにそこまでやっちまったのは日本自身には違いないわけで。
陰謀論者の価値観はよーわからん。
日本が中国への侵攻やめて原状回復してればそもそも戦争起きなかったんだぜ。

240 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:19:57.36 ID:MpMagjBv0
今、英米イスラエルは、イランを戦争に追い込むために忙しそうだなww

241 :名無しさん@12倍満:2011/12/09(金) 17:23:47.07 ID:va3OeaGe0

この手の陰謀論は第2次大戦を「正義の為の戦争」と位置づけている
メリケン内の元兵士や戦没者遺族が認めたがらないから
タブーとされているんじゃないの?

時代は変わったの?

242 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:24:20.06 ID:EoPNKZMf0
景気回復の為にやらんといかんからな

243 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:24:53.79 ID:2Uk4PHKn0
>>238
死んだばあちゃんも、そこまで詳細なことは言ってなかったが単純明快に戦争のこと
批判してた。

「勝ってるうちに辞めとけばよかったのよ」

人間引き際って大事だよね。



244 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:30:25.41 ID:cINjumUj0

アメリカが戦争するって決めたら、相手国に拒否権なんか無いんだよ
イラクだってそうだろ

245 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:30:36.75 ID:4U758ZDC0
>>238
海軍が強かったからかね
大艦巨砲主義の名残があったのかな

246 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:31:04.81 ID:acJnIdJz0
>>118
>逆に日本人を叱責している。

今でもいるな。「日本人(民間人)が悪い」っていう脳内の回路の日本の大使や役人

247 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:31:51.53 ID:jnZG39DK0
>>49
>どっちみち日本が無謀な中国侵略を行ってたのは事実だしね。

違います。

日中戦争を1937年8月13日に仕掛けたのは、中国国民党軍司令官の蒋介石。
中国のテロで始まった満州事変がタンクー協定で区切りがついていた中、
蒋介石は盧溝橋事件・通州を利用して日本軍を華北に陽動し、本命である
華中の上海に大兵力を集中させた。

蒋介石は、1年以上前から上海にドイツ式の強大な要塞を築いていた。
そして上海にいる日本人を大兵力で取り囲んで一斉攻撃をすれば、日本本
土から陸軍の主力が救援に駆けつける、と読んだ。
事実、その通りになり、上海では1937年8月13日に蒋介石によって大規模戦闘
が始まった後、日本本土からの陸軍の大部隊と中国軍との間で激戦になった。
上海のドイツ式巨大要塞に日本陸軍の大軍を誘い込めば、水濠(クリ
ーク)に動きをとられた日本陸軍を殲滅して勝利できる、というのが中国軍
の描いた構想だった。

その計画を立案して蒋介石に提案したのが、ナチスドイツ陸軍参謀のファルケン
ハウゼンだった。彼は、第一次大戦で欧州各国が泥沼状態に陥った地獄の要塞戦
を日本軍は突破できない、と考えたのである。
しかし、日本陸軍は激戦の中、上海の大要塞を突破した。

http://ww1.m78.com/sinojapanesewar/sinojapanese%20war.html
http://ww1.m78.com/topix-2/the%20origin%20of%20sinojwar.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%BC%E3%83%B3
http://holywar1941.web.fc2.com/kindai-sina2.html
http://blogs.yahoo.co.jp/osteospermum518/archive/2011/8/21
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/114.html

248 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:32:13.51 ID:o68oOU1w0
>>201
何が陰謀論だよ。自虐史観もいい加減にしろよ。アメリカは自国法で宣戦布告
前に他国と戦う事や武器弾薬を供給することを禁じていた。しかし、ルーズベ
ルトは、国民や議会にすら隠して、空軍の一部を一時軍務から外した偽装をし
て義勇軍という形で中国に送り出した。この部隊は、当然資金や戦闘機を抱え
てるわけで、誰が見ても、この部隊に所属していた連中も国が指揮をしてたと
認めている。つまりは、日本がだまし討ちした訳じゃなく、アメリカが先に日
本軍を攻撃していたわけだ。しかも、この部隊は、真珠湾の3か月前には日本
を宣戦布告なしに爆撃する計画も練り、ルーズベルト以下の署名した書面も残
っている。この計画が中止になったのは、イギリスから爆撃機を回せとの要請
があり、そちらに全部回したから。この様に、日本だけが悪いという史観自体
が間違い。それに、真珠湾前に、駐日アメリカ大使は、日本が戦争準備を始め
てる。攻撃するなら真珠湾だと、本国に打診してる。そして、最近次々と攻撃
前に暗号を解読してたという証拠や証言が出てきている。FBIには、攻撃する事
をハワイだけには知らせるなと命令すら回っている。今までのアメリカの卑怯
なだまし討ちという主張は、様々な証拠から覆されてるのだから、その点は日
本も主張すべき。賠償しろとか謝罪しろというのではない。あくまで日本が卑
怯にもハワイを奇襲したという嘘だけを訂正しろと言うわけだ。別に米側が認
めないならそれは構わない。しかし、日本側は、だまし討ちじゃないという事
を主張すべき。これは国の名誉の問題です。

249 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:35:29.70 ID:NJ8Lvha+0
>>240
そういう血生臭い話はオレは好かん
アメリカには経済の振興・興隆という正攻法で自国経済を立て直してほしい
グリーンニューディールはどうなったんだろう?

250 :名無しさん@12倍満:2011/12/09(金) 17:35:46.58 ID:va3OeaGe0

とりあえず、当時のような空母のよる艦隊を作ろう。

251 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:38:51.25 ID:EupfBmjF0
親米でも親中でもない只の愛国者が日米分離工作員認定されるスレはここですか?

252 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:53:11.95 ID:hNQtQx4vP
>>248
おまえの日本人魂に泣いた

253 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:55:00.97 ID:/2aS2wLuO
>>238
講和に持ち込むとして、日露の時みたいに、仲裁してくれる国がないのが辛いと思うんだかどうよ?
もともと、満州利権守るために、戦争始めたが、石油を止められ、で南進したら戦線拡大しすぎて、収拾がつかなくなった感はある。

満州諦めて南進に徹するか、南進せず満州防衛に徹するかの話なんだけど、そのあたりの見解はどうよ?

254 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 17:56:04.49 ID:vRTu53330
>>248
バレたのはアメリカの努力であって
日本側としてはだまし討ちしようとしてたワケであって
気持ちは分かるが、そんな主張はバカにされるだけ

255 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:05:54.91 ID:ddqMPTQZ0
どうせ奇襲かけるならソ連だったな
ドイツと東西から挟撃して即チーンだったろうし

256 :共産主義者の大東亜戦争責任 (War responsibility of the communist):2011/12/09(金) 18:09:58.24 ID:FYJRXwVi0
共産主義者の大東亜戦争責任
War responsibility of the communist
http://www.youtube.com/watch?v=GqJSU4v4VHA
http://www.youtube.com/watch?v=F8-suGPP4sA
http://www.youtube.com/watch?v=uFMtTokCuXs
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6396722

アメリカに潜む共産主義者の歴史 Glenn Beck 06-24-10
http://www.youtube.com/watch?v=H5Xbpy4dYdo
http://www.youtube.com/watch?v=jkowqkyNRZA
http://www.youtube.com/watch?v=0dh9hOLjn1Y
http://www.youtube.com/watch?v=azyY9GReB1I

もうひとつの歴史 「となりのスパイ」 VENONA
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13238508

アメリカの最高機密が、陰で盗み出されていた。

「第二次大戦後、アメリカの軍事技術が無かったら、
ソ連は軍事力を増強できなかったでしょう。」
ケンブリッジ大学歴史学教授 クリストファー・アンドリュー

VENONA ヴェノナ 解読されたソ連の暗号と共産主義スパイ活動
http://www.youtube.com/watch?v=7Ri2dRQnzDA
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10436106
ヴェノナ(VENONA)とは、1943年、米陸軍が独ソ単独講和を危惧して開始した在米
ソ連暗号通信傍受・解読作戦である。1995年、ようやく公開されるに至った。
ヴェノナ(VENONA)  ジョン・アール・ヘインズ (著) 中西輝政 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/dp/4569704891
「KGBの内幕」
http://www.amazon.co.jp/dp/4163482105

257 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:10:05.33 ID:pxYNJZ3J0
ソニー「ジャップの野郎、親父の誕生日にアメリカ攻撃しやがって!」
マイケル「石油を止めたからだ。」



258 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:14:14.63 ID:AX8zxhhP0
ヒトラーの日本観より

「1925年、『我が闘争』(それに他の未発表の論文)に書いたのだが、
 ユダヤ人は日本人こそが彼らの手の届かない敵だと見ている。
 日本人には鋭い直感が備わっており、さすがのユダヤ人も内から日本を
 攻撃できないということは分かっているのだ。

 となると外から叩くしかない。本来、イギリスとアメリカにとっては
 日本との和解は多大な利益を意味する。

 その和解を必死に阻止しているのがユダヤ人なのだ。
 私は警告を発したが、誰も聞く耳を持たなかった。」

259 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:20:27.82 ID:wO2X76hYO
>>247
そういう細かい戦闘の話じゃなくて、全体の戦略の話だろ?
速攻で終わる予定だった日中戦争を長引かせたのは事実なんだから。
そこが無謀だったの。

260 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:20:39.08 ID:NbFWSl+40
日本から軍事力を奪っておいて
北朝鮮の日本人拉致の解決や隣国との領土問題などにはすこぶる非協力的
あまりにもふざけてるよな
ひでー国だよホント

261 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:22:40.24 ID:jnZG39DK0
イランの核施設へのイスラエル又は米国による空爆は、不戦条約違反の
先制攻撃に該当する。

262 :砕氷船理論 敗戦革命 反日左翼が日本を敗戦へ誘導:2011/12/09(金) 18:23:45.63 ID:FYJRXwVi0
砕氷船理論 Icebreaker theory
http://ja.wikipedia.org/wiki/砕氷船理論
http://en.wikipedia.org/wiki/Icebreaker_(Suvorov)

『砕氷船 ? 誰が第二次世界大戦を始めたか?』ヴィクトル・スヴォーロフ (Viktor Suvorov)
http://ja.wikipedia.org/wiki/砕氷船_(スヴォーロフ)
Icebreaker: Who Started the Second World War?
http://www.amazon.co.jp/Icebreaker-Who-Started-Second-World/dp/0241126223
 ↓
朝日新聞の中国侵略 山本 武利
Aggression of the Asahi Shimbun in China
http://www.amazon.co.jp/dp/4163737308

戦争を扇動した朝日新聞。
The Asahi Shimbun agitated for war.
元朝日新聞記者の尾崎秀実が、スターリン→コミンテルン・GRU→ゾルゲ
を経由した指令に基づき、日本を敗戦させた後に共産主義独裁体制にする
「敗戦革命」の謀略を推進していたことを思い起こせば、何故日本が戦争に
追い込まれていったかが良く分かるだろう。

赤いメディア、赤い政治家、赤い軍人、赤い官僚・・・
それらが結託して「大東亜戦争」は開始されたのだ。

そして同じ脅威は今、当に、民主党政権という形で再現されてしまったのである。

『民主党政権に浸透した左翼(過激派)の現状と系譜一覧図表』
↓このデータ凄いですよ 是非読んでください。友達にも配ろう。
http://bbs6.fc2.com//bbs/img/_450400/450312/full/450312_1306151944.jpg

263 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:27:12.63 ID:d8XdG8W90
だれにいわれたわけではないが、
ほっておけずにしがんした、
かあさんだまってなきながら
おまもりぶくろをくれたっけ
そらにちるのかそれともうみか
ここくよさらばおれはゆく
ゆくぞとくべつこうげきたい

264 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:27:56.46 ID:F6w7t4xt0
ルーズベルトの糞っぷりは周知の事実


265 :共産主義革命の為に日本を戦争へ引きずり込んだ左翼:2011/12/09(金) 18:35:29.63 ID:FYJRXwVi0
■共産主義革命の為に日本を戦争へ引きずり込んだ左翼メディア・スパイ活動
The left wing media espionage that dragged Japan into war for a communism revolution

ソ連・スターリン → コミンテルン(各国の共産党) → ゾルゲ・朝日新聞・尾崎秀實 → 敗戦革命
The Soviet Union, Stalin → Comintern (the Communist Party of each country)
→ Sorge, the Asahi Shimbun, Ozaki Hotsumi → defeat revolution

共産主義シンパの近衛文麿首相のブレーンとなり、日本を戦争へ導く工作を行った。
彼のねらいは、日本を共産主義国にすべく、レーニンの言う「敗戦革命」を起こすことにあった。
現在、朝日新聞社は社会主義国家建設にむけて、今度は中国共産党と手を組み、工作を続けている。

大東亜戦争とスターリンの謀略―戦争と共産主義   三田村 武夫【著】
http://www.amazon.co.jp/dp/4915237028
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4915237028.html
第3篇 日華事変を太平洋戦争に追込み、日本を敗戦自滅に導いた共産主義者の秘密謀略活動について
参考:近衛上奏文(朝日新聞らが作った”空気”が戦争へ誘導した)
The Asahi Shimbun drove Japan into the war.

266 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:36:28.79 ID:4U758ZDC0
>>264
名前どうり性格もベルトもルーズなんだろうな

267 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:40:56.50 ID:mXxnyM/U0
>>52が一番良かった選択肢だろうな
まぁ日本がそんな先見性を持って行動できたとは思えないけど

268 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:44:49.73 ID:jnZG39DK0
>>259
>日中戦争を長引かせたのは事実なんだからそこが無謀だったの

日中戦争が無謀かどうかを論じるには、戦争をどっちの国が始めたかを論じる
ことがまず重要。
http://ww1.m78.com/sinojapanesewar/sinojapanese%20war.html
ところが、ほとんどの日本人は読売のナベツネや政治家の舛添も含めて、日本
が始めたと思い込んでいる。
舛添は、日米戦争については不戦条約違反の日本に非があるとの立場で、それ
は大筋では正しい。
では、日中戦争(支那事変)は、どうなのか。
終戦時に蒋介石が「日本人に報復してはいけない」と命令したことに感激し
て感謝しているのが、舛添とか中山正暉。中山はタカ派だったが、結局甘くて
北朝鮮にはめられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E6%AD%A3%E6%9A%89

確かに、日中戦争が長引いたのは良くないし、そもそも華北における日本陸軍による
分離工作が蒋介石を追い詰めた点もある。

しかし、それは別の問題であって、「日中戦争は中国が引き起こした」という
大筋の事実を国民共通の理解にしなければならないのである。
そうしないから、結局、アメリカではなく中国に「日本が中国への侵略戦争を開始した」
という偽歴史カードを使うのを許し続けてしまっているのである。

今、歴史カードのおいて中国に負け続けているのが、日本なのである。
その歴史カードが偽=fakeであるとの認識を持とうではないか。

269 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:45:53.09 ID:acJnIdJz0
陰謀と陰謀論は別。ゾルゲ事件とかちゃんと教えるべきだ。
公立高校の教員は、アカだらけだからムリだろうけど

270 :日本を「敗戦革命」しようとした尾崎秀実(左翼、朝日新聞記者):2011/12/09(金) 18:46:18.15 ID:FYJRXwVi0
革命的祖国敗北主義 (敗戦革命) defeat revolution
Letting the mother country defeat for a communism revolution
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%A9%E5%91%BD%E7%9A%84%E7%A5%96%E5%9B%BD%E6%95%97%E5%8C%97%E4%B8%BB%E7%BE%A9

共産主義の政治思想の一つ。革命的敗戦主義ともいう。
パリ・コミューン、ドイツ革命、ロシア革命の例に見られるように、「祖国の敗戦」という
国難が革命勃発のきっかけとなっている。
(ゾルゲ、尾崎秀実らは上記の敗戦革命を日本に対して実行し、ソ連の防衛に成功した)
 ↓
『愛情はふる星のごとく』 尾崎秀実 ←反日左翼の英雄w
http://www.amazon.co.jp/dp/4006030762

尾崎秀実について 松本慎一 p.412
「私は彼が敗戦主義者であったことを言わなければならない」
「日本の敗北−それが彼の目標であり、結論であった」
「彼は日本の対ソ戦開始を防止するのに全力を尽くした」
The aim of Ozaki Hotsumi who was a Russian spy was to let Japan defeat for a communism revolution.

271 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:46:34.97 ID:AX8zxhhP0
渡部昇一氏(上智大学名誉教授)は、高橋是清の死について
次のような興味深い意見を述べている。
「明治の日本が日露戦争のときに得たユダヤ・コネクションを、もしも上手に活用
していれば、日本には重要な情報がたくさん入ってきただろうし、またユダヤ資本と
協力してさらに産業も大きくできたかもしれない。たとえば満州の重工業にユダヤ
資本を参加させていたら、イギリスやアメリカの満州国に対する態度は、別のものに
なっていたはずである。だが、現実はまったく逆であった。

戦前の軍部は、ユダヤ人を迫害したナチス・ドイツと同盟を結んでしまった。
これでは日本の運命が悪くなるのも当然と言わざるをえない。
1940年(昭和15年)9月、日独伊三国同盟が締結された。この年の終わり頃、
クーン・ローブ銀行の紹介状を持った2人のカトリック神父がやってきた。
その目的の一つは、ユダヤ排撃を政策として打ち出しているヒトラーと日本との同盟
に関係したものであったに違いない。

その時、もし高橋是清が生きていたら、シフの銀行の紹介ということで対応も違って
いたであろう。
しかし、高橋はその4年半前に2・26事件で青年将校に殺されていたのである。
嗚呼(ああ)。
事実、三国同盟締結と時を同じくしてアメリカは蒋介石の重慶政権に1億7500万ドル
、イギリスも1000万ポンドの借款を与えているのだ。このカネがユダヤ人と関係して
いるのは明らかである。蒋介石は外貨に不自由しなくなったのである。

272 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:47:30.23 ID:mkIzjp0l0
アメリカは英仏にいっぱいお金貸してたから参戦したくて仕方がなかったろ。
アメリカにとっちゃ戦略的に大成功だと思うけど。WW2でほとんど無傷で戦後完璧に主導権とれたし。
まあ、アメリカはほっといてもあの国土持ってりゃいずれ最強になるのはわかりきってたことだけど

273 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:49:58.07 ID:CHvHiNoA0
>>1
まっことその通り。

親米の右翼、米に甘い糞サヨクは良く反省するように。

274 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:50:47.95 ID:WfiSd31g0
日本に雷撃させようと偽装船まで用意してるんだよね


275 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:52:36.72 ID:1aivs21Y0
まあ今イランに対してやってる事と同じ状況だよ
もうどうにもならない

276 :戦前の日本は共産主義に乗っ取られていた−そして今・・・:2011/12/09(金) 18:53:23.52 ID:FYJRXwVi0
近衛上奏文 近衛文麿、共産主義者、革新官僚・革新軍人らの敗戦革命
http://www.youtube.com/watch?v=73T4WDDkWfE
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7196539

近衛上奏文(このえじょうそうぶん)とは、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)2月14日に、
近衛文麿が昭和天皇に対して出した上奏文である。近衛は昭和天皇に対して、「敗戦は遺
憾ながら最早必至なりと存候」で始まる「近衛上奏文」を奏上し、英米の世論は天皇制廃止
にまでは至っていないとの情勢判断の下、いわゆる「国体護持」には敗戦それ自体よりも敗
戦の混乱に伴う共産革命を恐れるべきであるとの問題意識を示した。「大東亜戦争」(太平
洋戦争)は日本の革新を目的とする軍の一味の計画によるものであること、一味の目的は
共産革命とは断言できないが、共産革命を目的とした官僚や民間有志がこれを支援してい
ること、「一億玉砕」はレーニンの「敗戦革命論」のための詞であること[、米英撃滅の論が出
てきている反面、一部の陸軍将校にはソ連軍や中国共産党と手を組むことを考えるものもで
てきていること、近衛は陸軍内に共産主義者が存在し、敗戦を利用して共産革命を行おうとし
ている旨を述べた。

近衛文麿は共産主義者だった
http://www.youtube.com/watch?v=00Op9Ba15OE
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6735330

近衛文麿(1891-1945)は第34,38,39代内閣総理大臣。
大東亜戦争への突入の最も重要な時期の総理の一人。
マルクス経済学、社会主義に傾倒し、周囲のブレーン・トラストにはゾルゲ・グループの一人、
尾崎秀実を始め、昭和研究会、朝飯会、企画-院グループなど、社会主義者、共産主義者が
群れ集っていた。
戦前の日本は、実は密かに共産主義に乗っ取られていたのである。
これが日本の悲劇の根源だった。

277 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:54:26.31 ID:rtWsa5F70
そう、ルーズベルトは日本が真珠湾攻撃した時死ぬほど喜んだよ。
これで参戦できるって。本当にルーズベルトは冷血びっこのきちがい。
アメリカの青年もだいぶ死なせた。きちがいだよ、この大統領。

278 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 18:54:32.38 ID:Xf+IexTh0
五・一五事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E3%83%BB%E4%B8%80%E4%BA%94%E4%BA%8B%E4%BB%B6
五・一五事件(ご-いち-ご じけん)は、
1932年(昭和7年)5月15日に起きた大日本帝国海軍の青年将校を中心とする反乱事件。
武装した海軍の青年将校たちが首相官邸に乱入し、犬養毅首相を暗殺した。

首相官邸
5月15日は日曜日で、犬養は終日官邸にいた。
第一組9人は、三上卓海軍中尉以下5人を表門組、山岸宏海軍中尉以下4人を裏門組として2台の車に分乗して首相官邸に向かい、
午後5時27分ごろ官邸に侵入、警備の警察官を銃撃し重傷を負わせた(1名が5月26日に死亡する)。

三上は食堂で犬養を発見すると、ただちに拳銃を犬養に向け引き金を引いたが、たまたま弾が入っていなかったため発射されず、犬養に制止された。
そして犬養自らに応接室に案内され、そこで犬養の考えやこれからの日本の在り方などを聞かされようとしていた。
その後、裏から突入した黒岩隊が応接室を探し当てて黒岩が犬養腹部を銃撃、次いで三上が頭部を銃撃し、犬養に重傷を負わせた。
襲撃者らはすぐに去った

それでも犬養はしばらく息があり、すぐに駆け付けた女中のテルに
「今の若い者をもう一度呼んで来い、よく話して聞かせる」
と強い口調で語ったと言うが、次第に衰弱し、深夜になって死亡した。


279 :亡国の「東アジア共同体」―中国のアジア覇権を許してよいのか:2011/12/09(金) 18:58:52.17 ID:FYJRXwVi0
反日左翼思想の成れの果て The ruin of the anti-Japan (left wing) thought

日本共産党・朝鮮総連 共闘 → 暴力革命路線 → 暴動・テロを頻発
├→日本共産党はその後、表面上は暴力革命路線を封印
共産主義者同盟(通称ブント)暴力革命路線維持
└→赤軍派(最過激派)
   ├→連合赤軍(リンチ殺人事件、あさま山荘事件)
   └→日本赤軍(国際テロ事件)→東アジア反日武装戦線(対日爆弾テロ)

中国共産党 大虐殺の歴史 そして日本侵略へ
http://www.youtube.com/watch?v=gLmYqvaqVm4
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7135711

北朝鮮の核とキューバ危機 中国とロシアの欺瞞
http://www.youtube.com/watch?v=6_8FtX8en4c
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7210077

亡国の「東アジア共同体」―中国のアジア覇権を許してよいのか 中川 八洋 (著)
"East Asia Community" will destroy Japan. We must prevent Chinese Asian hegemony.
http://www.amazon.co.jp/dp/4590012235
序 「アジア主義」からの脱却 − 日本生存の条件

アジア主義 × 共産主義 = 大東亜共栄圏
└→「戦前のアジア主義→大東亜共栄圏」 ソ連の操人形的に形成 p.21
     ↓ 反米、国境破壊(国家溶融)を継承
「平成のアジア主義→東アジア共同体」 中国共産党の工作で流布(大中華思想)
  推進論者の企図:日中露三国同盟、支那への隷属、日米同盟解体

※東アジア人という概念は“日本人絶滅”を包蔵している
"The east Asian" includes a meaning of "the Japanese extinction".
※「東アジア共同体」は「大中華共栄圏」だ!
"East Asia community" means "Greater China".

280 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:04:36.55 ID:cFK1vV9D0
日本の情弱指揮官がトラトラって踊らされて日本を絶望に導いたんだろ
世界一弱い軍隊を作るには指揮官が日本人て揶揄されるくらいだから仕方ないけど
前線で戦った人間が悲惨すぎる、日本も軍上層部が優秀なら悲劇は起きなかっただろ
ダルマ宰相暗殺したり頭悪い奴多すぎ、洗脳されてる中東の自爆テロ犯並

281 :広島世羅高校校長を自殺に追い込んだ「反日左翼」教師たち:2011/12/09(金) 19:04:37.70 ID:FYJRXwVi0
広島世羅高校校長を自殺に追い込んだ「反日左翼」教師たち
"Anti-Japan left-winger" teachers drove the principal of the high school into the suicide
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1155943241/

【産経新聞社説】広島県立世羅高校の校長自殺 教職員組合に改めて猛省求める
http://www.sankei.co.jp/news/060819/morning/editoria.htm

7年前、国旗・国歌問題をめぐり広島県の校長が自殺したケースが、公務災害と認定された。
「校長が学校運営上の課題で苦悩していた」と判断されたためだ。当然の決定である。

この事件は広島県立世羅高校の卒業式の前日に起きた。

同県教委の調査や国会での参考人質疑によれば、

     校長は連日連夜、国歌斉唱の中止を求める日教組傘下の同県高教組や
     部落解放同盟同県連合会などとの交渉に追われていた。

校長がこれらの執拗(しつよう)な抵抗に悩んでいたことは明らかだ。
It is clear that the principal was troubled with the obstinate threat of
"anti-Japan left-winger" teachers.

282 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:11:12.63 ID:U0wHsEHD0
フーバーはやればできる子

283 :ポル・ポト派とはルソー教原理主義(共産主義の原型):2011/12/09(金) 19:12:06.80 ID:FYJRXwVi0
正統の哲学 異端の思想―「人権」「平等」「民主」の禍毒 中川 八洋
http://www.amazon.co.jp/dp/4198606196

【ポル・ポト派とはルソー教原理主義】
カンボジアのポル・ポト派とは、パリのソルボンヌ大学でルソーを熱烈に学んだ
共産主義者たちで組織化された政党であった。
政治体制の教義(ドグマ)としては、ルソー主義と(このルソー主義から発展した)
マルクス・レーニン主義との間には何らの差異は無く、同一である。 p.90

ルソー哲学の要約
1.「現在の制度は悪」→「現在の人間は悪」 ⇒ 「現在の制度を破壊」→「人間を善へ」
2.破壊の後の「理想の政治体制」の「立法者」に全人民は完全服従しなければならない
3.「立法者」は家族を破壊し、孤児となった人民を「教育(人間改造)」するしかない
→1.は無政府主義、2.3.は全体主義のイデオロギー
   ↓
幸徳秋水は日本の「ルソー教徒第1号」 p.93
レーニン「敗戦革命論」、暴力革命

ルソー 平等主義 →個人の抑圧 →全体主義の温床\
デカルト 理性主義 →知性を過信            −ロシア革命→共産主義の災禍
進歩主義、未来主義信仰(宗教的色彩)         /

284 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:17:13.85 ID:Xf+IexTh0
1929年の世界大恐慌〜1931年の満州事変〜1933年の常任理事国脱退辺りまでが歴史の分岐路
1930年(昭和5年)ロンドン海軍軍縮条約を締結した前総理若槻禮次郎の退陣
海外版図拡大、満州侵略に反対で、日本は中国から手を引くべきだとの持論をかねてよりもっていた犬養毅の暗殺

この4年間で太平洋戦争開戦はカウントダウンされていた
日本にも責任はある

285 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:20:01.40 ID:FYJRXwVi0
>>278
第二次世界大戦と日独伊三国同盟―海軍とコミンテルンの視点から
http://www.amazon.co.jp/dp/4764603209

 また、近衛文麿は上奏文にてコミンテルンの策謀を指摘していたため、ソ連のスパイであった
GHQ情報部調査課長、ハーバート・ノーマン(『外交官E.H.ノーマン』)により作成された「戦争責任
に関する覚書 近衛文麿」によって自殺に追い込まれたという。彼はコミンテルンと関係が深い
太平洋問題調査会(IPR)のカナダ代表でもあったという。

革新官僚: 稲葉秀三(のちサンケイ新聞社長)、勝間田清一(のち社会党委員長)、
        和田耕作(のち民主党代議士会長)
革新外務官僚(近衛外交を推進): 松岡洋右、白鳥敏夫(革新派の政治家や財界人が支援)
朝食会: 尾崎秀実、西園寺公一、犬養健
高度国防国家推進
 陸軍統制派: 東条英機、永田鉄山、武藤章、池田純久

ソ連、スターリン、コミンテルン、スパイ・ゾルゲ → 尾崎秀実(日本、アジアの赤化を図ったスパイ)
北一輝『日本改造法案大綱』(日本を共産主義独裁体制にすることを企図した)
 →二.二六事件 (五.一五事件の大川周明も同じ)
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  2.26で暗殺された山本英輔海軍大将が死の二ヶ月前に送付した手紙が本書で紹介されており、
結局の所、皇道派の陸軍将校の過激派が目指しているものは、終局の目的は社会主義であると指摘
していたとある。                               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

286 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:22:36.89 ID:wO2X76hYO
>>268
誰が日中戦争起こしたかなんてのは重要じゃないんだよ。
あの時中国に攻め込まず満州を固めるという選択もあったわけよ。
挑発に乗って泥沼化させたから日本の戦略がクソだ、と言ってんの。


287 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:25:45.40 ID:Q5gxGSM00
ルーズベルトはユダヤ人
マンハッタン計画に関わった奴らも全員ユダヤ人
エノラゲイの乗員もほとんどユダヤ人

真の敵はアメリカじゃなくてユダヤだ

288 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:27:27.73 ID:pHSBSCyw0
>>284
満州で中国側が条約破りしたり
ソビエトがそれを助長したりと
世界的に複雑な戦略が絡み合ってるから
一概に日本の責任には出来ないと思うがな

289 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:27:44.20 ID:9C/NhO3F0
マルクスもユダヤ人

290 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:28:50.10 ID:Xf+IexTh0
>>288
日本「にも」な

291 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:30:21.06 ID:Q5gxGSM00
戦後日本のシステムを設計したのはニューディーラーのユダヤ人

憲法も、農地改革も財閥解体も。

292 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:31:42.86 ID:w6AcxwiK0
なんか今の状況  第二次世界大戦前夜と少し似てなくもない?

アメリカは背水の陣で あらゆる不平等な条件を飲め!と日本にはルノーとをつきつけて
きている  そのまえに  原爆(巧妙にしかけた)で日本にダメージを与えておいて

さて 日本は全開の船窓から何かを学んでるだろうか?

学んでたとしても その日本を指導する人間が今の日本にいるだろうか?
外国からのスパイのような政治家だらけだ

さてどうする?どうなるのだろう?
「TPPは困るといいながら
じっさい  何も行動を起こさな伊日本人だけしか今はいない

流されていくだけなの?

293 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:32:12.55 ID:ww/bSPqQO
でもな、俺はある意味負けて良かったと思っている。

考えてもみろよ!
もし勝っていたら、今でもあいつらは日本人だぞ!

294 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:33:46.07 ID:LAmhr+da0
>>290
「一概に」と書いてあるからおかしくないじゃん


295 :コミンテルンが日本軍の北進を南進に変換(シベリヤ傾斜論):2011/12/09(金) 19:34:21.39 ID:FYJRXwVi0
日本中枢へ深く浸透していたコミンテルン(共産主義者)が日本を敗戦へ誘導した

ゾルゲ・グループ:尾崎秀実(昭和研究会、朝飯会)→近衛文麿首相を操縦
『シベリヤ傾斜論』によって日本軍を“北進”から“南進”へ転換

├企画院グループ→(1)「日本勝利」の虚偽予測→東条英機を開戦へ決心させる
│(共産主義者)   『総力戦研究所』に大東亜戦争の予測を行わせた
│            結果は「日本必敗」であったが、東条英機は気に入らなかった
│            「日本が勝つ」という虚偽の内容に捏造して最終報告
│            (2)インドネシアの石油埋蔵量を3倍に水増しして報告→「南進」へ誘導
│            (硫黄成分が多く航空燃料に適さないことは隠蔽)

└満鉄調査部グループ→「北進」論を封じる為に歪曲報告
 (満鉄マルクス主義) 当時のシベリアは大豊作だったが、「大凶作」と虚偽を報告

こうして日本陸軍は伝統的に国防の為に構えていた「北進」を解かれ、破滅的な敗戦を確実に
迎える「南進」を強要された。

満鉄調査部事件の真相
http://www.amazon.co.jp/dp/4096260762
(p.127)尾崎が入手した軍需資材保有量=日本は必ず敗戦する
日本の当時の石油保有量は1,200万トンしかなく、戦争になれば年600万トンを消費することに
なるので、日本の戦闘力は2年半くらいしかない。それ故、戦争は短期決戦にするべきであるとの
結論となった。この日本の石油保有量に関する情報は、日本の戦争能力を示す極めて重要な情報
であったから宮城与徳を通してゾルゲに報告され、ソ連に通報されたのであった。

296 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:37:22.66 ID:Yb0BAXbX0
老朽艦しか真珠湾にいなかった。
他はみんな退避してたじゃん。

297 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:41:29.62 ID:Y5ZgUEVP0
水鳥事件とか大使館の娘を使ったあれとか
アメリカがそういう国だっていうのはみんな分かってたよね

298 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:46:05.97 ID:Xf+IexTh0
はっきり言ってあの戦争原因がアメリカとか共産主義化の陰謀論?wだったなんて全く興味はない
てかどうでもいい
日本単独でもあの戦争は回避させるべきだった
回避させるどころか一直線に戦場へ向かってる当時の日本しか想像できない

299 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:49:48.82 ID:oDuRmTAG0
>>288
中国の無法、テロについてはリットン調査団も指弾していて
調査団は満州国は認めないとしながらも、満州の日本の権益を全て認め
中のテロ行為と不誠実を批難し、誠意を持って日本と話し合うように促している。

日本以外の常任理事国には、はっきり言って満州国問題よりドイツ問題の方が
重要だったから、調査団も国連も日本に有利な結論を出した。
ところがいきなり日本がキレて脱退したから唖然呆然だよ。


300 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:50:17.27 ID:uH3xJP0c0
伝説の戦闘機部隊「フライング・タイガー」の元パイロットが支那を訪問―北京市・アメリカが真珠湾攻撃以前に対日参戦していた証拠・米正規軍による日本本土爆撃計画に米大統領が署名
ttp://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/18552735.html
1941年・幻の東京空爆計画
ttp://www.tanken.com/birei.html
 さらに驚くべきは、フライングタイガーズが東京や大阪の奇襲攻撃を計画していたことです。

正統史観年表 フライング・タイガー
ttp://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-134.html
1937年7月、米陸軍航空隊シェンノート大尉が退役して中国空軍を指揮。

1937年12月、南京陥落

1940年12月21日、モーゲンソー財務長官、シェンノートらが
米軍人による日本爆撃を立案。
「木と紙でできている日本家屋には焼夷弾が効果的」と意見一致。

1941年5月、統合参謀本部(JB)が対日奇襲作戦「JB355」を策定。

1941年7月23日、ルーズベルト大統領など米国首脳が
フライング・タイガーによる日本本土爆撃計画に署名。

7月25日、在米日本資産を凍結
8月1日、米国が対日石油輸出を全面禁止

8月下旬、シンガポールに米人パイロット等三百人が集結。
計画では9月下旬に奇襲爆撃決行。しかし機体の到着が遅れた。

11月26日、ハルノート提示
12月7日、真珠湾攻撃

301 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:52:20.79 ID:SJLrRaIv0
戦争云々はおいといて
ルーズベルトは対日戦争始まる前から日系移民の収容所行きを画策してたりしてた
アメリカ版ヒトラーだよ


302 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:52:41.05 ID:uH3xJP0c0
旧 海軍の暗号方式  真珠湾前に解読 米軍史料発見で新説
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011120890070334.html
 太平洋戦争が開戦した1941(昭和16)年12月8日のハワイ・真珠湾攻撃の前に、米側が、旧日本海軍が作戦指示
に使った暗号をほぼ解読していたとする報告書が、米軍の史料から初めて見つかった。42年6月のミッドウェー海戦前
に解読され、米軍の大勝につながったというのが定説だった。米側が開戦前に、旧海軍の動きをかなり把握していた
可能性もでてきた。


【真珠湾攻撃70年】
「ルーズベルトは狂気の男」 フーバー元大統領が批判
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/amr11120722410009-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/amr11120722410009-n2.htm
【真珠湾攻撃70年】
フーバー元米大統領の実績再評価を
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/amr11120722420010-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/amr11120722420010-n2.htm

303 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 19:57:21.33 ID:brgIriMmO
日本のイデオロギーは戦中に既に歪みを見せ始め戦後に決定的になった。
歪んだ状態でグローバルを叫んでも同調どころか乖離が大きくなる。
右とか左で論戦しても意味がないのだよ。
まず歪んだイデオロギーの原点を見つめ軌道修正しなければ、
いくらグローバルを叫んでも意味がない。

304 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:13:09.02 ID:wKGcDS500
アメリカの人達は日本が奇襲したとかやっぱ思ってんだろな
もう真実を語っても良いころだろうと思うけどルーズベルトは英雄のままにするのかな
米、中国、韓国、もちろん日本もそろそろ真実を伝える時なんじゃない?




305 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:13:42.11 ID:1dmirIxf0
>>268,>>288

日本人に戦争好きのバカ軍人バカ官僚バカマスコミがたくさんいた。
そのバカ(東條がバカ代表か)が中国の策略にホイホイのったのが日中戦争。



306 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:27:05.58 ID:vApMv7u80
勝戦国を検証する時代が早く来て欲しい

307 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:27:37.95 ID:9C/NhO3F0
>>305
そんな簡単な話じゃない
東条は南進に反対だったのだ

308 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:30:34.37 ID:LrzPdvxQ0
>>1
挑発し合うから戦争が起こる。あたりまえだな。

いまだマスコミは、GHQの検閲の歴史観ままとか、中共のご奉仕とかだらけだ。
でも、歴史の背後が、だんだんあぶり出されて来ておもしろいね。


309 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:32:57.48 ID:Xf+IexTh0
東条は陸軍、海軍、世論、マスコミすべての意見を具現化しただけだろう
てか東条内閣の時にはすでに何もかもが手遅れだった

310 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:37:31.66 ID:G4Kw6r+v0
東条なんかより近衛のほうがよっぽど

311 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:38:30.66 ID:FfjW2ajp0
■アメリカ民主党のルーズベルト大統領は日本へ、18発もの原爆投下を承認していた。

共和党の下院議員で院内総務であり、ルーズベルトの幼馴染であったハミルトン・フィッシュは自著の
中で、当時の共和党下院議員の九十%が日本との戦争に反対していた事実を明らかにしており、
ハルノートを指して「これによって日本には、自殺するか、降服するか、さもなくば戦うかの選択しか
残されなかった」と強く批判し、「日本は天然資源はほとんど保有せず、また冷酷な隣国であるソビエト
の脅威に常に直面していた。天皇は名誉と平和を重んじる人物で、戦争を避けようと努力していた。
日本との間の悲惨な戦争は不必要。それは、お互い同士よりも共産主義の脅威を怖れていた日米両国に
とって悲劇的だった。我々は戦争から何も得るところがなかったばかりか、中国を共産主義者の手に
奪われることになった」とも述べている。ちなみにフィッシュは戦時中も「米国の敵は日独ではなく
ソ連だと」 主張し続けていた為に、アメリカに潜入していた英国の対米プロパガンダエ作機関
「イントレピッド」による中傷工作を受けて一九四四年に落選に至っているが、アメリカにとっての
真の敵は日本ではなく共産主義であって 対日開戦支持は否定されるべきであることを、共和党下院の
大物が公に認めていたことを忘れてはならない。
ルーズベルトの後継者である民主党のトルーマン大統領が日本へ計十八発もの原爆投下を承認して
いた事実はワシントンポスト紙にスクープされているが、この決定を最初に下したのもルーズベルトである。
小心かつ実務経験に乏しかったトルーマンは、ルーズベルトが決定していた方針に一切手を加えず
に単にそのまま実行したのだ。

↑あの有名な対日宣戦布告演説の際、議場にいたほとんどの米国議員がハルノートの存在を知らなかった!



312 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:44:38.46 ID:8/0F1ea50
そう。
アメリカの対日工作は日露戦争後から始まってた。
日本がアメリカの先兵となる事を拒絶した時(小村がハリマン覚書を蹴った)から
太平洋でのアメリカの仮想敵国は日本になった。
アメリカはイギリスの政界に工作をかけて、日英同盟を解消させる事から始めた。
アメリカにとっての対日戦争は、日本で一般的に認知されているようなものではなく
綿密に、周到に準備されたものだよ。

313 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:45:00.07 ID:4K9fDy3R0
「日本が戦争しかけてくればドイツとも戦争できる」の理論について誰が説明してくれ
真珠湾攻撃後に起きたのは「ドイツがアメリカに勝手に宣戦」だろ

日本がドイツと交戦中の英仏ソに宣戦してなかったのを見れば分かるとおり
ドイツに参戦義務は無い筈だが

314 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:48:05.86 ID:pE7n3t+q0
なんか分からんことあったら俺に聞けよ

315 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:51:33.53 ID:w6AcxwiK0
つまりすべては
 白人様にさからう アジア人など生意気だ!けしからん!殺ってしまえ!
ということからきてる

  その精神は今でも アメリカに健在どころか アシュケナージは日本人をブタだと思ってる

日本が放射能まみれになろうが  原爆落とされようが おもしろおかしくみてるだけ

つか  それを指示してる訳だけど

316 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:51:38.95 ID:brgIriMmO
近衛も戦犯容疑があったけど裁かれなかったよね。

317 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:53:25.59 ID:abKa/0Rb0
>>316
自殺した人を裁判にかけてもしょうがないでしょ


318 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:54:52.53 ID:brgIriMmO
>>317
なぜ服毒したか問題提起したかっただけ。

319 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:56:18.09 ID:abKa/0Rb0
>>318
何が言いたいのやら、言いたいことははっきり言いなや

320 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:56:25.69 ID:sxH8W7Zv0
まあアメリカ大統領すらも、 傀儡だった可能性があったからな。
軍産複合体 財閥資本などの操り人形だとも言えるだろう。
真の巨悪は決して表舞台に出てくることは無い。
やつらはその国の最高権力機構を自在に操り、世界を思うままに動かしているのである。

321 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 20:57:31.10 ID:brgIriMmO
>>319
イラついてる?

322 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 21:01:51.41 ID:w6AcxwiK0
>韓国を少し舐めすぎじゃないのか?
あの国はもう堂々たる先進国の一員だ、そんな国と不平等条約を締結するのは自分で衰運の道を選択してるとしか思えない


 この部分に全く納得できない

323 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 21:04:19.89 ID:brgIriMmO
俺は立ち位置を明確にしないで観測気球をあげてるにすぎない。

324 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 21:09:01.23 ID:brgIriMmO
さてとラピュタを見るから止めておこうかな。

325 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 21:14:48.45 ID:23EN+rRi0
>>313
日本とドイツが同盟国だから。
日本を倒す為にはドイツとも戦う必要がある。
ヒトラーが宣戦布告したのは、もう対米戦が避けられないなら
せめて先制攻撃してしまえという事。

ソ連とは日ソ中立条約があったろ。
確かに、日本は英に宣戦布告していない。まあ無通告攻撃だな。



326 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 21:37:23.80 ID:Cb+O/97+0
いつのまにかオーストラリアは日本に宣戦布告していた

327 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 21:44:20.32 ID:81FGaCMZ0
日中戦争に思い切り介入して義勇兵まで組織的に送っていたアメリカが宣戦布告が
遅れたって騒いだってねえ。
ちなみに日中戦争では日本・中華民国とも宣戦布告無しで戦争始めてるし、アメリカは
真珠湾の奇襲直前に日本軍の潜水艦沈めてるからその報復として宣戦布告無しで
日本軍が戦闘始めたとしても国際法違反では無い。

328 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 21:52:06.32 ID:3Dg3Hh7C0
フライングタイガー部隊と真珠湾攻撃ってどう違うんだ?

329 :(^。^)相変わらず犬死にだな?:2011/12/09(金) 21:57:30.54 ID:qm8XkwWfO
 昨日、憲政会館で「史実を世界に発信する会」主催の講演会がありました。テーマは、「アメリカはなぜ対日戦争を仕掛けたのか」でした。
満員の盛況で、会の前数日間は「お断りするのが仕事でした」ということでした。会場の定員が500人ですが、その人数を遥かに超えた申し込みがあったということです。
それでも、当日参加者が90人弱に及びました。
 さて、挨拶された中のお一人・平沼赳夫氏が興味深い話を披露されました。ご指摘の、「中国への誓約書」に示される日本政府の弱腰とは対照的なものです。
 平沼氏が通産相だったときに、中国と農産物の問題で日中間の交渉が持たれた。担当者間で交渉がまとまり、後は、「大臣、最後の手打ち式の ために北京までお出で下さい」、ということで訪中した。
 会場には日中両国の役人が10人ずつほど並んでいた。正面には両国の大臣の席だけが空いている。平沼氏と中国に大臣が入場。
 平沼大臣は、「漸く交渉がまとまったことは喜ばしいことです。では合意書にサインしましょう」と述べてところ、何と、中国の担当大臣は、 「まだ何も決まっていない」「日本はもっと譲歩すべきだ」といった趣旨のことを述べた。
両国の役人たちは、真っ青のなっている。驚いた平沼氏は、日本の役人たちに向かって、「何だ、まだまとまっていないのか。じゃ、帰ろう」と言って帰国した。
 それまでは、一旦、合意しても最後に中国の高官がごねると、日本側が慌てて更に譲歩することが常態化していたために、こうした事態になったわけです。
 平沼さんが席を蹴って帰国した後、1週刊後に中国側からの申し出でで交渉再開、3時間でまとまったそうです。
 要するに、こちらが筋を通せば、中国も折れるということです。
逆に変な譲歩をすれば際限のないめちゃくちゃな要求が、「ダメもと」で突きつけられることになります。それで譲れば評価されるどころか、バカにされるだけです。

(・o・)真実を知ろうねって事さ!

330 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 21:59:28.80 ID:jetJtsqQ0
この発言への海外の反応が見たい

331 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 21:59:41.53 ID:i650UDXR0
初代から44代まで暗証できる大統領マニアの俺になんか質問ある?

332 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 22:04:44.06 ID:gOSQR0Yf0
逆に変な譲歩をすれば際限のないめちゃくちゃな要求が、「ダメもと」で突きつけられることになります。それで譲れば評価されるどころか、バカにされるだけです。

ところが、それを受け入れるのが日本人の美徳だと抜かす輩がいるわけです。
不思議なことに、ネウヨにそういうことをいう輩がいるわけです。


333 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 22:05:41.57 ID:vYZBIvAJ0
アメリカ政府っていつの時代もそんな感じじゃん
21世紀に入ってからも大して中身は変わってない

334 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 22:26:54.89 ID:abKa/0Rb0
そらまあ、変わらなきゃいけないようなこと何一つ起きてないしな

335 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 22:56:15.06 ID:uR/HQTcH0
>>1
バラク・オバマはルーズベルトの劣化版ってことが言いたいんだろ。

それは完全同意だ。

336 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 22:57:43.42 ID:NJ8Lvha+0
>>308
全く同感だな、だからこそ一々相手の挑発に応じていても仕方がない
そういう当たり前の前提を無視して、日中戦争の泥沼化や侵略的側面を中国側のせいにして
正当化しようという必死の工作が散見されるな
つくづく人間という生き物は組織でしか生きていけない生物の癖に根本的に欠陥生物で、
味方を平気で破滅に追いやる悪魔的な生物だと実感するわ
戦争しなくても、取り合えず生きていける今の日本に、時代に感謝の念しかない

337 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 23:02:47.11 ID:vkIxedwA0
>>253
先ほどの見解は、米戦史家の分析です。
インドシナ、シンガポールまで押さえる事が出来ればそれでOK。
むやみやたらと交戦する事を避けつつ、勢力圏の強化と、資源の要衝地と本土とのシーレーンさえ絶対死守すればそれでOKとしなければならなかった。
満州死守と言うが、既に満州は軌道に乗りつつあった。戦後数年で油田が発見される。つまり、交戦に継ぐ交戦で、消耗しなくていいリソースが
だだ漏れ状態になって行ったのが史実なので、それをしなければもう少し粘れたし、連合国を少しずつ切り崩せたと言う仮定。
1945年時点で蘭領インドシナや仏領ビルマが日本軍の勢力圏且つ軍事教練によって地元民の兵力を軍に編成できれば、そこで算出される石油と言う裏付けと共に強大な力を得る事になる。

仲介国は、、、これは難しい問題だ。その頃ならアメリカのユダヤ人社会を通じて、和平工作を進めるのが吉だったろう。
ただ、日本悪玉論が恐らく横行しているだろうから、必死でそれを打ち消す必要がある。米国内でプロパガンダバスターを雇う訳だ。

日本は、杜撰で安易な戦略変更と、国際世論から敵とみなされた情報戦の稚拙さによって、勝てる戦争を自ら放棄したのだ。

戦争の勝敗は絶対的な戦力差によって決まる訳ではない。ベトナム戦争がそれを示している。

338 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 23:06:28.45 ID:hkHXlEoj0
戦争に追い込んだってw

そりゃ、対米交渉無視して、南下政策進めたら、石油禁輸食らうよw
禁輸された時点で頭を下げるべきだろ。

どんだけアメリカが戦争させようとしても、日本が挑発に乗らなきゃそれですんだんだ。
石油止められたぐらいで真珠湾襲うほうがどうかしてるんだよ。
軍事攻撃したら、石油禁輸解除はそれこそ絶望的じゃん。

ルーズベルトが真珠湾奇襲を知っていたなんて完全な与太話だよ。
日時や兵力まで把握してたらさすがに、真珠湾を奇襲させても、機動艦隊を生かして返さないよ。

339 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 23:06:36.17 ID:zx42n9LM0
そういやお前らはマッカーサーのことはどう思ってるの

340 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 23:07:03.45 ID:Xf+IexTh0
今は世界各国が不況やら雇用問題、国家破綻で右傾化している
裏でこれらを何とかしようとする動きは進んでるかもしれない
だからこそ日本は同じ過ちを繰り返してはならない
ここは国際協力を重視するべき時だ

341 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 23:24:49.34 ID:vkIxedwA0
>>286
流石に満州を固めるだけだと日本の世論が許さない。「腰の軍刀は竹光か?」などと朝日新聞が隠忍自重の日本陸軍を囃し立てたのも、日華事変の勃発の遠因。

日華事変のボーダーラインはやはり上海にあると思う。上海を取ったあと、深追いせずに上海の治安維持だけに全力を注ぐべきだったと思う。
そこで国際資本と浙江省の地元民を味方につける事が出来れば、八路軍も国民党軍も、兵力をかき集めるのに苦労しただろうと推察。
シナの民衆は誰が統治者になろうと良い統治者であればそれでOKって面がある。それに国民党軍などは酷い徴用の仕方だったらしい。(敗走千里より)
ここでも暗黒大陸中国で、戦線が拡大し過ぎた事が、派遣軍の損耗を早める原因となっている。
点を抑えても面で取れないとと言うが、点こそ大事であって、抑えた点で善政を敷けば、結局は事後承認を受ける形になれたはずなのだ。
満州、そして上海に続く沿海部の各港湾都市を押さえる事が出来れば、後はゲリラ対策のみ。
蒋介石や宋美齢のプロパガンダを無効化出来れば、日本包囲網も完成しなかっただろう。

342 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 23:42:32.12 ID:gOSQR0Yf0
>>338
禁輸されたから南下政策進めたんじゃなかったけ?

343 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 23:48:58.64 ID:ome3CwDv0
>>338
http://ja.wikipedia.org/wiki/ABCD包囲網

344 :名無しさん@12周年:2011/12/09(金) 23:58:59.62 ID:hkHXlEoj0
>>342
逆。南下したから石油を止められた。
石油を売らないほうにもリスクがあるんだよ。
客がいるのに売らないわけだから。

>>343
ABCD包囲網なんてデタラメだよ。
おおむね輸出は伸びてた。
別に外需がダメなら、内需主導に転向すればいいじゃない。
戦争始める理由にはならないよ。



345 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 00:01:41.92 ID:iqUGCq470
今でも遅くない、これからタイムマシンを開発して歴史を変えてやるよ。

346 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 00:07:44.10 ID:ith+os8G0
当時のアメリカの戦争プロパガンダポスター等を見ると
東条英機を思わせる日本人がヘビ・ネズミ・タコ・ゴリラなどなど獣として描かれてるね
ルーズベルトの日本人差別意識の忠実な描写だったとは知らんかったw

347 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 00:11:12.88 ID:SXgb/vIDP
                 ,. .. -─- 、 _
            ,.:;´‐:;.-;.:.:..:;:.. ;;i;:;. \
              ,.:::;''""``゙"゙"`゙'' ;:.\;:..;\
         .;:.;'"            \;:ヾ:;:. ヽ
        .:;;:'     __       ゙:.;,、:. :.:,: .
         :;.i                ;:.: `゙:.;|
.         l   ̄  i   ̄      i:;,. :.:,;|
           l xr==ミ、; j, r===ミ、  i:.;:.i ト、
         | k'Тフ i  :.fТフ> :..   j:,.  }
.          |  ー-‐/ ; :.i‐--‐     i; レ′
            |:,   / ;   、    ;/  ノ /
          |  ;:j'ー、_ -‐' \   :i  / .′
          |; / .__ _ _、. ヽ  j ./ {
           l ;    -   \  ;     ト、
         _、    ⌒      / //:\
         ..´:::::::::\         / //:::::::::}\
      //:::::::::/:::::::) ー-─ ´ // :::::::::::/:::::::\
     /:::/::::::::::::::::::/`>、_ __ //::::::::::::::::/::::::::::::::::\
   /::::::/::::::::::::::::::/ ノ:.:.:.|    / ::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\
時間に、ルーズベルト。
     君の心に ルーズベルト。
        そして、君と僕の新世界に、ルーズベルト。
             新しい冒険が、今、始まルーズベルト。

348 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 00:16:07.50 ID:6/Wksc8Q0
>>19
童貞力がないからヒトラーにはなれないと思う

349 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 00:29:36.77 ID:nMh1Jgo40
ルーズベルトは、優生論者であり、社会主義者であった。

即ち、悪であり、赤であり、地獄の底で永遠に苦しむであろう人物。


350 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 00:33:13.02 ID:mAJjvle6O
>>336
当時はアメリカもイギリスもソ連も侵略してただろがボケ
その中で満州国は国際法的に違法性は無く、阿片戦争仕掛けたイギリスより全くもって正当で、戦争になったのは国民党軍が騙し討ちを仕掛けた(通州事件、廬橋溝事件)からだろボケ。


351 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 00:34:53.45 ID:RWfMf+Jg0
日本朝鮮>何かあれば中国がどうにかしてくれるだろう。。。
日本>ウホッ、中国、エゲレスに簡単にボコられてる。おい、朝鮮、このままじゃ俺たちやばいぞ。
朝鮮>ポヨ〜ン
日本>ダメだこりゃ。

流れはこんなかんじなの?ぎこなび教授の近代史再開して欲しい。。。



352 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 00:41:09.61 ID:6zTdZs4u0
★満州国建国を、当時アメリカは支持した

1932年、フーバー大統領と共和党は満州国を承認する法案を議会に提出する準備を進めていた。
与党共和党は、ソ連を国家と承認せず、逆に満州国を国家として承認するする方針だった。
しかし大統領選でルーズベルト(左派・民主党 親ソ)に敗れたため反故にされた。
そして民主党ルーズベルトは共和党の反対を押し切りソ連を国家と承認した。

以下引用

 日米開戦に先立つ前の時期、共和党は日本よりもソ連を警戒しシナの共産化を怖れており、
日米開戦には否定的な主張をしていた。
当時、共和党のフーバー元大統領は「ソ連を助けて参戦することは、共産主義を世界に捲き広げることになる」と主張し、
真珠湾攻撃に至るまでは共和党議員のほぼ全員が対日戦争に強く反対しており、
「対日圧力を中止せよ」と民主党のルーズベルト大統領を批判していたのだ。
大統領時代にフーバーは、満州事変に対して「日本に経済制裁を加えよ」という民主党や
ヘンリー・L・スチムソン国務長官(共和党員ながら容共・親中反日であったために、
後のルーズベルト政権でも陸軍長官に起用)の主張を一蹴している。
また1932年10月の閣議においてフーバーは、ソ連によるシナ赤化工作を警戒して
「アメリカは日本と久しく深い友好関係にあったし、日本の立場をも友好的に見なければならない」という覚書を提出し、
満州事変は日本の正当な治安維持措置であり日本は共産主義の防波堤だと力説している。

http://jpn.yamato.omiki.com/documents/two_america/4-2.html

353 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 00:42:42.10 ID:OxPi5yml0
帝国主義、植民地主義、白人至上主義、ブロック経済といった
世界を覆い、閉塞させていた多くの既得権を打ち破った
世界史的なターニングポイントが真珠湾攻撃とシンガポール陥落。

日本は戦争には負けたが、
戦前、既得権のため血の涙がでるほど望んでも叶えられなかった
石油資源と商品市場をついに手に入れることができたのです。

354 :(・o・)真実を知ろうよ:2011/12/10(土) 00:45:41.66 ID:OO0ZGmERO
<東京裁判のインド代表「パル判決書」より>
 『(日本と支那(中国)の二国間の戦争である支那事変において)米国は中国に対して出来る限りの援助を与えたのであり、そして、そのような援助はアメリカの中立的性格と矛盾するものであった。
 仮にこの敵対行為(支那事変)が米国にとって戦争と認められていたとするならば、国際法においては、米国はすでに自らの行為によってこの交戦状態(支那事変)に介入していた事になり、
真珠湾攻撃に関する(日本の騙し討ちという)問題は全く意味を失う事になる。
この場合には、米国は自らの行為によって真珠湾攻撃のはるか以前から交戦国となっていたのであり、従って日本が中国に対して行っていた戦争の性質がどのようなものであったにせよ(すなわち、
日本も支那も支那事変を「戦争」とせず「事変」とし、米国もまた「戦争」と認めなかったが、そのような戦争の性質がどのようなものであったにせよ)、
米国が中国の側に立って、これに参加する事に決定した瞬間から、日本は、米国に対して、いつでも、どのような敵対措置をも採りうる事になったのである』
(『パル判決書』(下)東京裁判研究会 講談社学術文庫 p.516)
注:括弧内は補足しました

355 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 00:45:46.28 ID:5lyVNSr90
また日本は皇道派と統制派のような馬鹿な争いを繰り返すのか?
いい加減に馬鹿でも利権と人気、民衆を扇動すれば選挙に受かってトップになれるという選挙自体を見直さなければならない
被選挙権の資格には国家I種並の試験制、精神分析、大局的に歴史を見れる人物が総理になるべき

356 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 00:50:24.10 ID:6zTdZs4u0
【歴史検証】 小松原師団長はソ連のスパイ?=ノモンハン事件で新説 [11/12/09]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1323394301/

357 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 00:51:46.48 ID:8nrQl8Aw0
ルーズベルトが胡散臭い奴なのは昔からいわれている話だよな。

いい話だな。

358 :(・o・)真実を知ろうよ:2011/12/10(土) 00:54:00.81 ID:OO0ZGmERO
そもそも、東アジアの安定を確保して、世界の平和に寄与する事は、大いなる明治天皇と、その偉大さを受け継がれた大正天皇が構想されたことで、私が常に心がけている事である。
そして、各国との交流を篤くし、万国の共栄の喜びをともにすることは、帝国の外交の要としているところである。
今や、不幸にして、米英両国と争いを開始するにいたった。
まことにやむをえない事態となった。このような事態は、私の本意ではない。
残念なことに中国は、以前より我が帝国の真意を理解せず、みだりに闘争を起こし、東アジアの平和を乱し、ついに帝国に武器をとらせる事態にいたらしめ、もう四年以上経過している。
さいわいに国民政府は南京政府に新たに変わった。帝国はこの政府と、善隣の誼(よしみ)を結び、ともに提携するようになったが、重慶に残存する蒋介石一味は、米英の庇護を当てにし、兄弟である南京政府と、いまだに争う姿勢を改めない。
米英両国は、残存する蒋介石政権を支援し、東アジアの混乱を助長し、平和の美名にかくれて、東洋を征服する非道な野望をますます強くしている。
それだけでなく、同調する国々を誘い、帝国の周辺において、軍備を増強し、わが国に挑戦し、更に帝国の平和的通商にあらゆる妨害を加え、ついには意図的に経済断行をして、帝国の生存に重大なる脅威を与えている。
私は政府に事態を平和の裡(うち)に解決させようとして、長い間、忍耐してきたが、米英は、少しも互いに譲り合う精神がなく、無闇に事態の解決を遅らせようとし、その間にもますます、経済上・軍事上の脅威を増大し続け、それによって我が国を屈服させようとしている。
このような事態がこのまま続けば、東アジアの安定に関して我が帝国がはらってきた積年の努力は、ことごとく水の泡となり、帝国の存立も、まさに危機に瀕することになる。
ことここに至っては、我が帝国は今や、自存と自衛の為に、決然と立ち上がり、一切の障害を破砕する以外にない。

359 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 00:57:51.19 ID:xxqBMH560
>>265
     国際金融資本と共産主義の関係 ロシア革命の裏側

世界中の多くの人々は、共産主義者がロシアで成功したのは、皇帝の専制政治に
嫌気がさしていた農民達の支持があったからだと信じているが、これは事実ではない。
1917年11月のボルシェビキ革命で専制が倒されたかのように教えられているが、
実際の所、皇帝は7ヶ月も前に退位していた。この年の3月、皇帝ニコライ二世の
君主制が崩壊すると、ルヴォフ皇太子が臨時政府を組織していた。彼は、
アメリカの共和制を手本に、新しいロシア政府を作ろうと望んでいた。しかし
不幸にして彼は陰謀の為に位を追われ、アレクサンダー・ケレンスキーに取って替わられたのだ。
そしてこのケレンスキーは、ボルシェビキに反対すると称して、ボルシェビキの為に
革命の道を準備したのである。問題は、皇帝が退位してから暫くの間、後にボルシェビキ革命の
指導者となったレーニンとトロツキーがロシアにいなかったという点だ。レーニンは当時スイスにおり、
1905年以来ずっと亡命生活をしていた。トロツキーもアメリカに亡命して、ロックフェラーのお膝元、
ニューヨークで記者生活をしていた。二人は共にロックフェラーと繋がりの深い
マックス・ウォーバーグ及びポール・ウォーバーグ等の資金援助を受けて、
ロシア革命の準備を進めていた。こうしてボルシェビキ革命の準備が整うと、
トロツキーは、カナダ経由でアメリカからロシアに帰ることになった。一方、レーニンは、
かの有名な封印列車でチューリッヒを発つとドイツ経由でペトログラードに送り込まれた。
ボルシェビキが権力の座についたのは、決して「虐げられたロシアの民衆」が二人を
呼び戻した為ではなく、ロックフェラーを始めとするアメリカと欧州の大富豪達が、
彼ら二人をロシアに送り込んだからである。これらの事実は、今日まである程度秘密にされてきた。
中でも此の時期に西側諸国、特にアメリカの大資本家がボルシェビキに大量の資金を
提供した事実は極秘とされてきた。しかしロックフェラーが、1917年以降も、現在に至るまで
ソビエト体制(現在はロシア体制と、中国共産党体制)を強力に支援してきた事実は最大の秘密事項とされてきたのだ。

360 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 00:58:19.56 ID:WtKJE1zi0
>>350
阿片戦争とは言うが、あの戦争は、イギリス側に義も利もある。

阿片は清朝側も生産し、輸出もしていた。
単に英商人が持ち込む印度産阿片の、商売の邪魔をしたかっただけ。

皇帝は禁止していたかも知れないが、
朝廷でも、民間でも喫煙され、政府系商人が販売するそれは事実上合法だった。

またイギリスでは当時、阿片やコカインも合法だった。

361 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 01:03:57.93 ID:0HtbpUDh0
陰謀の海・真珠湾
ttp://www63.tok2.com/home2/ahonokouji/sub1-44-5.html
■真珠湾攻撃の5ヶ月前に、アメリカも日本本土爆撃を計画していたことを示す公文書が発見された。
その推進者であったロークリン・カリーという大統領補佐官はソ連のスパイだった。
(産経新聞:平成11.7.15)

■真珠湾攻撃の原因となった「ハル・ノート」を作成した当時の米財務次官ハリー・ホワイトはソ連のスパイだった。
ソ連指導部は日本の軍事的脅威を除くため、米国を早急に対日参戦に促す「スノウ作戦」をすすめていた。
(産経新聞:平成11.8.22)




362 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 01:10:29.80 ID:j2IctUb50
★張作霖爆殺事件について
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1133178167/
これは、衝撃的な内容である。最近出版された、ユン・チアン&ジョン・ハリディ=著、
『マオ 誰も知らなかった毛沢東(上)』、土屋京子=訳、
講談社、2005年の301pから引用しよう。

「★張作霖爆殺は一般的には日本軍が実行したとされているが、
ソ連情報機関の資料から最近明らかになったところによると、
実際にはスターリンの命令にもとづいてナウム・エイティンゴン
(のちにトロツキー暗殺に関与した人物)が計画し、日本軍の
仕業に見せかけたものだという」。



謎解き「張作霖爆殺事件」 (PHP新書) [新書]
加藤 康男 (著) 出版社: PHP研究所 (2011/5/18)
http://www.amazon.co.jp/dp/4569796699

張作霖爆殺事件の謎解き
http://saigou.at.webry.info/201108/article_2.html
続 張作霖爆殺事件の謎解き コミンテルン関与説
http://saigou.at.webry.info/201108/article_2.html
続続 張作霖爆殺事件の謎解き 張学良関与説
http://saigou.at.webry.info/201108/article_3.html

加藤康男氏『謎解き「張作霖爆殺事件」』@
−河本大作と張学良とソ連諜報機関の共謀?−
http://www.geocities.jp/yu77799/nicchuusensou/chousakurin4.html
加藤康男氏『謎解き「張作霖爆殺事件」』A
−「張学良・楊宇霆・常蔭槐犯行説」をめぐって−
http://www.geocities.jp/yu77799/nicchuusensou/heichouzan.html

363 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 01:12:53.85 ID:j2IctUb50
ゾルゲ事件
ttp://www63.tok2.com/home2/ahonokouji/sub1-44-3.html

364 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 01:16:12.98 ID:jbsAonNc0
福一は駄目により仕組まれたテロ

脱原発を促し、化石燃料を大量に消費させ、日本の農業・漁業・畜産業を壊滅させてTPPの参加を促し、

関税障壁をとっぱらって食糧輸入を増加させ、日本を貿易赤字国・経常赤字国にし、日本の冨を掠め取り

(経常赤字になるということは日本人の金融資産が減っていくということ)、国債発行を困難にさせ、

公的保険、年金を崩壊させて、日本人を貧乏にさせ

最終的にはその不満を右傾化に持って行き、中国と戦争させようとしている

@日本のブランドを低下させ貿易黒字を減少させる。

メディアを通じ日本が放射能汚染された国であることをプロパガンダし、日本製品(観光客も含め)を忌避させる。

直前のトヨタパッシングからも明らか

A脱原発を促し、化石燃料を大量に使用させることで輸入額を増大させ、日本の貿易黒字を減らす。
 
現に日本の貿易収支は10月までで大幅な赤字である。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1550

B東日本の農地、太平洋を放射能物質で汚染し、日本の農業、漁業、畜産業を壊滅させることで

日本の食料輸入を増加させ、貿易黒字を減らす。さらにTTPの参加を煽って日本を従属化


365 :佐藤藍子:2011/12/10(土) 01:34:02.59 ID:tA5FD0kr0
>>1
私は知ってました。                                  

366 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 01:37:20.08 ID:t8IAbbRA0
>>328
連合艦隊を義勇兵ですと主張してなかった所じゃない?

367 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 01:48:03.04 ID:wucI3UmV0
太平洋問題調査会(IPR)の正体 http://satehate.exblog.jp/15625945

ユダヤが策した日支闘争計画  実施機関は太平洋問題調査会
(中略)このいわゆる「日支闘争計画案」なるものは、その後永く日本の親英米・親ソ容共派の行動を内面から指導し続けた原理であった。
その原理を実施するための機関と目されるものも、既に甘粕事件発生のころから日本に設置されている。
太平洋問題調査会(IPR)であり、本格的には大正一五(一九二六)年から常設となった。
ロックフェラーとソ連の司令下にあった秘密工作機関である。もちろん表面は公設機関と見せて、民間機関と称していた。
日本代表は新渡戸稲造、松岡洋右、鶴見祐輔らであり、幹事長はキリスト教界の斉藤惣一であった。
(※そういえば、新渡戸の五千円札には地球の太平洋が図案化されていた)

ゾルゲ・尾崎秀実の仲間であった西園寺公一も、晩年は中共の党員であった。
昭和49年後半と記憶するが、NHKテレビで西園寺が「あの戦争は俺達がやったんだ」
とニヤニヤしながら語っていたことは、今も脳裏から離れない。腹立たしい事実である。
ハリウッドは戦後に真珠湾攻撃の首謀者、山本 五十六をを褒め称える映画、『トラトラトラ!』を作製した。

2月1日 - 駐米武官となる。 (1925年、これに先立って太平洋問題調査会が公式にスタートしていた) 

1941年1月、山本は第11航空艦隊参謀長であった大西瀧治郎少将に対して「真珠湾を航空攻撃できないか」と
航空攻撃計画の作戦立案を依頼した。・・・連合艦隊参謀黒島亀人大佐が「この作戦が認められなければ、
山本長官は連合艦隊司令長官を辞職すると仰っている」と軍令部次長伊藤整一中将に言い放ち、
これに驚いた軍令部総長永野修身大将は渋々作戦実施を認めた。)


368 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 01:48:09.23 ID:5lyVNSr90
過去から学ぶ
今は何が何でも絶えるべき時だ
急激な変革を求めてはならない
解決できるのは変革ではなく時間

369 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 01:53:47.66 ID:EV3deapO0
日露戦争はある意味情報戦の勝利だった。
それは英米の情報網を日本が駆使できたからでもある。
もともと日本の外務官僚は新英米派で固められてた。
しかし三国同盟反対の米内内閣が近衛や陸軍によって倒され、
松岡が外相になると、外務省の親英米派の大量粛清が行われ、
ドイツマンセーのお馬鹿とすり替えられた。
太平洋戦争時の日本の情報戦のお粗末さは、
外交情報を収集分析できる人材が適所に配置されていなかったことが最大の要因。
ヒトラーが独ソ戦を決意し国境に兵力を集中させていることを、
英米の情報機関は即座に察知し独ソ戦不可避とドイツの敗北を予想してた。
しかし英米とのパイプを失った日本はそれを知らず、
ソ連も加えた四国同盟を妄想しながらドイツと軍事同盟を結ぶ。
日本は対米戦を始める前から情報戦で完敗してたことになる。
愚かとしか言いようが無い。

370 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 02:49:39.08 ID:YMLb4Vw90
ルーズベルト  は 日本が開戦を言って来るのを 待っていた 真珠湾を犠牲にして


本来 ヒトラー ムッソリーニ 東条英機 らと 犯罪人とされるべき人物

だが 終戦前に昇天したので 全く問われない 虫のいいやつ


とも 言えるのだ

371 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 02:57:48.27 ID:Qckb2Fsi0
独ソ不可侵条約締結 1939年8月23日
日独伊三国同盟締結 1940年9月27日
日ソ中立条約締結 1941年4月13日
ドイツ軍ソ連へ侵攻 1941年6月22日

日本はまるで翻弄される子供のようだね。
三国同盟締結から独ソ戦開戦まで1年ない。
日ソ中立条約から独ソ戦開戦までは2ヶ月チョイ。
馬鹿丸出し。

372 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 03:00:34.53 ID:gObEHJZp0
ラルフ・タウンゼント(Ralph Townsend、1900年 ‐1975年 )
アメリカ合衆国の外交官・作家。
中国 ・中国人 の本質、日本人との違い良く知っていた数少ない欧米人 の一人。

―『日本の満州占領に理あり』―
 確かに、条約、協定、議定書などに従えば、日本が満州を占領したのは悪い。
しかしながら、見方を変えれば日本が正しかったとも言える。いくら条約を結んでも、
日本の権益を不安にさらす中国人の妨害行動は収まらなかった。
条約は守らない、地下工作・破壊活動は止まない。
こういうことが何年も続いた。これでは、日本がこう言うのも当然ではないか。
「日本が安全を確保している地域が中国人の隠れ家となっている。
彼等は敵に残虐行為を働くことを楽しみにしている奴等である。

373 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 03:03:02.06 ID:gObEHJZp0
ついでながら、日本は借りた金を全てきっちり1セントまで忠実に返却してくれる
数少ない国の一つなのです。なぜ私達は日本に対して敵対的な言動をするのでしょうか?…


374 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 03:05:57.76 ID:0NfGi8n+0
>>371
後付であーだこーだ文句ブー垂れる立場は気楽でいい

375 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 03:15:32.58 ID:hnIPUmEE0
■英語で世界に発信しよう! UndertakerRachのコピペでGO!

正しい歴史認識を英語で発信しよう!
今、世界中のニュース、Youtube等で日本を不当に糾弾するコメントがたくさん載せられています。
それに対して英語の苦手な日本人はなかなか反論したり、正しい歴史認識を説明することができません。
でもこのサイトを活用すれば大丈夫!
コピペで貼り付け彼らの嘘を論破しましょう!
反日テロリスト集団、朝日新聞、罪日チョンコどもの大ウソを粉砕しましょう!
黙っていると日本人というだけで「罪人」になってしまう!!
あなたのこどもが、「罪人」になっていいんですか?

http://1st.geocities.jp/undertakerrach/

376 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 03:22:08.56 ID:z7yMY3uF0
完全に裏付けられな。マスコミテレビで報道しろよ

377 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 03:50:34.54 ID:OvVudiv60
>>1
当時の白人から有色人種は人間とみなされていなかった。
白人の言いなりの中国人と違い自分の考えを堂々と主張する日本人は目障りで叩き潰したい存在。
ルーズベルトがソ連のスパイと蒋介石の妻宋美齢に篭絡されていたのは事実。
徹底した反日で日本人は日本列島に閉じ込めろと公言していた。
中国国民党軍には欧米の最新軍備が備えられ米ソはもとよりドイツまで人材を提供していた。
真珠湾以前にアメリカ軍は国民党軍と一緒に中国で日本軍と戦っていた。
性善説でお人よしの日本は性悪説で腹黒い相手と戦い情報戦に負けたんだよ。

今も日本は賢者は騙し愚者は騙されるの国、中国韓国北朝鮮に情報戦で完全に負けている。

378 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 03:59:05.68 ID:OvVudiv60
米国民主党はマスコミの情報操作でハト派の平和愛好党のイメージがあるが
太平洋戦争、朝鮮戦争、ベトナム戦争、イランイラク戦争、アフガニスタン紛争、キューバ危機等すべて民主党がかかわっている。
共和党がかかわったのは石油利権が絡んだイラクのみ。

379 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 04:00:43.08 ID:MFnQXLVI0
最近の影響度

東京都知事>大阪名古屋市長>大阪名古屋県知事>その他県知事>国会議員>政令指定都市市長

てかんじwwwwwwwwwww


380 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 04:07:22.11 ID:hnIPUmEE0
ヘレン・ミアーズ著 『アメリカの鏡・日本』
大東亜戦争は植民地解放と人種差別撤廃に貢献した

ルーズベルト大統領は一九四四年八月十二日の声明で、アジアの民衆は日本の奴隷になることを望んでいないといった。
まったくそのとおりだ。しかし、歴史的にみてアジアの民衆を「奴隷にしていた」のは日本ではなく、私たちが同盟
を結ぶヨーロッパの民主主義諸国であることを、ルーズペルトはいわないのだ。
日本は当然のことながら、アジアの人々に対して、アジアあるいは太平洋地域の領土を併合したり、支配しようという
意図あるいは希望は毛頭もっていないと繰り返し宣伝していた。日本はただアジアをヨーロツパの支配から自由にした
いだけである(アメリカが南アメリカをヨーロツパの侵入から守っているように)。そして、アジアの民がたがいに協
力して自分たちの資源と文明を発展させることができるようにしたいのだ、というのが日本の主張だった。

私たちは、戦争中日本に協カした現地政権はすべて傀儡であると、いとも簡単にきめつけてきた。確かに自己利益のた
めに、日本に協カしたものもいた。しかし、当初、現地住民が日本のプロパガンダと計画に熱烈に応えたのは、
法的擬制の「自由アジア」というスローガンを現実のものとして考えたかったからだろう。
日本に協カしたのは、ほとんどの場合、それぞれの国を代表する人たちだった。彼らは(ナチスの協力者とは違って)
、対日協力の動機は純粋に愛国心であると胸を張っていえた。なぜなら、戦争は日本と現地政府の間ではなく、日本と
ヨーロッパの異民族支配者の問で戦われていたからである。

著者(ヘレン・ミアーズ)紹介
 1900年生まれ。1920年から日米が開戦する前まで二度にわたって中国と日本を訪れ、東洋学を研究。戦争中はミシガ
ン大学、ノースウエスタン大学などで日本社会について講義していた。1946年に連合国最高司令官総司令部の諮問機関
「労働政策11人委員会」のメンバーとして来日、戦後日本の労働基本法の策定にたずさわった。1948年「アメリカの
鏡・日本」を著す。1989年89歳で没した。




381 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 04:22:09.34 ID:18xTMD020
第二次世界大戦を激化させた一人だが
こいつだけが悪いわけじゃない


382 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 04:29:52.19 ID:WdSPMYeG0
>>369
日露戦争なんて貧乏人が借金してやった戦争でしか
ない。米英はスポンサー、臥薪嘗胆で増税してきたんだよ。
だから、ドローですから賠償金はなしで、日比谷焼き討ちが起きた。
貧乏人は喧嘩するなと言う事。



383 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 04:38:19.57 ID:xPJtrXii0
一方的に日本を悪者にしたアメリカに正義なんてあるかいな。

384 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 04:44:20.61 ID:xPJtrXii0
>>344
今の日本見て内需に期待できるか?

385 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 04:46:59.13 ID:x5eJtBf10
>>254
お前はバカだなw

386 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 04:49:38.29 ID:xPJtrXii0
>>315
それは他国なら当たり前。
日本人だって911のときにザマァwwwwって思った奴なんていくらでもいただろ。
人類皆メシウマ大好き

387 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 05:11:05.98 ID:WdSPMYeG0
>>377
人種は関係ない。
英米はロシアと戦争したとき金貸してくれただろ。
他方日本は英国に配慮してインド独立の獅子チャンドラ・ボースを
国外追放した。最大の植民地大国に媚びた形だな。

>>359
そんなものはいくらでもあるだろ。
米国の独立からして王国スペインやフランスが植民地大国英国
弱体化するための支援の結果でしか。だからスペインやフランスの
北米植民地の独立は遅れた。
その意趣返しがフランス革命だよ。

国際政治や外交と言う視点から見れば革命や独立なんてものは
謀略や策謀に満ち満ちている。

>>367
そのユダヤ資本が日露戦争では金貸してくれたんだろ。

>>355
その試験制で成績馬鹿しか集まらなかったのが戦前の
指導者なw


388 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 05:41:54.41 ID:i41bX4QU0
アメリカ国内の権力層の足並みがバラバラになってきているから、
こういう情報がボロボロと出てくるようになっている。
アメリカはIMFに対しても突っぱねの態度を取り始めているから、
欧米の白人どもの足並みが崩れてきている。
http://www.asahi.com/business/update/1210/TKY201112100008.html

面白くなってきたな。
もっと凄い情報が出てくると思われ。
たとえば、GHQの真実とか、在日米軍の真実とか、911に関するコトとか色々。、

389 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 05:46:44.14 ID:sser9KN30
ルーズベルトの糞め、死にやがれ


390 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 05:47:24.47 ID:bcyh9sfR0

東條は1941年10月に日本の首相になり、12月7日の
真珠湾攻撃に最終的なゴー・サインを出した。
彼は1944年サイパン陥落の責任を
取って降板した。このファクラー記者の記述は、首相就任は「自存自衛のため対米戦争も
辞せず」との「第1次帝国国策遂行要領」が決まって後のことであり、
辞任も独裁者ヒトラーとは本質的に違っていたことを証明するものである。

391 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 05:54:38.10 ID:6vPBkORk0
上がってるスレの半分くらいが性犯罪関係なんだが

クソどもどうしたの?w

392 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 06:43:28.80 ID:8lb1zKnD0
外務省の怠慢
 〜真珠湾の真相〜
http://deepivorypigment2.myartsonline.com/gms150.html

393 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 07:23:38.85 ID:jCR0907+0
>>352
面白い話だな。
満州国を認めていたというのは本当なのかな。
満州事変からが転機だから、本当なら運命としか言いようがないな。

394 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 07:28:38.91 ID:Kkml+nsC0
共和党と民主党で役割が違うだけだろ
目的は一緒

395 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 07:34:11.33 ID:D1BlZ1hH0
>>1

そんなことは、最初から連合国も日本もわかってんだよ。ただ、戦争に負けただけ。

そのあとは、日本悪の根源論からあぶれる利権に大陸ダニと朝鮮ゴキブリがわいただけ

396 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 07:40:28.22 ID:duBf197d0
>>393
結局はペリー来航まで遡る。
出会ってしまったからには、決着をつけるのはどうしようもない流れ。

397 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 07:41:30.75 ID:F4jpdKIO0
>>361
陰毛の海に見えた

398 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 07:43:23.97 ID:jbsAonNc0
駄目理科は日本と中国との核戦争を画策している。

日本の今の状況、円高、脱原発によるLNG輸入増、TPP参加は、
日本を貿易赤字国・経常赤字国に陥らせて、日本の財政を破綻させ、
日本人を貧乏にするとともに、最終的にその不満を右傾化に持って行き、
日本と中国を戦争させようとする駄目の差し金。

駄目理科が中国を解体・分割するために考慮すべきことは

@中国市場を取り込むために中国人に反米感情を抱かせないこと
A戦争になった場合でも戦後を見据え、中国人に罪の意識を植え付けさせること
Bアジア地域が団結しないこと

以上のことを考慮すると

中国の日本への核先制攻撃がベストである。日本がその時点で核保有していれば
日中間の全面核戦争になり、戦後、中国人は日本人を許すことはないだろう、
中国市場において日本製品が阻害されるに違いない。また、日本人も中国を許すことはないだろう。以降、日本と中国が手を組む可能性は低い

中国の核先制攻撃時点で、日本が核を保有しておらず、米国による核の反撃をうけたとしても
先に核を打ち込んだと言う罪悪感を中国人にうえつけることができ、戦後の日本のようにそれほど
反米感情が高まることはないだろう。

オプションとして仮に北朝鮮がたいした混乱もなく韓国と統一し、核を手に入れた場合には、韓国に中国を攻撃させる可能性がある。

中国の日本への核先制攻撃は、駄目理科にとって、中国の解体、中国人への罪悪感の植え付け、アジアの統一防止の観点からベストの策である

さらに戦後のエネルギー政策の観点からも、中国人に核の恐怖を植え付けることは、アメリカの国策にかなっている。
中国は今後、数百基もの原発を建設する予定だというが、核の恐怖を味わった中国国民は、原発に対しても著しい拒否反応を示すだろう。
恐らく、原発の建設は困難になるに違いない。そうすると、中国のエネルギーはLNGに頼らざるを得ず、化石燃料本位制のドル機軸体制を強固なものとする結果になる。

最近のオバマの核なき世界というのは、一度、世界に核の恐怖を味あわせた後、世界を核廃絶へと向かわせ、米国一国だけが核を保有し、米国だけが超覇権を保持するためのフラグ。

399 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 07:54:33.25 ID:WtKJE1zi0
>>380
>アメリカが南アメリカをヨーロツパの侵入から守っているように

これはアメリカ人特有の狡猾な嘘で、
実際は中南米を、ヨーロッパに替わって植民地支配しているのがアメリカ。

親米隷属政権が出来るまで、何度でも違法に軍事介入し、現地政権を叩き潰しているのがアメリカ。

400 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 07:57:38.72 ID:ith+os8G0
ハワード・ジン「学校では教えてくれない本当のアメリカの歴史」が面白い
特に下巻


401 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 08:00:19.76 ID:XGtR0ryn0
共産主義にハメられた馬鹿だろ

402 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 08:04:50.18 ID:A4Tl0l650
太平洋戦争には有色人種差別も色濃く反映されていた。
日本が国際連盟に提出した人種差別撤廃法案に強硬に反対したのがアメリカ。
アメリカで黒人に公民権が与えられたのは戦後20年も過ぎた1965年から。
太平洋戦争中アメリカが行った蛮行の数々の真相を日本人が知れば日本人から報復されると
真実を知るアメリカ人は日本を警戒している。
今でも日本はアメリカの半植民地状態。
アメリカに反抗出来ない日本を見て韓国や中国も日本にゆすりたかりをはじめた。
日本軍を貶める南京事件や慰安婦の捏造をアメリカが否定しないのは日本人に贖罪意識を持たせ続けるため。


403 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 08:20:26.45 ID:W/4sqYOD0
もっと米国内の黒人及びネイティブアメリカン?をあおってから突入するべきだった

404 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 08:21:27.26 ID:jCR0907+0
>>352の話も考えると、やはり一面的ではあるな。
日本政府内でも政党で対立するという形じゃないだけで
親米派も新露親ソ派もいたりと、方針が常に一致してるわけじゃない。
そう考えるとまぁ確かに大事なことだが、やはり傍論に過ぎない気がするな。
あらゆる可能性を想定して準備するのが最善なんだし。

満州国は米国の脅威と考える見方が米国人に多数支持されると見るのが妥当だよ。
まぁもちろん、日本を防共の砦として使う見方を支持する者もいるだろうけど。
当時の国際情勢は、未だ幕末明治以来の帝国主義の時代の延長であって
その中で米国がソ連共産主義の脅威を戦後達する程のものと予想できたかは疑わしい。
それは列強がアジア再植民地化を画策したのを見れば、明らか。
ドミノ理論によって資本主義陣営が世界の少数派に陥る危険を感じて初めて
帝国主義を止めざる得ないと列強は観念したわけでさ。

米国も中国における共産党政権の成立、朝鮮戦争の勃発と
予想だにしなかった展開を見て、国際情勢の変化を初めて認識するに至った。
もし戦後こういう国際情勢に至ることを知っていたなら、
米国始め、英欄も対日戦争を回避する方向で動いていただろうと思う。
そう考えると、やはり当時の国際情勢では
満州国は対米関係での火種になるものと見るのが妥当。
だから>>352は一面的でしかないだろうな、大事なことだけども。

405 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 08:29:03.10 ID:3YXQn/OK0
あと4年後が楽しみだ。
終戦70周年、ヒロシマナガサキ70周年で本が出る。
そのころにはアメリカは中国とかなり険悪な状況になってるだろう。
原爆は間違いだったという本が出ても驚かない。

406 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 08:31:29.76 ID:BMFh7Wko0
今回の本で原爆は不必要だと証明されているはずだから、その4年後の本は原爆は人体実験だったとなるはず。

407 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 08:39:58.91 ID:fzULmQuV0
長尾誠夫 高校教師・作家 WiLL12月号

大東亜戦争(太平洋戦争)敗戦後、GHQは日本の民主化という名目のもとに様々な政策を実施する。
明治憲法の抹消、修身や教育勅語の廃止、東京裁判による日本罪悪史観の注入等がそれである。
日の丸・君が代の禁止もその中に含まれていた。

これらは、戦前の軍国主義を一掃するためというより、 愛国心やモラルを
剥奪することによって日本人を骨抜きにし、日本を弱体化させるため であった。
アメリカは、日本の参戦によって欧米列強がアジアに築いた植民地や権益を
奪い取られたことを恨み、また蔑視の対象であった東洋の小国が大国アメリカを敵
に回して果敢に戦ったことを恐れ、 日本が二度と脅威とならないよう
徹底的な「精神的武装解除」をおこなった のである。

更に、GHQは民主主義を啓蒙するために
社会主義者の活動を許し、教員の政治団体や組合結成を奨励した。
後にGHQはこれを後悔してアカ狩りに転じるのだが、まだ庇護の対象であった
社会主義者はGHQの後ろ盾を得て、猛烈な勢いで情宣活動を開始する。

こうした動きの中で、日本教職員組合が結成される。
昭和27年に設けられた「教師の倫理綱領」には「 教師は科学的真理に基づいて行動する 」という項目があったが、この 科学的真理とはマルクス主義を表していた。
日教組は創設当時から 天皇制、日本政府打倒 を掲げて、階級闘争的イデオロギーによる教育活動を目指していたのである。

408 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 08:47:49.49 ID:NPmmTAbh0
とりあえず、定義を決めないから、水掛け論になる。
「戦争」を「政治解決手段の一つ」と定義するなら、「日本を
開戦に引きずり込む。もちろん、日本に先に攻撃させて大義名分を得る」は、
「陰謀」ではなく、「当たり前の政治手段」だ。

まあ、過去の書籍やらですでに指摘されていることだが、「日本は、
開戦をした時点で負けた」のだよ。
「真珠湾の後で、すぐに和平を結んでいれば〜」と言う人もいるけど、
アメリカの政治家が「時間をかければ、アメリカは絶対に勝てる」事が
理解できないアホばかりじゃない以上、和平条約に応じてくれるわけないじゃん。
にもかかわらず、当時でも「先制攻撃をした後で、すぐに和平を呼びかければ、
アメリカは日本の要求を呑む」と思い込んでいた人が多かったのは、
典型的な、「人間は、追い詰められると自分にとって都合が良い要素しか
見ない」状態だったわけで、ドツボもいいところ。

>>369
ヒトラーの二枚舌を知っているなら、ソ連への不可侵条約=
いつかソ連へ侵攻する だと理解できたはずなのにな。
情報戦以前に、アドルフ・ヒトラーという「政治家個人の政治手法」さえ
ロクに分析できていなかったということ。
蛇足かもしれないが、北朝鮮って、ヒトラーのやり方を実に見事に踏襲しているね。

409 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 09:10:59.76 ID:yDzZizbf0
NHK土曜ドラマスペシャル
「真珠湾からの帰還〜軍神と捕虜第一号〜」
公式HP http://www.nhk.or.jp/nagoya/shinjyuwan/
[総合] 2011年12月10日(土) 夜9:00〜10:30

今から70年前の12月8日、「甲標的」と呼ばれる特殊潜水艇で、
仲間とともに死を覚悟して戦場に向かい、ただ一人生き残った
男がいた。
男は捕虜第一号となり、死んだ仲間たちは軍神となった…。


410 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 09:40:53.52 ID:NPmmTAbh0
>>374
後付けではないよ。
ヒトラーは、この時点よりも過去に、しょっちゅうこんなことをやっている。
それを「知らなかった」「自分だけは裏切られるとは思わなかった」(←www)
と言うなら、「馬鹿丸出し」と言われても仕方あるまい。

>>338
当時の米国内でのアンケートでは、日本との開戦に賛成:反対は、
だいたい5:5〜4:6で、やや「反対」が優勢。
しかし、第一次世界大戦後の世界大恐慌の記憶が残っている=
「日本と戦争すると、後に不況が来るから嫌」という発想 から
来るものが多いのではないか。
逆に言えば、この発想があるにも関わらず、賛成と反対が拮抗している
ということは、政治家はともかく、アメリカ国民としては、賛成の人が
多かったのでは。
もちろん、我が日本国民は「一億火の玉」だったので、「だからアメリカ人の
方が悪い」にはなりませんけどねw
それに、「どんだけアメリカが戦争させようとしても、日本が
挑発に乗らなきゃそれですんだんだ」ってのは、その通りで、
勝てない戦争に乗ったヤツは、その時点で「負け」。

411 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 10:03:59.59 ID:NPmmTAbh0
>>387
>人種は関係ない。
「アーロン収容所」を読んでみ。
(これは、「人種差別」とか以前に、「文化」とか「自我(自分と世界の違い)」
とかを知る上で、極めて貴重なデータだよ)

>英米はロシアと戦争したとき金貸してくれただろ。
その理由は、あなた自身が2段目で書いたのと同じでしょ。
ロシアを弱体化するための支援の結果でしか。

>>388
だからって、「アメリカが悪い」って事にはならないよw
お前さんは、「平和国憲法は、アメリカの陰謀」ってのを信じていそうだな。

>>393
「満州国を認めていた・いない」という「結果」だけを取り上げても意味が無いよ。
ヒトラーなんて、何度 不可侵条約を結んだと思っているんだ?
ついでに言うと、当時アメリカの対日貿易額はヨーロッパへのそれの2倍。

412 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 12:06:39.76 ID:2eP6dEpF0
>>295
日本が南進したらソ連に背を突っつかれて進軍するようになるわな。
日本の国益を離れてソ連の進める赤化に手を貸してしまった。
事実、戦後東南アジア諸国は共産国化してしまった。

今の日本も従来と目的を転換し外国の手先に変質した組織がありそうだな。

413 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 13:43:57.81 ID:15XnTeSP0
ちゃばい

414 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 13:56:30.90 ID:MCqt+t6zO
ケネディ=金持ちボンボンの世襲政治家で兄弟揃って女にうつつをぬかす汁男。
ノビーみたいに白人様にかま掘られた有色人種は、ケネディを美化している。


415 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 14:04:06.45 ID:gpxT807F0


 大 日 本 帝 國 憲 法 復 活 !


416 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 14:10:14.76 ID:tdokeRC00
>>4
かっこよすぎワロタ

417 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 14:11:41.11 ID:unlmh23s0
駄目な方のルーズベルト

418 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 14:15:31.62 ID:fBG0t4kk0
戦争に負けてよかった
貴族制度廃止
農地解放 相続税増税
 富の再分配さいこぉぉぉぉぉぉぉーーーーーー
戦争に負けてよかった
めしうまぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwww


419 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 14:47:24.81 ID:lPZsNHiY0
ルーズベルトは共産主義者だったのか 面白い

420 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 14:57:20.94 ID:5TkmPVIo0
テロの標的アメリカは敗戦国

421 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 14:57:40.62 ID:TyAQcd2a0
満州国までは良かったと思うね。
当時の国際連盟の列強国だってたいして変わらない事をさんざんしてきた連中なんだ。
満州国建国はアウト!なんて言えた立場ではなかった。

ヨーロッパのヒトラーに影響された。
本当の脅威はソビエト共産主義だったのに、弱いところからやっちゃえ、というわけで中国と戦争。
もしヨーロッパのナチスドイツがなかったら、釣られてバカやらずに済んだかもしれない。

422 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 14:59:07.07 ID:1k0Q+yVU0
>>418
朝鮮も捨てることができたしな

423 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 14:59:26.32 ID:lPZsNHiY0
海外では、ルーズベルトは共産主義の独裁者で有名な話のようだ

www.google.co.jp/search?q="franklin+Delano+Roosevelt"+communist+dictator

424 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 14:59:46.27 ID:E9I2SADw0
反日韓国大統領は日本に来るな​新宿大規模デモ!!

****************
ニコニコ生放送中
****************

http://live.nicovideo.jp/watch/lv73797834



425 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 15:00:08.75 ID:XlVgl+Sl0
知ってた

426 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 15:12:22.34 ID:hMtygTcsO
>>32
核爆弾はルパンで言ってるみたいにメチャ巨大だし、戦闘機は九州から出発しても台湾くらいまでしか飛べないだろう
片道でギリギリ、サイパンくらい

427 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 15:20:12.10 ID:hMtygTcsO
>>86
外国のミリオタは程度が低いな

428 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 15:24:52.81 ID:vZe4PAEy0
真珠湾=米国ユダヤ金融組織による太平洋覇権と欧州貸付利益の獲得
9.11=米国ユダヤ金融組織による産油国覇権と欧州貸付利益の獲得

何度でも同じ手でやってくるユダヤ式錬金術。

429 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 15:31:21.19 ID:Dv+Gdr1D0
>>407
>これらは、戦前の軍国主義を一掃するためというより、 愛国心やモラルを
>剥奪することによって日本人を骨抜きにし、日本を弱体化させるため であった。

漢字廃止運動も同じく「戦前の軍国主義の一掃」を口実にして行われた。
(参考:讀賣報知『社説 漢字を廢止せよ』)
http://kstn.fc2web.com/s20_kanjihaisi.html
現在の「常用漢字」は当時の漢字廃止運動の名残。

実は此、韓国の漢字廃止・ハングル専用政策に通じるものがある。
(参考:『「漢字廃止」で韓国に何が起きたか』)
http://www.amazon.co.jp/dp/4569695183
日本は韓国の様な漢字廃止そのものは免れたが、
漢字使用制限、略字(新字体)・代用字の正字扱い、漢字熟語の言い換え等により、
韓国と同様に、後世の人達が当時(戦前戦中)の文献に手を出し難い環境になってしまった。
此こそがGHQの目論んだ「世代間継承断絶」なのである。

430 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 15:32:59.78 ID:K3hWr1vG0
>>416『トラ・トラ・トラ!』もいい映画だよ、CGでなく実写の迫力ある映像は必見!
日米共同制作だけど、先に日本側が宣戦布告してた内容になってるし。
だから当時のアメリカでは評判悪かった(まるでアメ側がわざと仕掛けたみたいじゃないか!)だそうだけどw

431 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 15:39:42.42 ID:zifc0Pyw0
陰謀にのせられて勝ち目のない戦に挑んだ当時の官僚がアホだ
暗号などもつつぬけだったららしいぞ日本の官僚の間抜けさは昔も今もかわらずだな

432 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 15:54:52.25 ID:5TkmPVIo0
元気が出る動画だよ〜

真珠湾-12月8日を記憶せよ(HD高画質ver)
http://www.youtube.com/watch?v=xKj08mdnySs

433 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 15:59:38.03 ID:EnA8gE5a0
>>421
>本当の脅威はソビエト共産主義だったのに、弱いところからやっちゃえ、というわけで中国と戦争。

日中戦争ってのは、ソビエトの支援を受けた共産党軍が
日本と中国国民党を争わせて 漁夫の利を得るためのものだったの

そして、中国国民党は
日本とアメリカを争わせ 自らは戦わずして勝とうとしてた

中国人の性質って、昔から変わってないんだよね

434 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:09:06.09 ID:hMtygTcsO
真珠湾題材にした映画なら本物のゼロ戦が(型式バラバラだが)出演した「パールハーバーより」
T-6練習機演じるゼロ戦をF-14がミサイルで叩き落とす「ファイナル・カウントダウン」の方が まだ敬意があるな…
T-6は綺麗な機動をして、ちゃんと戦闘機のような感じが出ていた

435 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:09:49.30 ID:oq/yiXOq0
フーバーのスレなのに
>>1-2以外で「フーバー」の単語が書かれたレスの数

ここまで20


436 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:09:51.73 ID:3IrGDWht0
ニ・イ・タ・カ・ヤ・マ・ノ・ボ・レ

437 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:13:56.58 ID:cR8sWNwZ0
小林がゴーセンの中で何度も書いて来たしな

438 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:18:05.62 ID:vJo1p1ty0
コイツの狂気はゴーセンで知った

439 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:19:46.61 ID:upXqmfMe0
朝鮮みたいに謝罪と賠償を要求しようぜ

440 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:21:17.56 ID:hMtygTcsO
>>435
Who's BAD ?

441 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:24:33.22 ID:hnIPUmEE0
週刊現代 [ 2009年03月07日号]
国際ニュース/日高義樹緊急警告、オバマ大統領が飾った<反日画>

ヒラリー訪日直前に、オバマは、大統領やスタッフが会議で使うホワイトハウス内の
フィッシュルーム(ルーズベルト・ルーム)に巨大な絵画は搬入させ、現在、飾っている。
それは、東京空襲を成功させたB-25がホーネットから発艦する“雄姿”。
オバマが尊敬するルーズベルトは、この作戦で日本への逆襲を開始。
オバマは「新たなるニューディール政策」を公言しているが、実際には、米国は対日戦勝利
によって世界恐慌から快復したというのが歴史的事実で、オバマも同じように日本を手玉に
取り、日本のカネを巻き上げることによって、現在の経済危機から脱出しようとしているそうだ。

この記事には書いてはいないが、ブラックマンデー後も、プラザ合意以降、ジャパン・マネー
の収奪を成功させることによって、危機を脱したのが米国。
しょせん、米国は、有色人種の犠牲の上に発展してきた国だ。TPPにはくれぐれもご用心
http://unkar.org/r/newsplus/1320557663/218



442 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:25:29.37 ID:c2XFd73C0
結果的にその後アメリカが世界1の派遣国家になったんだから
正しい選択だったんじゃね?

443 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:27:48.69 ID:WtKJE1zi0
>>429
ただ、漢字は廃止した方が良いよ。元々日本には無かったモノだし。

現在まで漢字が存続している理由は、支那が異民族統治のツールとして、
漢字、漢文を使っていたからだ。

平安時代から、明治までの千年間のように、支那とは国交断絶状態の”鎖国”が続いたのなら?
便利な道具として漢字を、日本が使うのも有りだけど、

支那で中国を名乗る驕り高ぶった時々の連中が、
異民族を支配する道具とし漢字を使っているのは、今日でも全く変わってないからね。

現在でも、支那に「中国語」なるものはない。無数の話し言葉が有り、
筆談するために、漢字と漢文があるだけだ。

444 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:29:34.73 ID:Dv+Gdr1D0
>>443
韓国のハングル専用政策を支持するのか?

445 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:30:16.59 ID:WtKJE1zi0
>>444
ベトナムの漢字廃止を支持する。

446 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:32:41.44 ID:hMtygTcsO
>>445
ベトナムの漢字なんかルーツ無視の当て字なんだから廃れて当然だろ

447 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:33:30.50 ID:OuSMoJ5A0
>>443
日本の言語は極めて優れている。漢字、カタカナ、平仮名の併用は、正に日本
の文化。それに、漢字の発音が中国と殆ど違うし。日本語は、表現手段の多さ
では芸術です。愚民文字のハングルに特化してバカになった韓国の真似をする
必要はまったく有りません。

448 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:33:51.47 ID:Vd1DHK3F0
>>431
しかも宣戦布告の日は飲み会で布告忘れ。
官僚なんて昔からそんなもん。
ノリだけで仕事する傍迷惑の集まり。

449 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:37:31.63 ID:pMxeJ9uQ0
>>443
漢字を使って漢字廃止論を語られてもなーw

450 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:39:14.78 ID:vJo1p1ty0
>>441
オバマってルーズベルトが黒人を酷く嫌悪してたの知らんのか

451 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:39:27.08 ID:Ki/g2zgy0
フーバー評価低いからなあ
持ち出すのにあまりカッコがつかない

>>447
ハングルの創出と文字自体は優れてるんだが、その上に文化をほとんど積み重ねて来なかったのが致命的だなあ
中華文化の周辺ではすべて独自文字の創出に取り組んできたが
ここまで自分達自身で否定した文字は無いな

452 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:42:21.09 ID:WtKJE1zi0
>>446-447
万葉仮名として、漢字を使うのは有りかもな。
当て字ならば、漢字が持つ伝統的、慣習的意味を利用されないから、問題は少なくなる。

漢文の発音は支那では重視されない。
話し言葉が違う民族ごとに、読み方もまた違うから。

国が無くなろうとしているとき、
この千年の国語、文学作品などは捨て去り、
次世代の日本語に置き換える努力も必要だ。

それが出来ないのであれば、支那に攻め込み、彼の地の漢字文献を全て破却し、
漢字を禁止して、
日本だけが使える専用文字とするべき。

もしくは、再び鎖国体制に戻るべき(支那との国交断絶)。

453 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:47:13.32 ID:MIDfK3tw0

やってみせ

言って聞かせて させてみせ

ほめてやらねば 人は動かじ

              山本五十六

454 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:48:01.27 ID:C/w6HjKq0
>>51

星新一の、親父の会社ジャマイカ。

455 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:48:31.45 ID:EnA8gE5a0
>>450
オバマの先祖は奴隷階級の黒人じゃないからOKなんでしょ

456 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:50:58.61 ID:Dv+Gdr1D0
>>452
では以後お前は其の「次世代の日本語」とやら以外の使用を禁ず。
仮に其の「次世代の日本語」とやらが優れているのであれば、
何ら差し支えないであろう。

457 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:51:13.60 ID:hnIPUmEE0
■語源への手掛かりを失うハングル ■

▲韓国語では、化学元素H(hydrogen)のことを「suso」という。

これは漢字で書けば、「水素」で、日本人が作った和製の漢語なのだが、
私の受けた学校教育の場では、化学用語として、とにかく「スソ」というのだと教えられただけで、
それは漢字で「水素」と書くのだとは、教えられていない。

だから、「スソ」は日常世界とは何ら関係する事のない純学術用語以外のものではなくなる。

▲現在の韓国のように、漢字を排除して殆どハングルだけを使っていると、
言葉に漢語や日本語のイメージは全く浮かぶ事が無く、語源の手掛かりも失うため、
全てが固有語であるかのような錯覚が生じてしまう。

だから、「スソ」は日常世界とは何ら関係する事のない純学術用語以外のものではなくなる。

▲しかし、日本語では「水素(スイソ)」という単語を教われば、
誰の頭にも「みずのもと・水の素」という訓が浮かんでくる。

そのように純粋な化学用語でも、日常的な和語の世界に抵抗なくはいる事が出来る。
そのため日本では、韓国やラテン語から引用する欧米のように、
学術用語が専門的な教育を受けたものにしか解らない、
日常世界から遊離した言葉になる事も、それほど多くはないのである。

日本的精神の可能性、 呉善花より
http://toron.pepper.jp/jp/syndrome/jpnhan/youchika.html


458 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:51:26.70 ID:RFRo/NZXO
>>443
中国なん本来の漢字が使えないんじゃん
俺の中国語の先生は『劉』さえ書くの危うかったくらい
簡体字ばかりで繁体字使えないんだぞ
日本人の方が繁体字が書ける

459 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:51:53.34 ID:hMtygTcsO
>>452
熟語になった時点で意味変わってんだろ
古典でも現代文でもいいから聞き流さないで授業聞け

460 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 16:52:28.36 ID:EvCHrLer0
ククリット・プラモード(タイ国元首相)
「日本のおかげでアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産して
母体をそこなったが、産まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が
米英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。
十二月八日は、我々にこの重大な思想を
示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意をされた日である。」

461 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:05:40.64 ID:ZEbuCCh40
ルーズベルトは腐っていたと思うが、陰謀を知らずに負けた時点で日本の政治家・官僚・軍人は駄目だろう
勝つのが全て

462 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:13:42.50 ID:WtKJE1zi0
自分たちが、支那の辺境一部族に落ちぶれようとしているのに、暢気な連中が多いよな。

かって日本って国があったけど、今は支那の一部ですって、
自称中国人共に言われる世の中は、もうすぐなのに。


タングートの言語や文字がかって存在した。
漢字では、西夏語、西夏文字とされているが、彼らは支那人では無かった。

タングート語は、タングートの君主によって制定され、
「漢人」に当たる文字は「小偏に虫」という文字で表記されるように、
支那による漢字支配に対抗していたのは明らかだ。

支那人は自分たち以外を、禽獣や虫螻に喩えて何千年も呼んでいるから、
タングートは酷いようだが、これで対等なのである。

タングートはモンゴルに滅ぼされた、かって支那に存在した王朝、地方政権ですね、
などと、真顔で現代の支那人に言われている。

463 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:15:29.28 ID:3Rdm3p1V0
>>456
戦時板に行けば、お前の日本語も
新しい日本語だと解るよ。
戦時板に逝け。

464 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:15:59.02 ID:JrUE7sXr0
今のアメリカ人で日本負かしたなんて知ってる奴いるの?
そもそも太平洋戦争自体、小さな戦争扱いなんだろ

465 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:19:05.85 ID:0t0Vcqx70
>>443
聖徳太子の時代よりもっと昔から有るのにお前は馬鹿か

466 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:20:28.59 ID:0e+r0K+GO
本当に鬼畜やね(´・ω・`)

467 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:21:43.16 ID:qurp+DF40
>>448
布告なんてしたら奇襲攻撃が成り立たなくなるかもしれないだろ。
布告が1時間前だろうが後だろうがやったことが同じなら相手の反応も同じだ。

468 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:22:17.32 ID:0t0Vcqx70
>>452
先ず君が日本を捨て去って大陸に行けば如何か

469 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:26:08.76 ID:EnA8gE5a0
宣戦布告なしの奇襲攻撃したほうが悪と言うのなら
日中戦争は、中国側が悪ということですね

470 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:28:24.82 ID:0t0Vcqx70
宣戦布告なしに米空軍OBが米軍戦闘機使って満州を空爆してなかったっけ?

471 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:34:50.58 ID:qurp+DF40
>>470
OBはOBだろ。OBが何やろうがそいつらの勝手さ。
外交関係とは違う。
それが挑発だというならナチとの同盟やら
南部仏印への進駐はその何倍もの挑発だ。

472 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:39:25.30 ID:Xt8w1q5A0
>>1
ルーズベルトの策謀は前から知ってるよ
知らないのはアメリカ人だけ

473 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:41:56.33 ID:0t0Vcqx70
じゃあ便衣兵は便衣兵だな
満州国も国際法で適法だし朝鮮・台湾併合も適法だ
市民感情がどうあろうが適法は適法w

474 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:44:42.55 ID:6RK+vvto0
ルーズベルトはアメリカにとっては偉大な政治家かもしれないが
必要以上にソ連に譲歩してその強大化や各国の共産化を招いた
日本はともかく世界からすればまだトルーマンの方がマシ

475 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:45:29.20 ID:EnA8gE5a0
>>471
じゃあ、アルカイダのやったテロにアメリカが報復するのは法律違反だな
なんで関係ない国を空爆するんだよ

476 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:50:11.16 ID:P4nzpLEz0
>>475
フセインが国連決議に度重なる違反をしたからだろ

477 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:50:12.63 ID:vJo1p1ty0
ルーズベルトのつけを払ったのは結局はアメリカ
朝鮮戦争なんてアメリカにとっては不本意な戦争だろ

478 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:50:13.15 ID:bvu4pFzQ0
>>71
反対意見をなんでもかんでも在日っていうなよ。
世間へ出れば自分の反対意見なんて嫌というほど言われる。
そのたびに工作員とか在日とか言っていたら仕事できなくなるよ?

479 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:51:53.88 ID:tKAzPj8w0
まあ、この件はアメリカの上層部は常識の類の話。
最近、ブッシュが3.11を「真珠湾」に準えて、あまり関係のないイラクを「石油」と
父ブッシュの汚名を晴らすためにたたいたが、ルーズベルト、チャーチルほど緻密で
しっかりとしたシナリオが無くて、あまり成功とはいえなかった。
しきりに、「日本だってうまくいったじゃないか」と正当化しようとしたが、
正直、時代背景の違いと日本とアラブを一緒にする認識のお粗末さに笑った。


480 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:52:28.07 ID:57Zm/BjF0
東アジアはアメリカが所有し、日本人を絶滅させるか多人種と
交配させることを目的に占領したのだ。
侵略という占領政策を民主化という言葉で置き換えているが中身は同じだ。


481 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:54:43.95 ID:0pWXAh+wO
ルーズベルトが、そんな奴だとは知らなかった

482 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:55:17.37 ID:Y/XX/pK3O
これ常識じゃん
今さらニュースになるのは何で?

483 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:55:51.87 ID:JHtfL9pk0
フーバーは政敵だからあまり客観的な証言にはならないよ。

484 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:57:06.16 ID:P4nzpLEz0
>>479
アメリカは中東への石油依存度が低いから石油が欲しいなら
買った方が安く付く。

485 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:57:38.34 ID:57Zm/BjF0
アメリカと戦争した日本人は最も馬鹿だ。
絶対に敵にしてはいけない相手と戦ったのは大きな間違いだ。
サムライならこういう事はしない、明治の近代化も問題があった。



486 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 17:58:23.63 ID:Hlj87cKw0
欲しいのは石油利権だろ

487 :ぴーす ◆u0zbHIV8zs :2011/12/10(土) 17:59:59.45 ID:KKsNggwAO
英国の大臣も似たようなこと言ってるけど
英国の総理も共犯じゃないかのかと。

488 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:06:23.50 ID:JHtfL9pk0
>>477
朝鮮戦争はスターリンが米国を泥沼に嵌めようとして始めた
戦争。その理由は東部戦線への支援の遅さや、延いてはスペイン内戦で
反ファシズム側支援しなかったから。
しかしこれが奏功して米国の中東政策や冷戦後の優位さが維持出来た。
その契機はルーズベルトがつくった。

宥和政策なんて教科書用語は信用しないほうがいい。
当事の英米は共産主義とファシズム対立させて自滅させ、
その残党を殲滅させる戦略だった。
その典型がスペイン内戦と先の大戦。

これを一番痛感していたのがスターリン。

489 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:06:32.89 ID:g8qMtNE40
>>485
しっかり洗脳教育が施されてるなww

490 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:07:58.54 ID:BMFh7Wko0
>>470
OBじゃなくて米軍を一時的に退役した軍人で、中国での任務が終了したらまた米軍に復帰が保証されていた人たち。
つまり、現役の軍人となにもかわらない、継続的に米軍の指揮下にあった連中だよ。

491 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:10:00.19 ID:rBL5HbzJ0
最初から最後まで負けてたのが裏付けられただけだな
情報を軽視するのはバカ

492 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:11:21.87 ID:9e5QKA2JO
こういう事を今までちゃんと言ってきたのか?
早く本出せよ

493 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:12:46.86 ID:lfVyKMWI0
もし日本が策略考えるとしたら、
ヒトラーに原爆が出来るまで戦争するの待て
と言うくらいか

494 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:15:29.04 ID:ZghfNeun0
>>491
このニュースで二つの教訓を得られたな
情報戦に勝たねばならないこと、アメリカの正義は仮面に過ぎないこと

>>1の点を突っつき続ければ対米情報戦を有利に進められるだろう

495 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:16:53.57 ID:ihD6+72z0
それでもアメリカはソ連や中国よりはるかにマシなわけで、共産圏の国々
がどんな状況だったか思い出せば、結果的に日本もドイツもアメリカの占領下
で良かったと言える。

496 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:18:21.71 ID:69EPr2oO0
真珠湾攻撃の全容は、米国諜報機関によって筒抜けだった。それを知っていて空母は全て東海岸まで避難させ、
旧式戦艦ばかり留め置いた。日本海軍の編成も分かっていたので、空襲に備えて撮影機材も並べられた。
そうでなければ、国際法上正当に扱われるギリギリのタイミングで申請された宣戦布告が、米国内部で留め置か
れ、結果的に騙し討ち扱いとされる筈が無い。

そして、日本海軍攻撃隊は、非常に良いアングルから撮影される事となる。

日本との戦いに備えて、日本の国情を正確に把握した映画まで製作され、米国内の兵士・知識層に公開された。
19世紀以前の農業を営んでいる弱小国家の上空に、世界屈指の最新鋭航空機が乱舞する歪な国家と紹介し、
勤勉で犠牲を厭わない教育思想に渡って紹介された。これは、日本が長期戦に耐ええないと広報する為である。

戦いたくない米国民を鼓舞させ、莫大な戦費を捻出する為の国債投資を狙い、尚且つ、イギリスの影響力が強い
欧州に手を出すきっかけも得られる。一流の政治家なら、二度と来ない好機。これを最大限に利用したルーズベルト
は素晴らしい政治家であり、その背後にいる連中は天才的だ。

それを理解する事無く、明治期以降の戦争で、形式上の勝利を積み重ねていた日本が利用された。それだけの事。
いつの世も、国の運営に携わる連中が無能だと、国民は悲惨な思いをする。

今の日本も、なんら変わる事は無い。
戦争によって血を流すか、経済的敗北で貧困の恐怖に震えるか、その差異でしかない。

497 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:18:22.38 ID:/LmcKV3N0
外交に陰謀がつきものなのは、昔も現在も変わらないだろ。
なのに、いまの民主党政権ときたら・・・。


498 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:18:26.16 ID:RHGcJpzH0
フーバーってロボットに乗って暴れる赤ちゃんだっけ

499 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:20:01.04 ID:P4nzpLEz0
>>490
退役軍人が指揮下にあるとか意味不明
失業者の賞金稼ぎに過ぎない

500 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:20:59.05 ID:JHtfL9pk0
>>479
ブッシュに関しては選挙には大勝したんだから成功と言える。
石油は支配権云々よりは価格が重要なんで、湾岸戦争のように
石油価格暴落すればブッシュは地元で批判されて負けていたかも
しれない。ロシアにしても中東にしてもイラク開戦での一番の心配事は石油価格。
その後もバレル30ドル程度は維持できていたし、現在はその数倍なんで
少なくとも湾岸戦争よりは選挙では勝てやすかった。
ただしリーマンショックまでは見通せなかったわけだけど。

501 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:22:10.36 ID:P4nzpLEz0
>>496
空母なんて真珠湾以前は補助艦扱いで元々重視されてなかった。
航空機の輸送で移動してただけだろ。

502 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:22:45.57 ID:AyfOh4oY0
ルーズベルトが狂気の大統領って事は愛国者で正気なアメリカ人なら絶対気づいてる。
侵略されない国が一部の利権の為にアメリカの無知で純粋な若者を大量に死地に追いやった
んだからな。本当に悪魔だ。
共産党の台頭を許しただけの戦争だった。
日本は白人の奴隷になりたくなかっただけの必死の祖国防衛の為だったけどさ。

503 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:26:20.97 ID:P4nzpLEz0
>>500
石油が上がり過ぎると経済には悪影響がある。
民主国家の為政者が本当に特定産業のためだけに多くの軍人を危険にさらすと思ってるの?
それはたとえば日本だと野田首相が三菱重工のために中国に戦争吹っかけるようなもんだぞ。
ようするにただ欧米人を差別したいだけなんでしょ。

504 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:26:24.16 ID:XNcWkWEm0
>>493
自国の名だたる将軍たちの意見や忠告すら、怒声で退けるワンマン・ヒトラーが
アジアの劣等人種と見下してる奴らの戦略指導なんか受け付けると思うか?
「英国はすぐに和平に応じる」
「ソ連は腐った家だ、扉を蹴り飛ばせば(ry」
とかのたまって、平然と戦争おっぱじめるに決まってらぁ

505 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:28:26.64 ID:JHtfL9pk0
そもそもルーズベルト再選の選挙戦でこの種の批判は
それていたが、戦時中ということで封印されていただけで
共産側とか嵌めたととか言う批判はブッシュがイラク戦争後に
選挙で大勝した例からもわかるように、あまり意味はない。

そもそも政治家は自己の権力の維持の為に政略を練るのであって、
実は国益も民意も大して関係ない。
この点ルーズベルトもブッシュも優れた政治家。
米国の将来と言うことになると評価は正反対だろうけどな。

506 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:29:16.10 ID:YGnX0IOT0
>>496
日清日露戦争当時の政治家は幕末・明治維新をくぐり抜けた志士達

だから本能的に戦略的思考で外交や戦争を遂行した。

伊藤博文は当時から米国世論を敵に回す事の危険性を説いていた。

507 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:31:53.28 ID:JHtfL9pk0
>>503
特定の産業ではなくて選挙に勝つための手段と言うこと。
政治家は権力維持のためには手段は選ばない。
政治家への性善説の適用は意味がないよ。

政治家と言うものの本質が理解できていない。

508 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:32:08.67 ID:3jVunZKE0
今になって共産主義の勝ちが判明した

509 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:32:17.70 ID:ay8M2rAS0
歴史あんまり知らない俺にどうすれば戦争回避出来たか教えて!

・日独伊三国同盟の破棄
・仏印進駐の回避
・ルーズベルトの暗殺
・ハルノート後、アメリカ共和党に何とかしてもらう。
・その他

あと、もし戦争回避出来てたらどんな世の中になってたんだろう?

結果大東亜戦争は回避できても、いずれ日米開戦は避けられなかったのかな?
飴が民主党政権の時ならなおさら

510 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:34:55.27 ID:lfVyKMWI0
>>504
ヒトラーは人殺し以外は、すごくまとも
劣等民族と思ってるのなら日本と組むわけがない


511 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:36:58.73 ID:AyfOh4oY0
>>509
学術的説明はできないが弱肉強食だったんだよ。
白人がアジア人を搾取して世界を支配していた。
そして生意気な黄色人種、小賢しい日本人が白人様の真似。
許せない、俺たちの権益をおかすのはゆるせない。

戦争回避してたら白人の奴隷になって平身低頭
アジア諸国も独立はできなかっただろう。(あるいはかなり遅れた)

512 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:41:35.93 ID:EnA8gE5a0
>>509
早い段階で中国利権をアメリカにやって
ソビエトとアメリカを戦わせるべきだった

513 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:42:22.66 ID:rBL5HbzJ0
こんな話が出るのも向こうじゃもはや歴史の一部なんだなと
東アジアでは現在進行形で政治カードだもんよ
今の日本にもただの恨米はいらんいかに利用するかだ

514 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:52:04.21 ID:C0cj8guz0
ルーズベルトが日本に手をださせることを狙っていたのは本当だろうが
いきなり真珠湾とは思わなかっただろう
東条英機もしらなかった山本の暴走

515 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 18:57:24.44 ID:yOdwBp0B0
よくったねネトウヨ
白人様が日本人は戦争犯罪者の子孫じゃないってさw

516 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:00:47.04 ID:ihD6+72z0
アメリカが参戦しなかったらソ連はドイツを占領した後、日本を占領して終わり。
東日本はソ連、西日本は中国の占領下になり、東西分断により朝鮮半島のようになって
いたかもしれない。

517 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:01:09.36 ID:hMtygTcsO
>>509
工業近代化の一番大事な時期を逃しただろうな
アメリカが植民地経済で日本の輸出商品を締め付けるから買い手がいない
当時でも日本はアメリカやオーストラリアには商社の支店があり、外国と商売して利益を出していた
工場は動かず、増えず、需要がないから飛行機・鉄道のような高度な技術が伸びない

518 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:01:43.65 ID:AyfOh4oY0
>>514
ルーズベルトは参戦したくてうずうずしてたの知らないわけじゃあるまい。
国内では欧州戦線にはかかわりませんと約束してたからな。
日本は彼に絶好のチャンスを与えたんだ。

519 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:03:13.82 ID:uGPCsPnq0
>>502
明治以降の日本は戦間期の15年くらいを除くけばずっと親英米。当然天皇も親英米。
統制派が牛耳った15年くらいがおかしかっただけ。
対米戦を始めから考えていたら対ソ戦のために関特演なんてやるわけない。
北進論を嫌った海軍が対米戦やりたかっただけ。北進じゃ予算とれないから。

520 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:05:12.39 ID:2kZzq00h0
>>509
政府や参謀本部を無視して満州事変を勝手にやった板垣や石原を処罰し
軍紀を粛正しなきゃ、結局軍が暴走してどっかで破綻してたと思うよ

まあ、当時の政党政治の支持の低さは今の民主党政権並で、
しかも今以上に足を引っ張り合ったから軍を抑えるなんて無理だけど

521 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:06:13.84 ID:EnA8gE5a0
中国のアヘン王がユダヤ人で、ルーズベルトの嫁さんの父親だったわけだ
ユダヤのロビー活動によって、アメリカは戦争に巻き込まれたとも言えるな

522 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:06:31.44 ID:hMtygTcsO
>>516
ソ連は無理だろ。陸続きなら戦車や航続500kmの戦闘機でも進軍出来たのだろうが
揚陸艦がないと爆撃機の他無理だし、空母健在の日本機動部隊と海上戦になる

523 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:07:01.14 ID:BMFh7Wko0
>>499
そうじゃなかったんだってさ。
復帰がはじめから保証されている米軍人。
現役となにもかわらない。

形式的に退役あつかいにしただけ。

524 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:07:29.96 ID:4M1eriFF0
平和公園に原爆を落としたアメリカはまさに鬼畜だな


525 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:08:01.58 ID:lAtVYHBW0
>>511
そんな時代はすでに終わろうとしていたよ


526 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:09:23.38 ID:ElyO0ZgN0
>>509
当時白人が有色人種を見る目は今とはまたっく違っていた。(今でも偏見はいたるとこにあるが)
そして、世界情勢も今とは全く違う。
例えば、有色人種の国は日本以外全て植民地化されていた。
唯一タイは列強諸国都合上、緩衝国として植民地化は免れていたが列強諸国の言いなりであった。
そして、有色人種の独立国家として最後に残っていたのが東洋に顕然と輝く強国大日本帝国だった。

大日本帝国の自存自衛の如何は有色人種にとって、いや人類にとって最後の希望であり、その名誉を保ち得る
最後の可能性であったと言っても過言ではない。
大日本帝国がその持ちうる力を解除、あるいは縮小された場合、白人列強諸国が大日本帝国をもまた例外なく植民地化し、
世界分割統治を完遂せしめていたであろうことは想像するに易い。

つまり、何かを代償に一時、対米戦回避をしたところで、彼らは何度でも日本国の首を締め続けくる。
何度も何かを代償にし日本が対米戦を回避したところで、行きつくところは日本国の植民地化である。

つまり、対米戦回避したところで、結果は日本国及びその国民の隷従化であり、無血一億総奴隷化を彼らが成し得るだけである。

527 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:09:47.61 ID:hMtygTcsO
>>519
ソ連なんか行っても燃料がないだろ。南方の油田取るのが最低条件だ。

528 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:10:10.82 ID:C0cj8guz0
南進だけしときゃよかったものを
山本が真珠湾をやったのが最低な戦略だったな

529 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:10:24.14 ID:AyfOh4oY0
>>525
終わってなかったでしょ。
婦人参政権はあったけど、黒人参政権はなかった国だ。
人種戦争だったと思ってるよ。
日本人がきちがいのように戦ったおかげで白人はびびって考え直したわけだ。
こりゃたまらん。効果はあったさ。

530 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:10:25.04 ID:JHtfL9pk0
>>519
むしろ親米過ぎて警戒心が甘かったと言える。
そもそも日本に開国強いたのは米国でペリー以来
米西戦争を経ても米国のアジア進出の姿勢には変化はない。
これは先のイラク戦争まで見られる一貫した傾向。

転機は米国がハワイやフィリピン制した1900年に呑気にも
臥薪嘗胆なんて大陸ばかりに目がいっていたころだな。

531 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:12:21.08 ID:IKai12xV0
まあ、何にしても挑発に乗ってしまったのは事実だからな・・・
昔は日本が世界制服目標で領土拡大してく中で正義に止められたんだと思ってたw
でもこの資料なぜ今なんだ?

532 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:14:23.97 ID:JHtfL9pk0
>>526
人種で外交が決まるのならどうして米英は
日露戦争で日本の支援したんだ?

またどうして世界最大の植民地帝国イギリスと同盟関係を
結んだ?


533 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:14:53.57 ID:hMtygTcsO
>>528
真珠湾の軍港叩いておかないと、太平洋側でアメリカ艦隊全力と正面衝突になるよ

>>525
どの道、対外経済の自由が無ければ日本は畑耕すしか能がない。

534 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:15:18.79 ID:5lCinIOs0
しかし子供にゆるいベルトなんて名前付ける親はアホだろ

535 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:17:00.95 ID:oe9+PW7+0
>>518
日中戦争で疲弊してる日本が180万人動員済みのアメリカに喧嘩売れるだけの
余力があるとは普通思えない。ルーズベルトの陰謀ではなくて油断。
真珠湾が危ない分かっていたというならもっと警備を厳重にするもんだ。

536 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:17:52.68 ID:pgSwHySi0
誰でも知ってると思ってたけど違うんだな
俺は小説読んで知ったんだけどねw

537 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:18:23.83 ID:ihD6+72z0
>>534
ローズヴェルト「いいかね君、私はFranklin Delano Rooseveltだ。」

538 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:19:30.72 ID:Ofa4ik2U0
>>536
まともな知性があれば小説レベルだなと分かりそうなもんだ。

539 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:20:13.73 ID:C0cj8guz0
>>533
アメリカと戦争になると決まらないだろ

540 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:20:49.76 ID:bdr9xc1H0
>そもそも帝国主義列車に乗り遅れながら無理やり乗せろと妨害した客、みたいなもんだからな。
国連脱退は不味かったわな。

541 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:20:59.71 ID:lfVyKMWI0
逆に考えるとと有色人種に味方してくれる白人国家って
ドイツとムッソリーニしか居なかった。
ヒトラーのユダヤ人虐殺は大変な罪だけど、
キリスト教と共産主義の偽善を悟っていた。

542 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:21:11.87 ID:rBL5HbzJ0
>>531
日本の世界征服て・・・ある意味ロマン溢れる話だけどもさw

543 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:21:45.08 ID:hMtygTcsO
>>531
今の学校は戦前(1930年代)のブロック経済とか、ABCD包囲網(排日運動)とか教えないの?

544 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:22:11.13 ID:aFk0aDO50
外務省が怠慢のボケなのか陰謀に加担した売国奴なのか結局どっちなんだ

545 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:23:19.23 ID:ElyO0ZgN0
>>532
ん?
日露戦争のころか?
英国と同盟を結んだのは当時英国も日本も同盟を結ぶことが国益に沿うと考えたから。
そうなり得たのは日本国が強かったから。
それがどうしたんだ?

546 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:23:39.09 ID:Ofa4ik2U0
>>541
アメリカは日本の味方だったんだよ。
だからこそ日本に石油を輸出してたんだから。

547 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:24:19.25 ID:hMtygTcsO
>>539
フィリピン攻撃がアメリカへの宣戦布告になるだけだよ
ほぼ同時攻撃だし

548 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:25:14.88 ID:ElyO0ZgN0

ベルサイユ講和会議で、日本は五大国の一員として席に着いた。
日本はアジア問題代弁者だった。他のアジア諸国は、
日本をアジアの「先頭馬」として認め、その提案に耳を傾けた。
白人人種にできることは日本人にもできる。人間は肌の色で異なるが知能に違いはない。
アジアには強い日本があるから、白人人種はアジアのいかなる人種も見下すことはできない。
日本の台頭は大和民族に権威をもたらしただけではなく、アジア全民族の地位を高めた。

----孫文(三民主義)

549 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:26:20.49 ID:Ofa4ik2U0
>>545
じゃあ人種関係ないじゃんw
しかもロシアの国力の方が上だったのだし。
勝ったのは結果論だし。

550 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:27:31.01 ID:gxL6gEah0
ルーズベルト一家みたいなアヘンを売って財をなした麻薬売人が大統領になれるんだからな。

551 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:28:28.41 ID:G6ApyTF10
>>1
まさかフーヴァーまだ生きてたのか、どんだけおじいちゃんだよと思ったら、メモでしたとなw
そんなこったろうと思ったよ。

552 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:28:40.56 ID:ihD6+72z0
日本の軍部も指導者たちも本気でアメリカに勝てるとは思ってなかった。
しかし軍艦の燃料が底をつき動けなくなる前に一か八かの作戦を取った。
(日露戦争で辛うじて講和条約で「戦勝国」となった記憶もあっただろう)
さもなくば哀れな姿でアメリカに頭を下げ、中国から撤退し、永久に二流国として
生きる他無かった。

553 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:28:42.90 ID:Ofa4ik2U0
>>548
中国人は大陸で日本人にテロ攻撃していた事実を忘れてはいけない。
中国は今も昔も敵でしかない。

554 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:28:51.28 ID:JHtfL9pk0
>>545
つまり利益で外交がきまるのであって人種では
ないと言うことだな。

因みに民族や人種の差別と言うものは昔からあり
今後もなにも変化はないだろうな。
くだらん楽観論は持たないほうがいい。

555 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:29:26.60 ID:hMtygTcsO
>>546
石油商社だって一般会社なんだから買い手があれば売るだろう。
ただ金が無いと買えない。不景気まで行かないがアメリカ主導の排日運動で行き先は暗かった。
ドイツも石油は持ってないから日本より低い燃料(耐爆性85オクタン)で飛行機動かしていた

556 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:30:48.99 ID:xpZiVVl80
いわゆるWGIPの洗脳から完全に解き放たれたのは江藤淳の「閉ざされた言語空間」を読んでからだな
どちらかというとウスラ左翼の家庭で育ったもんだから普通に「日本は悪いことをした」って思い込んでた
その後あの戦争を「大東亜戦争」と呼称してる本だけでも100冊以上読んだけど江藤淳の衝撃は色褪せない
そんな俺の最近のお気に入りは憲法では南出喜久治、外交防衛では伊藤貫


557 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:30:54.40 ID:ITT5Exh+0
国の舵取りを一か八かでやったらいかんだろw

558 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:31:01.59 ID:Ofa4ik2U0
>>552
中国から撤兵すると2流国とか意味不明。
満州だってほとんどが日本からの持ち出しで成り立ってるような国。
あの広い大陸を日本が単独で防衛できると思うことがそもそもの間違い。

559 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:32:06.92 ID:rBL5HbzJ0
>>550
アワワワワワ

560 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:33:21.50 ID:hMtygTcsO
>>549
ロシアは人口があまり居ない(そのくせ広大)だから動員力は大したこと無い。
艦隊も全力出すには、はるばる黒海から引っ張って来ないといけない。

561 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:33:30.68 ID:JHtfL9pk0
開戦理由で石油に拘泥するのもプロパガンダに翻弄されている。
1950年代までの日本経済の基幹エネルギーはは石炭だよ。
石油は軍部の戦略物資だったというだけだ。

562 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:34:06.60 ID:rc6+wnjK0
日本の情報活動についての伝統的な見方は、戦術レベルでは素人的なもので、
大規模に行われるときだけ、その規模で奏功するというものだ。これは間違っている。
日本は高度なスパイ活動を効果的に行っていた。
30年代末から、一部は現場レベルでの枢軸国協力により日本はイギリス政府の秘密文書を入手していた。
良い例は、39年6月にシンガポールで開かれた英仏地域戦略会議の中身を日本がつかんでいたことだ。
欧州情勢の悪化を受け、パリで英仏戦略会議は加速し、シンガポールでも平行して防衛問題での協議を行うことになった。
アジア派遣の英海軍上級司令官であったパーシー・ノーブル提督が議長となり、
軍事的に「過剰展開(オーバーストレッチ)」しているという深刻な問題を中心的議題とした。
香港と仏領インドシナはほぼ防衛不可能であり、全軍を集中させて戦略の要であるシンガポール防衛に充てざるを得ないと、渋々ながら認めざるを得なかった。
中立国タイという扱いにくい問題にどう対応するかについても長時間の議論がなされた。
イギリスは、日本がこの会議の内容について詳細な情報を入手したことを知り、愕然とした。
情報源は、香港政庁情報局で働く「リュー・ウェンティの友人」とされた。
このスパイは、香港のイタリア情報機関が使っていた人物と見られた。イタリア情報機関は隣の日本領事館に情報を渡していた。
このスパイは香港政庁職員であることはほぼ間違いないと分かったが、逮捕に至ったのかどうか、今でも明らかではない。
 『日・米・英「諜報機関」の太平洋戦争』 リチャード・オルドリッチ


563 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:36:00.85 ID:CvJ7kpo90
>>560
そんなの最初から見抜いて日本有利を確信してるような国なかっただろ。

564 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:36:57.99 ID:ElyO0ZgN0
>>549
ん?
もちろん、他の有色人種国家が日本と同様に、欧米列強諸国と対等に渡り合えるだけの国力を有するなら、
その国は有色人種国とはいえ、日本と同様に白人列強諸国と同盟を結び互いの国益を分かち合うことが、一時的にしろあったであろう。
そして、その様な国々がたくさんあれば白人の有色人種を見る目ももっと早く変わっていたであろう。

しかし、歴史という事実は冷たく、残酷であり、日本国に孤独をもたらした。
大日本帝国は有色人種国として唯一の列強国として、その名誉を背負い、
やがて唯の一国で欧米列強諸国と戦い散り逝く運命だったのだ。

そう、人類の名誉のために…

565 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:37:11.68 ID:ihD6+72z0
>>558
自国の意思に反して他国の圧力で軍隊を撤退するのはどう見ても二流国。
国家に主権が無いのだから。

566 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:39:35.96 ID:hMtygTcsO
>>561
石炭は終戦後の傾斜経済だろうが。失業者はみんな炭鉱行き。戦前は水力タービンの発電だよ。
石油が重要な船は明治時代から動いているし、高度な内燃機関(自動車・飛行機エンジン)を作るには絶対に石油がいる

567 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:40:37.24 ID:ElyO0ZgN0
>>553
確かにそうだが、当時の中国の民族主義者ですら、白人至上主義が蔓延るなか、
日本が有色人種に勇気と希望をもたらしたという考えがあったことを知ることができる。

568 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:40:52.41 ID:C/w6HjKq0
>>120

アメリカの民主党も、日本の反日左巻きサヨクと同じ。
口では綺麗事並べるが、それは己の権力欲や物欲の
裏返しで、己の欲の実現の為には手段を選ばない(詐欺フェストとかね)。

569 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:41:50.71 ID:ElyO0ZgN0

「この大戦は植民地主義に終止符を打ち、白人と有色人種との平等をもたらし、世界連邦の礎石をおいた。」

----H・G・ウェルズ(イギリス、歴史学者)






570 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:43:21.58 ID:Dv+Gdr1D0
>>556
>憲法では南出喜久治

大日本帝国憲法現存論講義 弁護士 南出喜久治
http://www.youtube.com/watch?v=juKb3YruwOY&list=PL32A3C431067846B2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6697879

此の動画の内容は目から鱗。

571 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:44:38.31 ID:C0cj8guz0
>>547
フィリピンは攻撃しなきゃいい
したとしてもマニラ占領とパールハーバー攻撃じゃ
アメリカ人の受け止め方は雲泥の差だろう

572 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:46:12.49 ID:ihD6+72z0
殴るぞ!といわれて財布を差し出すか、喧嘩して相手にも相当のダメージを与えて
負けるか。
どちらがその後の展開には良いだろうか。

573 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:47:01.37 ID:CvJ7kpo90
>>565
圧力なんて交渉ではお互いに掛けるもんだよ。お互いに理屈があるのだから。
それが日本人には分からんだけ。日本側も時期を見て撤兵すると言ってるのだし。

574 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:49:25.69 ID:ElyO0ZgN0
戦争は初動が最も重要であることはブッシュドクトリンを見て明らか。

575 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:49:42.22 ID:C0cj8guz0
>>565
負けて占領されるほうが二流国だろ

576 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:50:19.56 ID:Dv+Gdr1D0
>>569
其の夢に迄見た「世界連邦」とやらの政体は、
民主制ではなく「金融寡頭制」になるかも分からんね。
http://www.weblio.jp/content/%E9%87%91%E8%9E%8D%E5%AF%A1%E9%A0%AD%E5%88%B6

577 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:51:46.88 ID:Egi78xKd0
月の石など大量紛失 NASA、ずさん管理発覚


http://sankei.jp.msn.com/world/news/111210/amr11121008400000-n1.htm

578 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:52:56.63 ID:2kZzq00h0
>>571
受け止め方とか関係ないよ
アメリカ領なんだからマニラだろうがパールハーバーだろうが関係なく戦争になる

フィリピン攻撃しなかったとして例えば南シナ海でアメリカ船籍の船が
日本海軍にでも沈められたとかなったら戦争になるよ
そういう事をアメリカは繰り返しやってるから

579 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 19:54:59.54 ID:lfVyKMWI0
世界大恐慌で反省して禁止したはずなのに
サブプライムローンを銀行が証券化して大恐慌。
イランはドイツと同じアーリア人だったな。
今度はどっちに付く?


580 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:00:01.61 ID:hMtygTcsO
>>571
フィリピンの基地潰さなきゃ輸送路の制空権奪われて大変な泥仕合になる。
開戦前にフライングタイガースと日本航空隊は中国で戦闘中。未開戦でも戦えるし、いずれ宣戦もしただろう。

581 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:02:55.45 ID:x6RKZ05l0
>サンフランシスコ講和会議直前、ソ連や中国共産党政府を除く国々との単独講和を進める
>吉田政権に対し、東京大学総長南原繁がこれらの政府を含めた全面講和を主張した。
>これに激怒した吉田は「これは国際問題を知らぬ曲学阿世の徒、学者の空論に過ぎない」と発言。
>「学者風情に何がわかる」とばかり、南原の意見を批判した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E8%8C%82より

この決断により戦後の復興と経済成長があって今に至っている。
逆に不満に思った分子の亡霊が組合、政党、学会、マスコミなどを結成して今も生きている。

山本五十六が真珠湾攻撃する前の近衛内閣時代にレールは敷かれいていたのだよ。
ならば歴史から学ぶべきものは何かがわかる。決して亡霊が口にしないことだ。

582 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:03:04.58 ID:RdGXYPax0
今の世界の常識で考えんなよ、本当。
中国の尖閣や韓国の竹島に対する態度よりもっとヤバイのが日常茶飯事だった時代だぞ。


583 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:03:30.39 ID:C/w6HjKq0
>>575

最初から屈してると、朝鮮人みたいに
DNAレベルで根性曲がるし見下されるだけだろ。

584 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:05:40.31 ID:CvJ7kpo90
>>583
屈してるんじゃなくて交渉な。撤兵時期についての話し合いだ。

585 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:06:46.42 ID:WohpUhXt0
>>583
その程度で二流国になるんなら当時の世界で二流国でなかった国など一国もない
戦にゃ勝ち負けがつきもの、負けても滅びない戦ができる国が一流国よ

586 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:07:15.88 ID:hMtygTcsO
>>573
アメリカ側にも日本が交渉に応じ易いよう配慮する軍人や政治家は居たらしいが、親中派の意見が強く、発言を通せなかった

587 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:07:48.90 ID:C/w6HjKq0
>>584

おおスマン。
ちゃんと過去レス追ってなかった。

588 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:08:01.13 ID:JHtfL9pk0
>>569
そういうプロパガンダを信じるから日本人はお人よしと
言われる。ケインズにしてもトインビーにしても英国の
学者は割りと政治には中立的ではない。

そもそも植民地帝国英国の衰退の直接の原因は19世紀のボーア人の
反乱が最大の原因だ。南アフリカに入植したオランダ人
入植者だよ。これで英国経済は疲弊した。
人種ばかり見ているとこういう重要な点に関心がいかない。

>>566
自動車なんか国内でも売れないほどポンコツばかりで経済の中心ではない。
1950年代までの日本の基幹産業は繊維産業だったんだよ。
現在日本に追い付きつつある途上国も20世紀はそうだったろ。

因みに満州事変で日本の陸軍が思い知ったのは米国車の優秀さと
日本車のポンコツさ。
海運に関しては1910年代にエネルギー転換が始まる。
ガソリンエンジンはダイムラーが1880年代に発明したが
別に普及していたわけじゃない。
米国にしても自動車が本格的に各家庭の足になったのは戦後だ。

589 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:12:01.23 ID:hMtygTcsO
>>588
戦中に何十万台とエンジン生産したから基礎が出来たんだろうが
いきなり「今から発展します」なんて可能な世界じゃないよ

590 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:12:28.56 ID:C0cj8guz0
>>578
受け止め方は関係あるよ
アメリカは世論の国だからね
期をみて講和する戦略なんだろ?
だったらパールハーバーは最悪
あんなことされたらアメリカは決して引かない
頑なになり徹底的になる
それはテロとの戦いでもわかる
パールハーバーでアメリカと講和する余地が無くなったと言える
戦略を考えたらパールハーバーは無いわ

591 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:15:14.91 ID:uMWd3fUV0
世界は悪意に満ちてて他国は常に侵略しようとしていることを今の日本は学び自力で防衛に努めるようになるべきなんだが・・・
駄目だろうな。大いなる悲劇が降りかかるまでこのままgdgd行ってしまうのだろう。

592 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:17:08.76 ID:hMtygTcsO
>>590
「義勇軍(実質は対日航空戦力)」ってヤツらは既に戦闘中なんだよ

593 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:17:30.03 ID:C0cj8guz0
>>583
負けるとわかってて戦争するのは馬鹿だ
戦勝国になれるように立ち回われるのが優秀だろ
中国やフランスは見上げたものだなイタリアも

594 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:18:12.69 ID:x6RKZ05l0
>>591
革命が失敗したとならない限り目覚めなだろうね。

595 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:20:16.31 ID:RBczD5Fr0
鬼畜米英
アメリカにプルトニュウムをバラ撒こう。

596 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:20:24.34 ID:2kZzq00h0
>>590
その世論がドイツ相手のWW1では商船一隻潜水艦に沈められただけで沸
騰させて宣戦布告した国なんだけどな

あと、マッカーサーがフィリピンの軍司令官でフィリピンを去る時なんて
言ったか知らない訳じゃないだろうな

597 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:20:48.39 ID:hMtygTcsO
>>593
面目だけ勝っても知識人大粛正なんか始める国はアホだろ

598 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:24:29.86 ID:WohpUhXt0
>>590
機を見て講和なんて元から本気で思ってたわけじゃない
もともと日本側はいくら頑張ってもハワイの攻略も不可能と自覚してたし
1943年になれば太平洋を埋め尽くす勢いの米艦隊の前に押しつぶされるのも自覚してた

だったら米国に妥協すりゃいいものを、
「日本が絶対国防圏守リ続けて1943年までにドイツが欧州制覇すればアメリカも折れるはず」っていう
手前勝手な想定で戦争できるって思い込んだ結果にすぎん

599 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:26:07.13 ID:4uc/KwC20
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今更、言われてもね・・・・・・・・・・・ 70年間のアメリカ人の意識は、罪悪感はなかったんだし。それが正義だと認識してるんだしな。
人間って、不思議だよな。悪くないのに、憎しみ合って、殺し合って、罠に嵌め合って、潰し合って・・・・・・・・・・・・・・
判り合う事はないと思える一方で、判り合い、愛し合ってる人間もいる。

600 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:27:03.85 ID:phNBH81gO
フーバーメモの真偽がどうであれ民間人の上に原爆落とした罪は未来永劫消えないぜ、アメ公w


601 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:27:56.98 ID:hMtygTcsO
>>599
ヒチコック劇場を見よう(提案) 中年夫婦は殺しのワード

602 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:29:17.20 ID:GJkxiiL90
>>594
革命って死語かと思ってた。まだ使う奴がいるんだ。

603 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:29:58.01 ID:lkilZaoD0
>>600
それを言うなら重慶やロンドンへの空爆も同罪だ

604 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:30:42.81 ID:hMtygTcsO
原爆は叩き落とせなかった日本の指導者も情けない
出撃さえ許せば体当たりでも何でもやって阻止しただろうに

605 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:31:55.87 ID:x6RKZ05l0
吉田茂が踏み切った単独講和に反対していた人と
日米安保条約に反対していた人は基本的に別人だ。
ここを読み解くと現代の歪みが見えてくる。
思想的に植えこまれてるから自ら気づく人は少ないけどね。

606 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:34:04.20 ID:x6RKZ05l0
>>602
実際にいますよ。具体的な組織名は伏せますがね。
革命を古い言葉と言い捨てる人は同時にマルキストや
コミンテルンも古いと言いますの見分けはつくと思いますよ。

607 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:34:12.06 ID:hMtygTcsO
>>603
重慶はそこ落とせば日本の勝ちだったろう。
爆撃機が揃わなくてイマイチだったみたいだが。97重爆が新鋭の部類でイタ機まで持ち込むという有り様。

608 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:36:02.01 ID:jiiZilqB0
>>11
親米は、GHQ同和が中心
親中新露は、関西帰化人と東北アイヌ系中心

609 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:37:16.26 ID:C/w6HjKq0
>>593

戦争しなければ、アメリカのインディアンやハワイのようになっただろうね。
アメリカに本土決戦を諦めさせたのも、硫黄島や沖縄での善戦の賜物。
条件付降服に持ち込めたと考えるけどね。

610 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:37:34.95 ID:6Ewwrhxp0
>>604

んなの、事前に特定できたの?
そこら中を我が物顔で飛ぶB29を全部落とすのは無理。


611 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:43:26.56 ID:GRuJk2sq0
いよいよ表面化してきてるな・・・
太平洋戦争の真実が明らかになってくると良いな
そして先祖を誇りたい、日本人である事に自信を!

612 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:43:42.17 ID:ElyO0ZgN0
>>588
第二次大戦において、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、
偉大なる歴史を残したと言わねばならない。その国々とは、
日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。
日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の面前において、
アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去二百年の間に考えられていたような、
不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。

----アーノルド・J・トインビー(イギリス、歴史学者)

 インドは当時、イギリスの不沈戦艦を沈めるなどということは想像もできなかった。
それを我々と同じ東洋人である日本が見事に撃沈もした。驚きもしたが、
この快挙によって東洋人でもやれるという気持ちが起きた。

----ラグ・クリシュナン(インド、大統領)

チャンドラ・ボーズが日本と協力してつくったインド国民軍《INA》の裁判にて

「これら立派な若者達の主たる動機は、インド解放への愛情であった・・・・
彼らの日本との協力は、インド解放を促進するための手段であった。
余はチャンドラ・ボーズ氏の独立への情熱を疑わない」
-----ジャワハルラル・ネルー(インド、独立後の初代インド首相)

我々アジア・アフリカの有色民族は、ヨーロッパ人に対して何度となく独立戦争を試みたが、全部失敗した。
インドネシアの場合は、三百五十年間も失敗が続いた。それなのに、日本軍が米・英・蘭・仏を我々の面前で
徹底的に打ちのめしてくれた。我々は白人の弱体と醜態ぶりをみて、アジア人全部が自信をもち、独立は近いと知った。
一度持った自信は決して崩壊しない。日本が敗北したとき、”これからの独立は自力で遂行しなければならない。
独力でやれば五十年はかかる”と思っていたが、独立は意外にも早く勝ち取ることができた。

----ブン・トモ(インドネシア、元情報・宣伝相)


613 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:44:14.86 ID:ElyO0ZgN0
「貴方がた日本は、先の大戦で負けて、勝った私どもオランダは勝って大敗しました。
今、日本は世界一、二位を争う経済大国になりました。私たちオランダはその間屈辱の連続でした。
即ち勝ったはずなのに、世界一の貧乏国になりました。
戦前はアジアに本国の三十六倍もの大きな植民地インドネシアがあり、
石油等の資源産物で本国は栄躍栄華を極めていました。
 今のオランダは日本の九州と同じ広さの本国丈となりました。
あなた方日本はアジア各地で侵略戦争を起こして申し訳ない、諸民族に大変迷惑をかけたと自分をさげすみ、
ペコペコ謝罪していますが、これは間違いです。
 あなた方こそ自らの血を流して東亜民族を解放し、救い出す、人類最高の良いことをしたのです。
何故ならあなたの国の人々は、過去の歴史の真実を目隠しされて、今次大戦の目先のことのみ取り上げ、
或いは洗脳されて、悪いことをしたと、自分で悪者になっているが、ここで歴史をふり返って、
真相を見つめる必要があるでしょう。
 本当は私共白人が悪いのです。百年も三百年も前から競って武力で東亜民族を征服し、
自分の領土として勢力下にしました。植民地や属領にされて長い間奴隷的に酷使されていた東亜諸民族を解放し、
共に繁栄しようと、遠大崇高な理想をかかげて、大東亜共栄圏という旗印で立ち上がったのが、貴国日本だったはずでしょう。
 本当に悪いのは侵略して権力を振っていた西欧人の方です。日本は敗戦したが、
その東亜の解放は実現しました。即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から追放して終わりました。
その結果アジア諸民族は各々独立を達成しました。日本の功績は偉大です。血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。自分をさげすむのを止めて、堂々と胸を張って、その誇りを取り戻すべきです。」

---アムステルダム市長

614 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:44:24.80 ID:KipEuAAO0
>>603
重慶爆撃は無差別攻撃ではない。
そういう風に支那畜が宣伝し、アメ公が核兵器の人体実験を正当化する口実に使ってるだけ。

615 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:46:55.62 ID:ElyO0ZgN0


「日本のおかげでアジアの諸国はすべて独立した。
日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、産まれた子供はすくすくと育っている。
今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。
それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。
☆【十二月八日】は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意をされた日である。
我々はこの日を忘れてはならない。」

----ククリックド・プラモード (タイ国元首相 )





616 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:49:18.78 ID:C0cj8guz0
>>598
では史実を見てみよう
昭和16年12月1日の御前会議で開戦することに決めた
ところが11月15日の大本営政府連絡会議で決められた戦策は、

第1段階=南方作戦で資源を獲得し戦略自給を確保
第2段階=西亜作戦でインド洋を制圧し独伊との連携を確保し英を脱落させる
第3段階=インドを独立させ、援蒋ルートを断ち蒋介石を脱落させる
第4段階=対米講和に備えて国力を充実させる

というもので、その目途を昭和17年秋としていた
しかし12月1日の御前会議開始直前になって、東條首相は杉山元参謀総長から
海軍はハワイをやるらしいと告げられ話が違うと激怒した(東條首相は翌朝の「攻撃成功」の1報で知ったという説もある)
政府の戦略は対米講和を目指すだよ



617 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:52:35.43 ID:0p/OyxUI0
コピペって朝鮮人の専売特許だと思ってたんだけど右翼もだめだねw
自説に自信があるなら自分の言葉で語ればいいのに

618 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:52:59.48 ID:hMtygTcsO
>>610
http://www.warbirds.jp/ansq/1/A2000792.html
リンクのうえ長いページで申し訳ないが、
要は戦闘機が少ない(更に温存している)、
高高度爆撃は被害が少ない(辛くも東京武蔵野が操業している)
など効率上の思惑もあったようでヨウ撃能力自体が低かったわけでは無い模様

619 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:54:10.10 ID:ElyO0ZgN0
>>617
涙拭け

620 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:54:44.30 ID:0p/OyxUI0
>>614
精密誘導爆弾が当時あったんだw
GPSが付いてたか・・・さすがだな

621 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:55:34.22 ID:hMtygTcsO
>>610
>>618続き。まあ全部落とすのは到底無理だが、失敗に終わらせることは出来たんじゃないかな

622 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:56:56.82 ID:0p/OyxUI0
>>619
いくらコピペしたところで世界に数多ある中のある説を開陳したに過ぎないよ

623 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:58:12.74 ID:2kZzq00h0
>>616
政府の方針はともかく現実問題として真珠湾を攻撃しなかった場合
第1段階と第2段階の間にハワイからフィリピンの間の海域で西進するアメリカ艦隊を邀撃しないといけない
奇跡的な勝利でも起きない限り、大規模な損害を出して第2段階以降の作戦に影響が出て
結局講和までいけず、戦争は長期化
1943年以降、アメリカの圧倒的な工業力に押しつぶされて The End だな

624 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 20:58:31.30 ID:ElyO0ZgN0
事実の提示で十分
私にとって不要なオナニー論は無用。

625 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:00:23.78 ID:0p/OyxUI0
>>624
中韓人が歴史を話すとき「事実」を連呼するのとそっくり

626 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:00:46.24 ID:hMtygTcsO
>>616
政治家の頭ん中でどうなってるか知らんが、
台湾から進出するにはフィリピンに敵を置いておくわけにはいかないし
「現在戦闘中」のアメリカが本格的に軍隊繰り出したら、制海権を守りきる当てが無くなるだろう

627 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:03:11.98 ID:gCW4lkrzO
フーバーダム

628 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:04:35.63 ID:ElyO0ZgN0
>>625
涙拭け

629 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:04:43.44 ID:sfexF9WW0
アメリカの世紀イコールロックフェラーの世紀のような気がする。

本来、ソ連への援助なんてのはロスチャイルド本部が直接やるような案件
なのに、ロスチャイルド北米支部のロックフェラーがやってたんだから。

明治維新の過剰崇拝、完全な脱アメリカ化を進めても格差完全固定の
英国系ロスチャイルドの支配下になるだけ。

630 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:05:10.61 ID:KipEuAAO0
>>620
別に民間人の殺戮を目的にしている訳じゃないからな。
無差別攻撃というのは、住宅密集地域に低高度から焼夷弾を一面塗りつぶすようにばら撒くような爆撃方法を言うんだよ。


631 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:07:45.86 ID:AQ943B5EO
>>605
9条教や非核反戦運動あたりですね。
無担保の平和があれば誰でもほしい。
それができないから誰もが悩むんですよね。

632 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:07:47.45 ID:C0cj8guz0
>>623
だからパールハーバーやってしまったらアメリカと講和なんかあり得なくなるっての→>>590
話しがループしてもしょうがない

>>626
大本営と政府の会議なんだけど→>>616

633 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:08:16.86 ID:C/w6HjKq0
>>629

リーマンショックは、ロックフェラーがロスチャイルドに・・・。

634 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:11:27.29 ID:uMWd3fUV0
>>611
いや、駄目だろう・・・
一般人は全く気づいていなくて侵略する気満々の他国の文化を持てはやしてる始末だ。
和を重んじてなあなあで改革が進まない日本人の体質もある。
もういっそ落ちるところまで落ちないと日本は這い上がれないと思う。

635 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:11:33.12 ID:qcyoK+qN0
薩英戦争の後、イギリス帝国議会で野党が「民家を艦砲射撃で焼いた
のは違法だ!」と政府を責めていた

このへんが民主国家の凄み

ばかチンクとかチヨンは足元にも及ばない

636 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:12:06.47 ID:2kZzq00h0
>>632
>>616の戦争計画を達成するには、日本海海戦のような艦隊決戦で自軍の損害が皆無に等しい
奇跡的な大勝利でも起こさないといけない

山本五十六は、それをするよりも奇襲攻撃で真珠湾の米艦隊が動き出すより前に
攻撃をした方がリスクが少ないと考えただけだろう

ループしてるのはパールハーバーをしたから講和できなかったってお前が思い込んでるだけだよ
>第2段階=西亜作戦でインド洋を制圧し独伊との連携を確保し英を脱落させる
>第3段階=インドを独立させ、援蒋ルートを断ち蒋介石を脱落させる
が講和するための最低条件ならパールハーバーをしようがしまいが同じだから

637 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:15:17.37 ID:bdr9xc1H0
アジア・アフリカに勇気を与えたと慰め、誇りたいのも判るが、当時帝国主義はもはや終焉へ向ってたな。


638 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:15:41.45 ID:hMtygTcsO
>>632
日本思惑に合わせてアメリカが動くわけじゃないだろ
アメリカ太平洋艦隊が生きてるなら即制海権喪失
フィリピンを拠点に台湾でも沖縄でも九州でも攻撃されるよ。実際は昭和19年にもっと遠いサイパンが落ちただけでB29大空襲なのに

639 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:17:02.56 ID:du6aeXQ90
>>63
アメリカインディアンと言う名称も白人の正当性を顕示する意味が強い。
本来はネイティブアメリカンであり、現在のアメリカが先住民の土地を侵略した訳あり国家なんだよな。

640 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:19:02.64 ID:5g3dev0e0
今やルーズベルトではなく
キッシンジャーが日本最大の敵だろ

641 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:19:31.08 ID:AQ943B5EO
>>638
黒幕を見据えないまま表面だけなぞるから本質が見えない。
日本がアメリカと戦って誰が得するかはヤルタ会談を見ればわかるだろう。

642 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:20:52.04 ID:WohpUhXt0
>>638
日本が南方からの資源輸入を完全に放棄せざるを得なくなったのもフィリピンを奪還されたためだしね
長期持久体制築くならフィリピンと南方の早期攻略は必須で、そのためには真珠湾をやらないわけにはいかなかった

643 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:21:08.69 ID:3YXQn/OK0
フーバーはいぜんから日本を重視し、
日本を仲間にしろと言っていたらしいね。
そして日本がソ連の共産主義の防波堤になってると理解していた。
フーバーが大統領を続けていたら太平洋戦争は起きなかった。

644 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:22:43.83 ID:1RXKAJz80
>>27
日本が南北朝鮮及び中国からたかられることはなかっただろうな
三店方式もない

645 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:25:52.36 ID:JrUE7sXr0
満州も朝鮮もいらんかった。
樺太、千島列島、台湾、南洋諸島で
守れば今の日本もよかったのに

646 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:26:47.51 ID:ihD6+72z0
明治維新の方針を大きく捕らえれば、富国強兵で列強に互して、必要なら対決しても
独立国家の道を歩もうとした日本は、真珠湾がなくても数年のうちに英米とぶつかった
だろうことは容易に想像できる。歴史の必然というべき。

647 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:28:47.77 ID:Egi78xKd0
>>615

欧州の植民地から独立して

アメリカの覇権下に組み込まれただろw

日本軍にイギリス、オランダの植民地攻撃させたのもシナリオ通りだったんだよ

WW2が終わってどうなったか

アメリカが正真正銘の覇権国家になった、WW2自体が新世界秩序構築のために仕組まれたもの

じゃあ今度はどこで戦争を起こそうとしているのか

中国と日本とで起こそうとしてんだよ

648 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:29:05.38 ID:wSlL8x4HO
負けるべくして負けた。
“負ける”とは誰も口に出来ない状況だった。
自国の優越性ばかり主張し客観的な分析や
視点がなければ自己の意識ばかり肥大化し
実質的に中身は空疎化し、衰退していく。

今の北朝鮮と精神的な構造は同じ。
実像からかけ離れた虚勢を張る以外生き残れない。
“滅びる国家”の特徴とも言える。

649 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:29:55.30 ID:hMtygTcsO
>>642
しょせん守りに入ったら負けだったのが、当時の日本なんだよな…
何枚落ちの将棋していたのやら

650 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:32:02.88 ID:ihD6+72z0
TPPと戦う農協と同じ。誰も勝ち目が無いと言えないまま戦う格好をするしかない。

651 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:32:27.06 ID:4xqqQtci0
>>643
しかしアメリカは政権交代があるからそれはあり得ない。
日米対立の種は共和党時代に蒔かれているから共和党が嫌いという意見も一理ある。

それは満州国が社会主義的でありソ連と親和性が高いことだ。これは満州国が続けば
続くほど親ソに転じ強力な親ソ国になるリスクが高まること。

652 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:32:57.73 ID:jCR0907+0
本当にアメリカと戦争するなら、やはり対ソ関係が要だったな。
ソ連の協力なくして、米国との戦争は無理だった。
でもそもそもがソ連ロシアに対してはシベリア出兵等で内政干渉を行っていたからな。
おそらく日本政府内で本気で対米戦争について考えた者はそれまでいなかったということだろう。

列強がソビエトに介入する理由に日本が本来的に乗っかる必要はないんだし。
日本の周辺地域が列強の勢力下に置かれている脅威をどう取り除くか、
大きな目で見て、そういう日本の独立維持を考えた国家戦略がなかった。
ソビエト成立に対する脅威を感じたのは徹底した資本主義社会の欧米列強なんであって
日本は国内で革命運動家を封じるだけで、国際的に中立であってもよかった。
日本は資本主義だの何だのより、民族の独立・国家の独立が優先すべきなんだから。
またそれまでのロシアとは日露戦争後一定の領域区分・協力関係ができていのだしな。
対英米関係一辺倒で国家関係の流動性を全く無視した危機認識だったんだよ。
対ソ連ロシア関係で協力関係を結べれば、
日本は東アジアの列強の勢力圏を大いに後退させれたかもしれない。

これは、今に通じるものがあるね。
ロシアは狡猾な国で中々信用のできない国だけど
ロシアと日本は対中関係でやはり協力関係を結べる。
対米関係を基礎に据えつつ、対ロ関係深化を進めていくべきかもしれないな。

653 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:35:23.40 ID:hMtygTcsO
>>641
ソ連かい。ソ連がドイツ食いきるまで日本を降伏させる気がなかったとも言うな
実際どうなのか知らないが、東ドイツは出来た

654 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:36:04.05 ID:UJfpmrRe0
>>645
遅かれ早かれ戦争にはなってただろうけどね。
相手がソ連になってたかもしれんけど。

国内は北朝鮮体制みたいになってたかもしれんしなぁ、それは嫌だ。

655 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:38:59.21 ID:J8a3U05q0
フーバーは大統領以外の職責であれば高い実績を残しているのに・・・
やはり人間は一番上に昇った時の功績でした評価されないのだろうか

656 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:39:45.09 ID:NQDrI14jO
>>645
満州はともかく、朝鮮になんであんなにこだわったのかよくわからんな。
陸の国境より海の国境を守った方がはるかに楽なのに。

657 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:40:09.76 ID:0bqYDCpQ0
>>1
しってた。

658 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:41:07.34 ID:xrPlxzLN0
>>647
ただ、残念なことにアジアが一致団結してアメリカにケンカ売ろうとしても
まず、そのアジアでどこが主導権を握るか(てか覇権を握るか)で、もめるといった現状。
中国が、他のアジアの国と対等に付き合うって発想が無いからねぇ・・・・

659 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:41:40.21 ID:WohpUhXt0
まー、独と同盟結んじゃったら完全にアウトなわけで
そうならないためには連盟脱退をしない、
すなわち満州国問題で英米への妥協をしなきゃいかんかったわけだ

というわけで日本の運命の分かれ道は、結局フーバー政権時代の話に戻っちゃう、と

660 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:42:07.66 ID:hMtygTcsO
まあ戦後、日本帝国体制が存続しても社会階層の中に「軍人」が増えるだけだろう
どの道七年は軍備不許可かつ大不況で組織崩壊レベルに予算削減されるだろうけど

661 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:42:32.31 ID:AQ943B5EO
>>653
ソ連は日本とドイツに挟み撃ちされないように日本政府にスパイを送り込んでましたよ。近衛内閣時代に。
だから日本は北進せず対中戦争を拡大したり
南進に舵を取りアメリカの権益を刺激した。

662 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:42:38.86 ID:9nylZDjfO
ちなみに、戦前の仮想戦記では、日米戦争が起きる時、先に手を出すのは米国で

日本海軍は日本近海まで米国海軍を引きつけ、補給線が伸びた所を一気に叩くというシナリオだったとか

663 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:44:02.47 ID:0nl8c/5x0
1910年の朝鮮併合がすでに無駄な気がする。かなりの金額を投資したしな。
満州はまだ、投資の価値はあるが。

664 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:44:12.20 ID:XNcWkWEm0
>>643
黄禍論に毒されていた当時の米国民が、親日家のフーバーを引き摺り下ろして
嫌日家のルーズベルトを選んだのは歴史の必然
いくら言っても詮無い事だよ

665 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:44:45.51 ID:eA3McyLT0
知ってました。

666 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:45:13.91 ID:hMtygTcsO
>>656
短距離航空機でも朝鮮経由なら満州←→本土の間を飛べた

667 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:45:14.06 ID:WohpUhXt0
>>656
満州のほうがよく判らんよ。 朝鮮はもっと分かりやすい。
あそこが日本の敵対国に抑えられてる場合、20世紀初頭くらいまでの技術では日本近海の安全確保がほぼ不可能だったのだから。


668 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:46:48.22 ID:ihD6+72z0
戦わず犠牲を恐れて植民地や属国の身分に堕ちなかった日本と我々の先代を誇るべき。
日本人と日本の伝統は絶滅しなかったし、世界中が羨む国になった。
戦争を選択したのは間違っていなかった。多くの犠牲も決して無駄ではなかった。

669 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:50:36.57 ID:hMtygTcsO
>>662
そんな小説があるのか。制海権喪失したから辛いが本土決戦まで伸びていれば、そのようになったな
今でも本土決戦用の戦闘機やボートなどが発見されないまま、数カ所に埋蔵されているらしい

670 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:53:24.94 ID:WtKJE1zi0
>>625
それがどうした。支那人と同じ漢字を使っているくせに。
有効な手なら、勝つためには何でも利用しろ。

671 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:53:35.57 ID:h8DbCFBt0
戦争してもしなくても日本は経済大国になってた

672 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:53:44.35 ID:ElyO0ZgN0
アメリカは1941年3月の米英参謀会議で太平洋方面の戦争を遂行できるだけの十分な戦力を蓄えるのに今しばらく時間が
かかると考え、先ずは欧州の戦線を優先させる考えてあったが、遅かれ早かれ日本も叩く気だったし実際に首を絞めてた。

その頃日本も戦略策定を行っており天然資源を国外に頼らざるを得ないこと、物的生産力に限りがあることから早期に決着を
付ける必要があるとした。
しかし陸軍はアメリカと戦争となれば、長期戦になるのはやむを得ないと考え、南方資源地帯を早期に占領し、天然資源の自給体制を
確立させ、長期に渡り継戦能力を維持するという壮大な構想を立てた。
これは主に親独派によるものだった。
しかし、海軍はこの考えに懐疑的だった。
海軍の基本方針は米国との戦争は回避するべきというものであったが、戦争をせざるを得ない状況に直面することも想定し、
対米戦に関する戦略構想を考えられていた。
それは、開戦初動において南方資源を確保することは陸軍と同じであったが、米太平洋艦隊をおびき寄せ、順次撃滅し米国の
継戦意欲を喪失させるというものであった。

11月初頭大本営政府連絡会議において米国と交渉と対米戦の準備を並行して行い翌1日までに交渉が妥結しない場合、
米英と決定。
11月5日御前会議にて、正式に米英開戦が決定。

この頃、アメリカ側も機は熟したと見て、事実上の交渉決裂を迫る覚書(ハル・ノート)を日本側に提示する。
その内容は、三国同盟の空文化、中国仏印からの全面撤退、満州国の否認、日本側の妥協案を含む全ての要求を拒否。
凡そ満州事変以前の状態に戻すことであった。

大日本帝国の残された道は一つとなった。

673 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:54:08.18 ID:4xqqQtci0
>>656
それは日本国日本民族の人種問題が関係しているからだろ。
日本国内の朝鮮人に近い一部の人が力を持ってしまったからだろう。

日本が朝鮮と決定的に違うのは半分弱が南方縄文系に由来すること。

鎌倉武士の後継を自任する薩摩は朝州でなく、同じ東北と同盟すべきだった

674 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:56:21.88 ID:WtKJE1zi0
>>639
正義のためには、アメリカを懲らしめて解体し、
原住民以外は、全員殺すか、
あるいは、先祖の母国に送り返さなければいけない。

675 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 21:59:33.27 ID:ihD6+72z0
>>671
アメリカを始めとした列強と対立したままで経済大国はあり得ん。戦争しなかったら、
北朝鮮のように餓死寸前でプライドばかり高い国になっていた。

676 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:01:31.99 ID:2097F9zi0
よく言われてたことだが本当なんだろうな
だとすればルーズベルトはとんでもないな
対日本への工作はともかく自国兵士をなんだと思っているんだか

677 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:01:50.17 ID:hMtygTcsO
>>667
満州は対ソ連の基地確保じゃないか。実際ノモンハンで航空・陸戦ともに一大戦闘をした。

678 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:01:51.87 ID:WtKJE1zi0
>>656
日露戦争は、ロシアが朝鮮南端に、海軍基地を作ろうとして、起きた。
これがオホーツク海、日本海、黄海の奥だったら、戦争にはならなかった。

そして朝鮮は、中立国になることも、日本の同盟国になることも徹底して嫌った。

敵にしかならないのは宿命だから、無害化するしか有るまい。

679 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:04:40.05 ID:WohpUhXt0
>>677
時系列逆転してないか?w

680 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:06:49.67 ID:t9m4CNUk0
ねつ造慰安婦問題を認めちゃう発言するバカ総理がいるくらいだもの、
こういう話への注目はかき消されてしまう

681 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:08:12.42 ID:jCR0907+0
>>616
それが本当なら、相当な瀬戸際外交だなw
ドイツも対米戦争を強く回避したというが
日本でも海軍だけでなく陸軍内でも
対米戦争を回避しようとしていたということになる。

ただ笑えるのは、それまでアメリカ主導で石油や鉄の禁輸をされてるのに
欄印を占領して油田を確保したとき、
アメリカが日本の石油輸送を妨害しない保証はないのを完全に無視していることw
まぁフライングタイガースの件からみても、ハワイ攻撃をせずともまず妨害をしてただろう。
海軍はその点は現実的だったんだな。
また実際にフィリピンに米軍基地がある以上、アメリカが先に開戦すればフィリピン制圧はより困難になる。
そうなるよりは、先に手を打った方がいいという海軍の判断は正しいな。
もはや外交段階は過ぎてて、軍事レベルで決す段階なんだしな。

682 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:11:24.60 ID:hMtygTcsO
>>679
ノモンハン時は補給がスッカラカンで実質負けたから、その先もやり合うなら単なる戦線ではない基地がいる

683 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:11:32.87 ID:gedVhlia0
C・A・ウィロビー将軍(GHQ参謀第二部長)
東京裁判は歴史上最悪の偽善だった。自分の息子には軍人になることを禁じるつもりだ。
なぜ東京裁判に不信感を持ったかといえば日本が置かれていた状況と同じ状況に置かれたならば、
アメリカも日本と同様戦争に訴え知多に違いないと思うからである。
(裁判終結後、離日の挨拶にきたレーニン判事に対する言葉)


684 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:13:31.89 ID:h8DbCFBt0
>>675
それはない

685 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:15:29.13 ID:WO1kfkFo0
ネラーは挑発にすぐ乗るので陰謀しかけるのにはもってこいだな。

686 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:17:32.83 ID:C0cj8guz0
>>668
敗戦したから憲法9条と米軍基地があるのが日本
アメリカの属国という人もいるね

>>681
え〜と、まず>>616はどこでも確認できる史実なので確認してください
それから、そもそも陸軍は対米戦争を想定してなかった
そして軍事レベルでは敗戦必至なので期を見て講和が日本の戦略だった
講和不可能にしたのがパールハーバー

687 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:20:13.31 ID:FupsTWQK0
坂の上の雲で苦戦中の旅順要塞
だけど日露戦争の前に日清戦争で日本軍は一日で落として占領していたんだよな。
あのまま日本が旅順要塞を確保していれば、日露戦争であんなに苦戦しないで済んだのにな。


688 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:21:00.03 ID:jCR0907+0
でも北朝鮮を見てると、当時の日本政府は忍耐が足りなかったんだなw
アメリカが石油輸送を妨害するとしても、直接手出ししたかは確かにわからないからなぁ。
オランダ人を立てて、そいつらに輸送妨害をさせてたかもしれない。
まぁそしたらオランダ人を叩くしかないけど、日米の半代理戦争なら直接対決よりはマシだな。
実際中国戦線は日米の半代理戦争だったんだし。
ただ瀬戸際じみた行為であるのは確かだな。
アメリカが先に開戦しないという保証はないんだし。

北朝鮮はそういう意味じゃ、とてもよくやっているわな。
間違っても韓国にせめいったりしないもん、せいぜい小競り合い程度。
そのくせ、国境付近のソウル制圧が可能という牽制・抑止力も持ち合わせてる。
朝鮮半島は何だかんだ、南北朝鮮並存のまま行く気がしてくるな。

689 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:21:57.77 ID:WohpUhXt0
>>687
三国干渉って知らない?

690 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:23:53.26 ID:WohpUhXt0
>>688
北朝鮮が滅びることは周辺国のどこも望んでないからねえ
いらん軍事的冒険しなけりゃ放置するさ

691 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:24:08.39 ID:FupsTWQK0
>>689
そういう基本的な歴史
三国干渉を知らないわけじゃない
それをうまく回避して確保できればって話ね

692 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:26:53.34 ID:4IVne4Ey0
>>684
でも当時の予算に占める軍事費見ればさすがに経済大国は望めないよ?
ブロック経済化で今の経済大国になれたかは疑問だよ。
仮にだが東西冷戦がそれほど深刻でなく、朝鮮戦争もベトナム戦争もなければ
今のメキシコ程度にしかなってないと思うよ。
ロシア・中国・アメリカ様様だよ。


693 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:27:00.79 ID:du6aeXQ90
>>674
アングロサクソン人は表層的には過剰に平和や思いやりを取り繕うが、
本質的に”よその土地にズカズカ入っていって奪いつくす事が正義”と言う
ユダヤ・キリスト教教義を先天的に埋め込まれているから、そのプログラムを解除する必要がある。支配層を攻撃したい。

694 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:28:34.78 ID:gedVhlia0
ハーバード・フーバー(元米国大統領)
もし我々が日本を挑発しなかったならば
決して日本人から攻撃を受けるようなことはなかっただろう。

(「東京裁判 日本の弁明」より)


695 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:29:35.86 ID:WohpUhXt0
>>692
政府と対等の発言権を持つ官僚組織が二つもあるままってのは
国家運営上すごくハンデだしねえ……
自力で旧帝国が軍に対する政府の優越を法的に定められたかっつったらそんなの無理だし。

696 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:29:42.56 ID:WtKJE1zi0
>>688
当時の日本は戦時下。
それも日本から仕掛けた戦争では無い。

アメリカの経済制裁は、日本死ね以外の意味が無いんだよ。

697 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:30:21.87 ID:XNcWkWEm0
>>686
米国民が怒ってる「日本の騙まし討ち」というのは
宣戦布告がちょっと遅れたとか、攻撃された場所がハワイだったからとかじゃなくて
「平和的交渉を口にしながら、こっそり攻撃の準備を整えていた事」について言ってんのよ
開戦当日のルーズベルトの演説でも読んでみれ
真珠湾をやらなきゃ、かわりに「リメンバー・クラークフィールド」になってただけだの事だ

698 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:30:35.51 ID:kCeECB5Z0
知ってた。
無知な人間以外、世界中知ってる。
賢い米国人は知ってても、あえて発言しない。
その代わり、パールハーバー連呼もしない。
するやつは無知をさらけだしてるに等しい。
南朝鮮と同じレベル。

699 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:30:44.04 ID:ElyO0ZgN0
昭和16年頃は陸軍は既に米英との開戦も辞さないという強硬な姿勢であったが、開戦を望んでいなかった
近衛内閣は最後まで戦争回避の努力を続け、対米戦強硬派を排除するために内閣を解散総辞職を行い改めて組閣し、
対米交渉を行った。
しかし、陸軍が仏印全域を支配下に収めたことにより近衛文麿の努力は水泡と帰した。
これをチャンスと見た米英オランダはABCD包囲による対日経済封鎖体制を敷いた。

700 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:31:33.97 ID:ZtE9eVYq0
鬼畜米英は皆死ね。そして地獄に堕ちろ。

701 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:31:42.78 ID:jCR0907+0
>>686
ん〜、陸軍は大体頭がお花畑だったんだなw
満州事変以降の経緯をみても、お花畑で片付けていいだろう。
海軍の方が目前の脅威をよく見ている。
こちらにだけ都合のいい講和などアメリカが応じるわけがない。
まして開戦前で戦争準備を互いに進めている段階でな。
外交交渉の段階はその時点でとっくに過ぎてるのに、
今更ジタバタする陸軍はお花畑としか言いようがない。

702 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:33:02.25 ID:WohpUhXt0
>>696
そらそうだ、やめろっていってるのにそれ無視して満州取って
満州が安定しないのは中国のせいっていって長城越えて……
アメリカ側が許しとく理由、どこにもない。

703 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:33:42.67 ID:JrUE7sXr0
>>687

きみは三国干渉を知らんのかね

704 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:35:08.07 ID:WtKJE1zi0
>>697
>「平和的交渉を口にしながら、こっそり攻撃の準備を整えていた事」

ああ、なるほど。米西戦争で、アメリカが取っていた戦法ですね。

スペインと交渉しながら、スペイン領フィリピンの攻略艦隊を準備して、
開戦に先立ち出航させていたことを、まさか知らないってことは無いよね?

705 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:35:09.61 ID:Egi78xKd0
アメリカを潰すには

世界が争わず、アメリカ抜きの貿易体制を構築し、エネルギー革命を起こせばいい

そうすればドルの機軸通過体制は崩れ、決済通貨はユーロ、元、ドルとなり

アメリカはその巨額の財政負担に耐え切れず自壊する

ただ、これを黙ってみてるはずがないがな

中国がモラルを取り戻し、周辺各国と協調し、

成長することがアメリカが崩壊する一番の道

706 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:35:40.98 ID:Qq4Si5S10
昔の日本人はすごかったね
今はすっかり飼いならされて羊になっちゃったけど

707 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:37:17.92 ID:WtKJE1zi0
>>702
第二次上海事変くらい調べてきなさい。

知っていても無視して、日本を叩く結論だけ有るのだろうけど。

708 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:39:07.24 ID:JrUE7sXr0
>>706

すごいつーかバカだよね
むしろ焼け野原から経済大国になって
70年も誰一人戦死してない方がすごい
でも福一であのザマ

すごいのかバカなのか
よくわからん民族

709 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:39:24.26 ID:AQ943B5EO
>>705
利害調整の中で利用できるものは利用する。
これが世の中だ。そういった極論は当時の陸軍と一緒。

710 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:39:37.81 ID:FupsTWQK0
>>695
軍が暴走する切り札にした統帥権の干犯という知恵をつけたのは
それ以前の政党政治で民政党政権で調印したロンドン軍縮条約を
統帥権の干犯だと対立する政党であった政友会が攻撃したせいなんだよね。


711 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:40:26.10 ID:WtKJE1zi0
>>708
日本からは、朝鮮戦争に出兵させられた掃海部隊に、戦死者が出ているけどね。

712 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:42:52.45 ID:C0cj8guz0
>>697
いや当時のアメリカ人の認識では真珠湾はアメリカだからね
フィリピンは違う
アメリカの世論は違ってくる
大事なのはルーズベルトの演説じゃなくてアメリカは世論の国だということ
それにマニラ占領なら技術的に卑怯なだまし討ちにはなりようがないな

713 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:43:42.91 ID:FupsTWQK0
>>708
日本人は根性があるが利口ではないな
こういう陰謀にまんまと引っかかる。
やっぱりアングロサクソンは利口だよ。
悪い意味でw
陰謀、謀略が得意な脳は中国人も持っていると思う。
日本人は、この分野はダメだな

714 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:45:08.83 ID:dpyUI9Pl0
ドイツ関係ないだろ
対中国権益は俺らのもんだから日本横取りすんなってのが理由だろ

715 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:45:40.65 ID:ElyO0ZgN0
ABCD包囲により陸海軍はもとより国民レベルもジリ貧状態に陥った。
このままではやがて米国に経済的・軍事的にも屈服せざるを得なくなると考えた。
石油の禁輸が解除されない限り、オランダ領東インドの油田を占領しなくては、海軍にとっても死活問題であった。
これまで近衛内閣同様に戦争回避のスタンスであった海軍内部でもABCD包囲網を軍事力で打ち破り
事態を打開するという考えが主流となった。
やがて、近衛内閣は総辞職に追い込まれ東条内閣が誕生。

716 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:46:22.18 ID:zbMqOZqU0
原爆投下と東京大空襲も謝罪するダニか
賠償金は5000兆円でいいダニよ

717 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:46:22.89 ID:WohpUhXt0
>>707
時系列まるで無視してますね、あなた


718 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:46:23.97 ID:C0cj8guz0
>>701
海軍も山本の案に反対だったんだよ


719 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:47:27.23 ID:WtKJE1zi0
>>717
支那事変は、北支の紛争と無関係。

720 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:47:57.18 ID:FupsTWQK0
>>718
ミッドウェー作戦は反対を押し切って実行したと聞いたが
真珠湾も反対だったのかな?
それは、あまり聞いたことが無かったな

721 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:48:09.02 ID:JrUE7sXr0
>>713

いい意味でも悪い意味でも
真面目なんだろうね


722 :キツネのレックス:2011/12/10(土) 22:49:16.78 ID:cpshnCstO
共産主義と闘ってた日本をぶっ叩いたアメリカはなにがしたいかったのかよくわからん


723 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:49:49.26 ID:C0cj8guz0
>>715
東条も開戦反対だったんだぜ
彼は首相に任命されてから必死に開戦延期をはかった

724 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:50:07.32 ID:FupsTWQK0
>>722
日本が戦っていたのは国民党で共産党は直接戦ってないだろ

725 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:50:20.68 ID:AQ943B5EO
>>715
一番の悲劇は近衛が戦争回避してる「つもり」だったこと。
最近も似たような首相がいた気がする。

726 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:51:18.42 ID:WohpUhXt0
>>719
当時の日本軍にあなたほど見識に欠ける人は少なかったでしょうね
無関係って、何を根拠にそんな短絡思考してんですかい

727 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:53:15.14 ID:ElyO0ZgN0
北朝鮮だって本気で首を絞めたら暴れだすことぐらい想像できるからそれをやってないだけだし。
あの時代だって誰でもあの状況になれば日本が討って出ることぐらい予想できる。

728 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:55:21.95 ID:WtKJE1zi0
>>726
スペインで戦っているのに、ポーランドのことで文句言われる筋合いは無い。
その逆もしかり。

729 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:56:25.40 ID:ElyO0ZgN0
>>723
昭和天皇の意向もあったからな。
>>725
相手が戦争を望んでたら、何をしても無駄だがな。

730 :キツネのレックス:2011/12/10(土) 22:56:50.78 ID:cpshnCstO
>>724 そういうレベルの話じゃなくて…

いずれにせよ。コミンテルンとの闘いに
奔走し,ソ連と闘ってた日本に貿易上の観点から
モンロー宣言を無視し日本に口出しした結果が
長きにわたる冷戦なわけで,アメリカはドイツと日本がソ連を叩きのめすのを何故阻止したかだ

731 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:57:03.37 ID:WohpUhXt0
>>727
というか、多少暴れてもいいから絞め殺したほうがマシだってくらいの目で見られてたわけで
1941年の時点ではもうああなる以外の可能性はどこにもなかったよ


732 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:57:07.79 ID:YGnX0IOT0
>>712
幕末・明治維新をくぐり抜けた日露戦争迄の政治家はアメリカ国内世論

の怖さは分かっていた。特に伊藤博文。

733 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 22:59:11.00 ID:WohpUhXt0
>>730
それ以前に両国が無茶苦茶やりすぎたからだよ
日本がリットン勧告を受け入れ、ドイツがせいぜいオーストリア併合までで拡大を止めていたら
反共の盾として国際秩序の中にとどまれた可能性がかなりある

734 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:01:20.28 ID:AQ943B5EO
>>729
その似たような首相は
「学べば学ぶほど海兵隊の抑止力がわかった」とのたまっていたよ。
お前のそれまでの行動は何だったのかと。
しかも服毒自殺もせずいまだに寝言をほざいてる。

735 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:01:36.04 ID:t9m4CNUk0
>>640
キっしんじゃー、昔は石油、今度は食料で世界を支配したるって言ってたし。
自殺種子とかバりばり使って。TPP推進してる奴バカ丸だし

736 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:01:59.78 ID:FupsTWQK0
>>730
日本はノモンハン事変でソ連軍の強さを思い知ってからは
ソ連と同盟を結ぶ戦略を持っていたじゃないか?
日独ソ軍事同盟で欧米勢力と対抗しようという日本の目論見は
ドイツのソ連侵攻で幻に終わったけど、直前までドイツにソ連と同盟をすすめていただろう?

それとアメリカという国は常に敵がいることで経済成長させてきた国だから
むしろ平和な世界なんて望んでいず、常に敵探ししているんじゃないか?
だから別に日本をやぶった後でソ連と対立することもすべて計算づくだったと思うぞ

737 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:04:53.60 ID:C/w6HjKq0
>>730

コミンテルンを作ったのはユダヤだし。
スターリンを初め、ソビエトの幹部ほとんどがユダヤ人。

738 :キツネのレックス:2011/12/10(土) 23:08:32.77 ID:cpshnCstO
>>733 ドイツはズデーデンを併合したぐらいでは
国家財政は助からないし
日本だって華北は絶対に必要だった。

そのことは当然ながらリットンの報告書にも
日本の侵略行為はある意味正当であるという
イギリス側の譲歩にも現れており,やはりアメリカの難癖が過ぎたように思える

739 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:12:33.25 ID:jCR0907+0
>>723
頭がお花畑なんだよw

でっかいヤクザの米組がこれからのシノギを中国でやろうと思ってたら
小さい日本組がそこに進出して勝手にシノギ始めやがった。
そこは俺のもんだ、どかないならケンカ売ってんだな?ってアメリカ組が言ったら、
いやケンカは売ってない、でもここからは出て行かない、って日本組がいうわけだ。

何だてめぇ馬鹿にしてるのか?って、どかなきゃお前らのシノギを削るからなと
アメリカ組は経済制裁して圧力かけていったわけ。
そしたら、中国からはどかないが制裁は止めてくれと日本組が言ってくるw
やめるわけねぇだろって言ったら、友好関係にある欄組のシマを犯そうとしてる。
てめぇいい加減しろ、戦したいんだな?ってアメリカ組が日本組に言うと
戦はしたくないが一旦獲得したシマは手放さない、というw
もうこれ以上我慢できねぇ、戦して潰すからなというのが顛末だろw
そしたら、逆切れして組の出先事務所に奇襲しかけてきたという話だ。

陸軍系主体でやってきた外交交渉は、このまんまだよ。
だから、お花畑なんだよ。
正義だの何だのの問題じゃなく、力による争いなんだからな。

740 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:12:54.93 ID:C0cj8guz0
>>736
そは違う
アメリカは第一次大戦までモンロー主義できた国で
第一次大戦後も世論の反対で自ら主宰したにもかかわらず国際連盟に加入しなかった
第二次大戦もヨーロッパの情勢に世論は無関心で参戦に反対だった
真珠湾でやっと世論の賛成を得た
実際ドイツのフランス侵攻でやっと陸軍の編成に着手するありさま
四号戦車に対抗できる戦車ということでやっと開発に着手したのがシャーマンで、
アメリカ陸軍はそれまでは軽戦車しかもっていなかった

741 :キツネのレックス:2011/12/10(土) 23:15:19.59 ID:cpshnCstO
>>736

コミンテルンと闘うためにドイツと防共協定結んだわけで
そもそもソ連となんて絶対に友好関係にはなれないよ

欧州情勢なんちゃらかんちゃらで岡田啓介が首相を辞めるぐらい
ソ連は眼下の敵であったしね

日ソ不可侵は松岡の単独行動だとみていいのでは

742 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:18:47.86 ID:Jb0kA3+TO


伊藤博文は、ウェールズ人女性を2人抱いていたことを

近衛が知っていたので、
使われましたよ。

デビルがいるところで、
下半身がだらし無い男はダメになる。

抱けない時代のことだな。



743 :キツネのレックス:2011/12/10(土) 23:19:20.12 ID:cpshnCstO
>>737 ソ連には500万人のユダヤがいたからね。

ってかバルフォア宣言でイギリスがパレスチナを
ユダヤ人に
あげたにも関わらず,なんでわざわざ
寒いモスクワにだらだらと長居してたのかは謎だが…

744 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:20:21.00 ID:MFnQXLVI0
複線ルートの戦前の教育は良かったけど、

軍という巨大組織でどうしようもない今の公務員以上の金食い組織で

政府や国民のいうことも聞かないようなもんがあったというのは

やはり戦前教育にも問題があったんだろうなー。



745 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:20:46.46 ID:5PsjA30e0

アメリカ人とは原住民とメキシコ人のことで
ヤンキーはただの不法入国シロンボ族でしかない

インディアンなどと呼んではいけない

746 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:22:24.26 ID:FupsTWQK0
>>740
モンロー主義といっても、ヨーロッパ大陸の戦争に対して中立でいようというだけの主義主張であって
アメリカの野望は自国の東のヨーロッパではなくて、自国の西に向いていたからこその
モンロー主義だろう
米西戦争でフィリピンやグアムを手に入れている
その後は中南米諸国と戦争つぐ戦争を繰り広げている
強敵の欧米先進国とは争わずに足元を固めて国力を拡大してから
世界の覇権を争う予定だっただけだろう

747 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:26:10.53 ID:ElyO0ZgN0


「日本のおかげでアジアの諸国はすべて独立した。
日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、産まれた子供はすくすくと育っている。
今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。
それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。
☆【十二月八日】は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意をされた日である。
我々はこの日を忘れてはならない。」

----ククリックド・プラモード (タイ国元首相 )

748 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:27:49.71 ID:ElyO0ZgN0
これが、真珠湾攻撃の意義。

「この大戦は植民地主義に終止符を打ち、白人と有色人種との平等をもたらし、世界連邦の礎石をおいた。」

----H・G・ウェルズ(イギリス、歴史学者)

749 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:28:35.81 ID:z2KkF5ZO0
>>744
いつの世も、日本は官僚の暴走で衰退してるからな。
二次大戦も軍官僚の大暴走だし。
教育の問題ではなく、文化的に階級特権意識が芽生えやすいってことだと思う。

750 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:30:23.46 ID:WRBeEnGGO
>>739
その前に、日本組のシノギの邪魔をしたのは米組だよ。シノギどころか兵糧攻めだもの。侵略もするわな。

751 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:31:31.75 ID:C0cj8guz0
>>746
そういうのは敵じゃなく餌食というべきだ
それからアメリカは常に敵がいることで経済成長してきたわけじゃないし
ソ連との対立はアイゼンハワーからでルーズベルトじゃない

752 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:35:39.89 ID:FupsTWQK0
>>751
そういう表現でいうなら
日本もアメリカにとって餌食だったんだろうな

753 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:36:01.99 ID:XUpUtRDG0
>>698
>賢い米国人は知ってても、あえて発言しない。

日本人のエリートはこれが出来無いので、えらい損する。

754 :キツネのレックス:2011/12/10(土) 23:37:13.05 ID:cpshnCstO
ってか第二次世界対戦への参戦はイギリスからの要請だし
もし,真珠湾で日本が釣れなきゃどうするつもり
だったのかは謎だな。いかにイギリスが大戦中にレーダーを開発して
ドイツの戦闘機を撃破し続けても,いずれまた
海路で攻めてくるだろうし、真珠湾がなければ
ヨーロッパは制圧されてたか

755 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:38:15.74 ID:+u/dDFrg0
>>52
イギリスには同盟維持の価値が無かったとか

756 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:39:49.48 ID:+AndlgB60
ルーズベルトが反ソでなくてもトルーマンは充分反ソだったよ。

757 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:41:08.35 ID:C0cj8guz0
>>752
てか日本が飛んで火にいる夏の虫って感じ
真珠湾に至る日本の行動はアメリカから見たら馬鹿に見えただろうね

758 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:41:12.13 ID:WtKJE1zi0
>>740
モンロー主義って、孤立主義の意味で誤用しているが、

モンロー主義とは、南北アメリカ大陸に対する、アメリカの手前勝手な占有権のことだ。

759 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:41:15.49 ID:k4MxFygT0
文書公開が50年後って遅すぎる。責任者全員逃げ切りだろ。

760 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:41:39.62 ID:jCR0907+0
>>750
構成員も倍以上、資金力もはるか上、チャカ弾薬も何十倍の米組に睨まれて
日本組が引かないのは勇気によるものか、お花畑によるものかはわからないが
仮に前者だとしても、それは蛮勇なんであって向こう見ずなんだよ。

戦に勝てる見込みが薄いなら、それ相応の妥協が必要なんだよ。
どんだけ勇気があっても、みんな無茶な争いはしたくはないんだ。
米組が悪いとしても、悪くても強ければ勝つんだ。
善いも悪いもないのさ、シノギの世界には。ただ争いだけがあるのみ。

761 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:44:49.09 ID:WtKJE1zi0
>>755
日英同盟には、日本にとって英国があからさまに敵対関係に入らない、程度の益しか無かった。
英国がそんなでは、日本が英国のために血を流すはずも無い。

より多く英国のために血を流したアメリカと、英国は同盟を結び直し、
アメリカの要請に従って、日本を袖にしただけ。

762 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:46:29.89 ID:FupsTWQK0
>>760
絶対に勝つ見込みはないと言われた
ロシアに勝った歴史が却って、災いになったようなものだな。
当時の政府、軍は、やってみれば、なんとか勝てるかもしれないという楽観論にいきついたんだろうな。

763 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:47:58.86 ID:WRBeEnGGO
>>760
手打ちに持ちこめなかった首脳陣が結局悪いんだよなぁ…
無駄な命が大分散った。うちのひいじいさんなんか硫黄島だよ。
大本営は人事なんだろうが、カタギを地獄に送るとかやくざ以下だよなぁ。

764 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:48:16.80 ID:6hQU4BT80
>>722
ルーズベルトも騙されていたんだから大目に見てやりなさい
それにしても、太平洋戦争は日米にとって全く無意味だった
たしかに何をやりたかったのか全然わからんわ

765 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:50:00.24 ID:5TkmPVIo0
軍神△

真珠湾-12月8日を記憶せよ(HD高画質ver)
http://www.youtube.com/watch?v=xKj08mdnySs

766 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:50:26.24 ID:C0cj8guz0
>>758
敵をつくることによって経済成長してきたのと違うだろ

767 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:50:46.42 ID:zpKL8Mqq0
知ってる

768 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:52:23.81 ID:bZ/EfM2J0
まあルーズベルトだけで出来た事じゃないけどね
実際の黒幕は別にいるよ
アメリカの闇は深い

769 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:52:28.81 ID:FupsTWQK0
>>766
しかし軍団複合体とよく言われるではないか?
アメリカの経済は兵器をつくる軍事産業がひっぱっている
兵器を消費し、大量生産が必要になる戦争は軍需産業が陰で政府を操り
戦争を望んでいる。
それは真実だろう。

770 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:53:07.70 ID:WtKJE1zi0
>>762
ロシアにとっての、日露戦争勝利とは?

東京の占領か?
これは、第二次世界大戦で弱っている日本相手でも、出来なかった。
北海道すら占領できなかったのだからな。

朝鮮の占領か?
旅順とウラジオの艦隊が壊滅した時点で、不可能になっていた。

満洲の占有か?
これは日本側に提案されたのに、飲まなかったのはロシア自身だ。

よくよく考えてみても、ロシアにとっての日露戦争、
勝ちは無かったって、判るだろうに。

771 :キツネのレックス:2011/12/10(土) 23:53:28.88 ID:cpshnCstO
>>764
まあ>>740のいうように血を分けた兄弟であるイギリスからの第二次世界対戦参戦の要請に
国内世論を傾けるための猿芝居だろうが
思った以上に日本が強かった。かな

772 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:54:40.72 ID:FupsTWQK0
>>769
軍団複合体は誤りで軍産複合体でした

773 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:55:06.45 ID:oWlIz/8S0
ルーズベルトってのも凄い名前だよな

「緩んでるベルト」さんだよ?
脱げそうですよ??しかも大統領ですよ?

それでズボン吊りなんか着けてたらどうしますか

774 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:55:44.97 ID:z2KkF5ZO0
>>763
まず最初にアメリカに参戦させる大義名分を与えちゃった外交の大失敗と
軍部の独断による租界攻撃とかの積み重ねがあるから開戦した以上は手打ちも難しい。

775 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:56:16.12 ID:BAs3Oyuh0
>>4
かっこいいー!
やっぱ戦う男はかっこいい。
70年前の日本人と結婚したい。

776 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:57:30.44 ID:+AndlgB60
>>754
ドイツは最初から最後まで海軍がショボかったから、
上陸作戦ができるようになるまでは無理だった。相当時間がかかったと思う。
Uボートでちょこまかやって落ちるはずもなし。
結局、空軍とVロケットの飛び道具だけで終わってしまったね。

でも、もしバルバロッサなんちゅー馬鹿をやらずにジックリと海軍を作っていったら、
イギリス制圧はできたと思う。

777 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:58:27.25 ID:P9U4lQIB0
>>773
本来は「ローズヴェルト」と表記する方が原音に近い

778 :キツネのレックス:2011/12/10(土) 23:59:14.04 ID:cpshnCstO
>>770 ロシアの目的は常に凍らない港の確保であり、
旅順やあわよくばイエイ海を狙ってた可能性はあるな
勿論朝鮮も含めて。ただそれが叶わなかったんで
仕方なしにバルカン半島
に矛先を代えるしかなかった
んで第一次世界対戦勃発。日本がもしロシアに敗けてたら
ヨーロッパの歴史も変わったであろう

779 :名無しさん@12周年:2011/12/10(土) 23:59:52.00 ID:BN7AFI9w0
>>770
日本は既に経済的にかなり追い込まれていたから、アメリカの調停が入らなければ危なかった。
どっちにせよ、あれ以上の戦争続行なんてとても無理。
ロシアは極東へ増援の準備してたし。
日本海海戦の奇跡的な勝利がなければ、ロシア勝利の停戦交渉になってたかもよ?

780 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:01:33.44 ID:vSyEweEs0
福一は駄目により仕組まれたテロ

脱原発を促し、化石燃料を大量に消費させ、日本の農業・漁業・畜産業を壊滅させてTPPの参加を促し、

関税障壁をとっぱらって食糧輸入を増加させ、日本を貿易赤字国・経常赤字国にし、日本の冨を掠め取り

(経常赤字になるということは日本人の金融資産が減っていくということ)、国債発行を困難にさせ、

公的保険、年金を崩壊させて、日本人を貧乏にさせ

最終的にはその不満を右傾化に持って行き、中国と戦争させようとしている

@日本のブランドを低下させ貿易黒字を減少させる。

メディアを通じ日本が放射能汚染された国であることをプロパガンダし、日本製品(観光客も含め)を忌避させる。

直前のトヨタパッシングからも明らか

A脱原発を促し、化石燃料を大量に使用させることで輸入額を増大させ、日本の貿易黒字を減らす。
 
現に日本の貿易収支は10月までで大幅な赤字である。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1550

B東日本の農地、太平洋を放射能物質で汚染し、日本の農業、漁業、畜産業を壊滅させることで

日本の食料輸入を増加させ、貿易黒字を減らす。さらにTTPの参加を煽って日本を従属化


781 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:01:34.82 ID:ITGhEGyUO
確かにルーズベルトは冷淡な顔立ち表情してる。

782 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:01:42.34 ID:T79/ZMz00
>>776
対フランス戦争を始めなければ、だろうな。

ただ、欧州の中国であるドイツは、東西南北に敵が居るのが耐えられなかったのだろう。
そこで弱い順番に倒しに向かった。

783 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:01:57.52 ID:m6SOq3xM0
>>759
あなたが批判したいと思う意図が分からない。
事態を変えたいなら今あなたが変えればいいのに、何を逃げ切っているのですか!

たぶんまだ被告席に晒されていない人なんだと思いますけど、共同体に棲もうとするなら批判はエネルギーでもある。


784 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:03:10.77 ID:O8EzLl000
>>777
二人いるが、セオドアのほうはルーズベルトのほうが発音が近い。

785 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:06:05.81 ID:DXMYM6A30
真珠湾陰謀論とか
まだ信じてる馬鹿がいたのかw

786 :キツネのレックス:2011/12/11(日) 00:08:03.86 ID:wpsnEQ1nO
確かに,ドイツの海軍の弱さは異常。
その点,日本は陸海空どれもB+ しかも規律が高かった

仮にドイツが完成させた原子爆弾の爆破実験に成功して
モスクワにでも一発お見舞いしてたら
ソ連のレジスタンスも終決してたかも知れんが

787 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:09:40.62 ID:f+1zQX8g0
フーバーって大戦直前の世界恐慌の時、恐慌で混乱する民衆をスルーした大統領だっけ?
馬鹿を大統領にすると何かと苦労が絶えないな。

788 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:10:28.09 ID:8mskttbn0
>>786
ドイツ空軍はあったが
日本に空軍なんて無かったぞw

789 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:10:37.85 ID:YUXlzU5w0

ttp://www.youtube.com/watch?v=3KvrDPBJYbg&feature=related

790 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:10:44.54 ID:LsbIwkx80
>>785
お前の発言が馬鹿丸出しなのだが
アメリカ陰謀論?アメリカの手口は昔も今も健全だ

791 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:13:39.58 ID:YUXlzU5w0
>>789>>775宛ね。
リアルはもっと迫力ある。

792 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:15:05.91 ID:xhlpN6ZJ0
>>779
ロシアは奉天で約20万人の損害だして3月から5ヶ月も撤退しかできなかった。
そんな軍隊にこれ以上の継戦は無理だと思うね。
講和条約時点で日本側の砲弾や弾丸は開戦以来の充実ぶりだったんだよ。
ロシア側が強気だったのは弱気を見せれば国内が余計乱れると考えたから。

793 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:15:35.20 ID:O8EzLl000
>>786
日本に空軍か・・・初めて知ったぜ。

794 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:16:08.72 ID:HyzqbgaP0
>>765
なんの偶然か空母2隻は真珠湾の外にいたんだな
護衛艦もなく空母2隻だけで湾外にいてどこに行ったのかわからなかったわけだ
ほんとうに偶然にな
出来過ぎた偶然だが偶然なんだよ

795 :キツネのレックス:2011/12/11(日) 00:17:10.84 ID:wpsnEQ1nO
>>788 えええー
(陸軍)航空隊は空軍と言ってもいいでしょwww

毎年,このじきに再放送してるキムタクやら松村のブタやらが
演じてる神風特攻隊は空軍と認めてやるべし


796 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:17:53.24 ID:DXMYM6A30
荒れ狂う北太平洋から航空隊を飛ばして真珠湾を奇襲とか
当時の軍事常識からいえば地底人が攻めてきた!のレベル

第一波はフィリピンだと予想してるのに真珠湾とか言われても
見え透いた偽情報乙wwwとしか思わない

初歩的な軍事知識があるだけで嘘と分かるのに
陰謀論者は最初から結論ありきで聞き入れないから馬鹿なんだよwwww

797 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:18:43.74 ID:u/LcSBC1O
日本が一方的に悪者にされているがそんなことは絶対にない。映画パールハーバー見たときはあまりにも酷くて途中で映画館出ようとしたがゼロ戦があまりにカッコ良くて我慢して最後まで見た。アメリカ=正義と言うハリウッド映画洗脳されてる阿呆にはわからないと思う。

798 :キツネのレックス:2011/12/11(日) 00:20:20.15 ID:wpsnEQ1nO
空軍で思い出したがB29のBってボーイングのBだよな?

799 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:21:46.86 ID:ywGlH4DN0
BomberのBだろ

800 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:22:05.49 ID:J24EuL9X0
>>798
英語で爆撃・爆撃機をなんて言うかわかる?
つか、戦闘機のFや攻撃機のAがメーカーの略称だと思ってたのか?

801 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:23:08.28 ID:O8EzLl000
>>797
れいせんって言ってもらいたいです。
あと、あの映画は実機使ってるけど後期型なうえに塗装も真珠湾当時じゃないから
アメリカの零戦マニアに叩かれまくってたな

802 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:25:16.11 ID:LsbIwkx80
>>796
だれが予想した情報ですか?
ソースも貼り付けてお願いします

803 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:26:25.55 ID:xhlpN6ZJ0
>>794
当時まだ重要性が認識されず補助艦に過ぎない空母だけを守る理由がない。
戦艦だけ退避させていたならまだ分かるがな。

804 :キツネのレックス:2011/12/11(日) 00:27:29.91 ID:wpsnEQ1nO
>>799>>800 そんなボンバーマンみたいな
発想で戦闘機の名称を決めるかなwww

805 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:27:35.44 ID:d9VcoJrPO
今さら何を…知ってる

806 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:29:04.12 ID:7NFzY25i0
>今でも米国の英雄とされているルーズベルト大統領

笑うわw だからアメリカ人は単純な筋肉バカって言われるんだよ。

807 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:30:30.91 ID:vSyEweEs0
駄目理科は日本と中国との核戦争を画策している。

日本の今の状況、円高、脱原発によるLNG輸入増、TPP参加は、日本を貿易赤字国・経常赤字国に陥らせて、日本の財政を破綻させ、日本人を貧乏にするとともに、最終的にその不満を右傾化に持って行き、日本と中国を戦争させようとする駄目の差し金。

駄目は、化石燃料本位制のドル、米国債、軍事力、今までこの3つのツールで世界の冨を搾取し、覇権を維持してきた。

中国の台頭がこのまま進めば、世界の総貿易高における中国のウェートは重くなるだろう。それに伴い使用される決済通貨もユーロ、元、ドルの三つ巴となっていき、ドルの需要は著しく低下していくだろう。

また、今後、エネルギー革命や発展途上国の高度成長の終焉などが予想されるが、それにより化石燃料の使用が減れば、ドル需要はさらに減少していくだろう。

駄目が、世界のドル需要減少に対して何もしなければ、いずれ米国債は市中で消化できなくなってしまい、当然、その軍事力も維持できなくなってしまうだろう。

またGDPの観点からも(EU1600兆、駄目1400兆、中国580兆)、このまま中国を成長させた場合、十数年で駄目を追い抜き、駄目にとって脅威となることは間違いない。

このままでは、駄目は、覇権国家の地位を維持できなくなってしまうだろう。

それでは、どうやって機軸通過としてのドルを維持し、世界各国に米国債を購入させられるか?あるいは世界の冨を搾取できるか?

それには2つの方法がある。@力づく(軍事力)で言うことを聞かす方法。A貿易で世界の冨を奪う方法、
つまり、今の日本や中国のように製造業を強化し、まっとうな方法で冨を搾取する方法である。


808 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:32:47.74 ID:LsbIwkx80
そもそも今現在の中国に対して行ってる冷戦状態の説明はどうなんだ
イランに対して行ってる制裁はまさに日本と同じ。
ロシアに対してのプーチンが名指しで批判したのはアメリカの国防長官だ
これは明らかに昔と似ている。アメリカのやり方は昔もこんな感じだったのだろう
日本は今武器をもっていない。しかし、武器を持つ国にはあらゆる手を使ってくる。これがアメリカという国だ

809 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:33:06.82 ID:xAPuO5TcO
>>804
ボインじゃないのかな?

810 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:33:11.47 ID:vSyEweEs0
しかしながら、@でもAでも冨を搾取できない国がある、それは中国である。また、Aで世界の冨を奪う際に非常に邪魔な国がある、それは日本である。

中国を解体しようとした場合、おそらく台湾や尖閣、朝鮮程度の紛争では解体できないであろう。中国とこかの国で核戦争を引き起こし、中国軍を徹底的に殲滅しなければ、チベットやウイグルを独立させ、中国を解体することはできない。
そして、中国と核戦争できる能力を保持し、駄目の脅威となる優秀な民族といえば日本しかありえない。

今後、駄目は中国に存在する一部の過激な将校を扇動し、尖閣で紛争を引き起こすかもしれない、あるいは、朝鮮半島有事の際に北朝鮮にテポドンを日本に打ち込ませるかもしれないし、南シナ海の領土問題に日本を介入させ、日中間で紛争を引き起こさせるかもしれない。

とりあえず何らかの事件を引き起こし、世論を煽って、憲法改正、そして、日本を核武装へと誘導して行くことだろう。

そして、日本が核武装した後に、尖閣、台湾、朝鮮、南シナ海などで再び有事へ引き起こし、日中間を緊張状態に陥らせ、その緊張した中で、駄目の謀略により中国の核が日本へ発射され、日本と中国は全面核戦争へと突入するだろう。

また、駄目が中国に対して経済制裁、海上封鎖を行い、米中間で軍事衝突を引き起こしたり、米軍が中国本土を爆撃することで、在日米軍基地へ中国の核を打ち込ませることは可能である。それに対して日本は報復核攻撃を行わざるを得ないだろう。

中国の核の多くは射程が中距離な日本やインドなど向けのものであり、駄目向けの長距離の核はせいぜい20発程度である。
従って、米中間で例え核の打ち合いが発生したとしても、ミサイル防衛システム、またはファーストインパクトで駄目向け核弾道ミサイルを破壊することで、
駄目向けの核攻撃を阻止できるだろう。中国にもSLBMによる米国本土攻撃という手もあるが、中国の今の技術力では自衛隊や米軍に発見されずに米国本土に近づくような潜水艦を建造することはできず不可能と言ってよい。



811 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:33:27.98 ID:m6SOq3xM0
>>647
じゃ、やりますか。
まずは核攻撃4000発くらい来るかな。
核シェルターと直ちには影響が出ない服と中国人に変装する技術を作らないといけないね。

これをやるなら同時にアメリカ内戦と英独殲滅戦と中南米相互戦争をしてもらわないと困るよね。


812 :キツネのレックス:2011/12/11(日) 00:34:22.41 ID:wpsnEQ1nO
福島ではすでに核戦争が起こってるけどなwww

ってか核戦争ありならフランスと日本は無敵だろ

813 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:35:21.65 ID:J24EuL9X0
水深の浅い真珠湾の中の艦隊を叩くって現実には相当難しいんだけどな
戦艦の主砲の射程範囲内までハワイに近づくのは危険だし
水深の浅い真珠湾の中に潜水艦で進入するのは、実際にやって失敗してる

あとは航空攻撃しかないが、浅い湾内で航空機による魚雷攻撃は
当時は相当難しかった

成功したからこそ出来て当たり前と思われてるが、
魚雷の改良や湾内に桜島があって地形が似ていた
鹿児島湾で訓練を繰り返したからこそ成功したのが真珠湾攻撃

814 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:36:04.13 ID:DXMYM6A30
>>802
オレンジ計画ではフィリピンがやべーとなってるよ
理由は旧日本帝国から至近距離にあるからだ
そして日本も最初はそのつもりだった

そもそも日本がアメリカと開戦する危険を冒してでも南方に進出する理由は資源の確保であり
東南アジアの資源を日本に送るには、フィリピンは邪魔になる

それを山本五十六がウルトラCやった結果が真珠湾

815 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:37:16.97 ID:vSyEweEs0
アメリカの目的は中国を解体・分割すること

目的達成のために考慮すべきことは

@中国市場を取り込むために中国人に反米感情を抱かせないこと
A戦争になった場合でも戦後を見据え、中国人に罪の意識を植え付けさせること
Bアジア地域が団結しないこと

以上のことを考慮すると

中国の日本への核先制攻撃がベストである。日本がその時点で核保有していれば
日中間の全面核戦争になり、戦後、中国人は日本人を許すことはないだろう、中国市場において日本製品が阻害されるに違いない
また、日本人も中国を許すことはないだろう。以降、日本と中国が手を組む可能性は低い

中国の核先制攻撃時点で、日本が核を保有しておらず、米国による核の反撃をうけたとしても
先に核を打ち込んだと言う罪悪感を中国人にうえつけることができ、戦後の日本のようにそれほど
反米感情が高まることはないだろう。

オプションとして仮に北朝鮮がたいした混乱もなく韓国と統一し、核を手に入れた場合には、韓国に中国を攻撃させる可能性がある。

中国の日本への核先制攻撃は、駄目理科にとって、中国の解体、中国人への罪悪感の植え付け、アジアの統一防止の観点からベストの策である

さらに戦後のエネルギー政策の観点からも、中国人に核の恐怖を植え付けることは、アメリカの国策にかなっている。
中国は今後、数百基もの原発を建設する予定だというが、核の恐怖を味わった中国国民は、原発に対しても著しい拒否反応を示すだろう。
恐らく、原発の建設は困難になるに違いない。そうすると、中国のエネルギーはLNGに頼らざるを得ず、化石燃料本位制のドル機軸体制を強固なものとする結果になる。

最近のオバマの核なき世界というのは、一度、世界に核の恐怖を味あわせた後、世界を核廃絶へと向かわせ、米国一国だけが核を保有し、米国だけが超覇権を保持するためのフラグ。




816 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:39:33.62 ID:LsbIwkx80
>>815
まあ中国と日本は今良い関係になりつつあるし、うっとうしい日本の反中共が騒がないかぎりオバマの作戦は無に帰する

817 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:42:14.41 ID:tYk51PQF0
良い関係とは日本が中国にかしづくような関係のことか?


818 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:42:32.63 ID:zGbxw5qL0
でも、フーバーって
フーバーモラトリアムのフーバーだろ?


ルーズベルトとは格が違うよ・・・

819 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:43:20.67 ID:cJvmPwhB0
>>4
こんな無秩序な飛び方するかよwwwwwwww


820 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:43:49.91 ID:5u5bguJw0
>>791
涙が出るほどかっこいいです。
海上自衛隊もかっこいいけれど、
でもでもでも70年前の日本の勇敢さは
世界一だと思う。英霊に感謝と尊敬の念を捧げます。

821 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:45:20.75 ID:LsbIwkx80
>>817
アメリカ属国よりはましだろ
少なくとも日本は米国に沖縄占領されている
親米にさえならなければ問題ない

822 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:46:17.92 ID:tYk51PQF0
>>821
どっちもご免だわ、あほ

823 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:46:57.34 ID:24Gm0mIG0
>>1
ルーズベルトねぇ
ルーズソックス発明した人ね
これ豆

824 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:49:31.31 ID:LsbIwkx80
>>822
お前みたいな能無しがいたから真珠湾も負けたんだろうな
日本が核持たずにアメリカの属国扱いを受けていればアメリカと敵対する国との良好関係はとれない
イランは親日だったが今回アメリカの制裁に従うように日本も制裁をしている
これがどういう意味かわかるか?アホが

825 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:50:44.37 ID:tYk51PQF0
>>824
キチガイは寝ろよ
まったく


826 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:55:01.90 ID:m6SOq3xM0
>>815
なんら中国の分割の可能性が見えない主張ですが、
日本に核を打ちこませるというのは妙案ですね。
ミズポタンもびっくり、ゆっきーはほるほるもっとやれですね。
一方でアメリカはWASPがいた聖域がいつの間にか消え去るというシナリオですかね。


827 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:55:36.19 ID:RWBAR9g60
>>4
戦艦が紙すぎるw

828 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 00:56:23.99 ID:LsbIwkx80
>>826
武器輸入に非核三原則の見直しなんて言ってるから核持込はありうるね

829 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 01:04:17.80 ID:a02bjmLo0
ベルリン陥落でヒトラーが自殺する8日前くらいにルーズベルトは死んだんだよな。
昭和天皇は弔意の電文をアメリカに送っている。

830 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 01:06:15.71 ID:lvD7zsUJ0
日本の陰陽寮が呪殺

831 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 01:07:45.23 ID:WKcbcRnt0
そもそも陰謀だということは陰謀に引っかかるほど馬鹿だったということになる。
なんで勇敢に戦ったと評価してやれないんだろうね。
外交上の失敗=陰謀ではないんだぜ。

832 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 01:08:12.69 ID:vSyEweEs0
アメリカは、天安門事件で中国を解体できなかった時から、日本と中国の核戦争を画策している。

1990年代から、意味もなく、やたら米政府要人は日本の核武装を容認する発言を行っている。

しかもアメは、兵器級PUを製造できるもんじゅや常陽の建設を認め、そのブランケットから核兵器製造に必要不可欠な

兵器級Puを抽出するために必要な特殊再処理工場(RETF)の建設も認めた。

http://www.env01.net/ss03/ss03042.htm

アメリカは、天安門事件後、すぐに元安を容認し、中国の経済が発展するよう仕向けたが、これには理由がある。

まず、人々を戦争に仕向けるには、人々が不満を感じる状況に置くことが必要である。国民がみな満足している状況下では

国民を戦争へと煽動することはできない。そして「不満」というものは生活レベルが落ちなければ感じないもので

元々生活レベルの低かった中国では、いくら煽ってみたとこで、豊かさを知らないので不満を感じることはない

そこで一度、中国を経済成長させてある程度富ませてから、一気に貧乏にさせて、国民の不満を高めさせようとしたのが

アメの元安政策の本当の理由。最近、世界中で嫌中のプロパガンダが行われてるが、

戦争はすでに始まってんだよ、いずれアメリカにエネルギーや資源の禁輸措置をとられた中国が暴発して、

日本に核が落ちるよ

833 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 01:09:15.55 ID:gzDitxlQ0
フーバーって大恐慌をこじらせたヘタレだろ。

834 :キツネのレックス:2011/12/11(日) 01:10:46.09 ID:wpsnEQ1nO
>>829 自分だけ助かろうって対したやつだな

835 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 01:12:35.29 ID:x+NSKsDS0
まあこれはそうだし、アメリカは今でも戦法かわってないけど。
二次大戦はそもそもフーバーが悪いよねw

836 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 01:12:44.43 ID:rhyMVozF0
>>792
>ロシアは奉天で約20万人の損害だして3月から5ヶ月も撤退しかできなかった。
>そんな軍隊にこれ以上の継戦は無理だと思うね。

ロシアの撤退なんてよくあること
その程度でどうにかなるなら、ナポレオンがロシアを征服済みですがな

837 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 01:15:26.37 ID:EzE7Omfs0
とりあえずルーズベルト死ねよ

838 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 01:16:14.73 ID:LsbIwkx80
>>832
それはない。日本に核がおちることは無いよ
TPP騒動でASEAN+3、+6まで発展したのは何のためか
ただアメリカの狙いはそうあって欲しかったかもね。中国を敵対しているから

839 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 01:17:14.02 ID:K+pHJfYn0

ウェッブ(オーストラリア・東京裁判裁判長)

私は日本が9千万人の住む小さな土地で耕作できる面積はそのうち15パーセントにすぎず、
外部から激しい貿易制限や規制を受けていたとの弁護士の論述に多くの正論と酌量の余地を
認めた。私は米国なり英国なりが同じ様な状況におかれたらどのように反応したか、
それどころか国民がどのような反応をすることを望んだかを考えてみた。米国も英国も日本が
1941年におかれたような状況におかれれば、戦争に訴えていたかも知れないのである。

(『パール判事の日本無罪論』小学館文庫)

840 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 01:31:40.39 ID:MApHNxqH0
パールハーバー奇襲の所為で、日米講和は無理って論が歩いてるけど、それは思考停止と言うか想像力の欠如。そうではない。
アメリカは民主主義の国。世論をどう動かすかが最大のポイントなんだよ。
パールハーバー奇襲がプロパガンダに利用されている事は既に我々は理解している。
しかし、実際はどうか、極めて限定的な、軍事施設に特化した攻撃に徹したのではないか?
その事は口コミで必ず全米に伝わるはずだ。日本軍はプロパガンダの矛盾点を徹底的に糾弾し、緒戦の戦果を最大限に活かし、
継戦・交戦を極力避け、平文で我が方の正義と停戦を常に呼びかけ続けるべきだった。

ごめん、これから書く事は例え話だ。株式投資の話になる。一番高騰している時に冷静に売れば一番儲ける事が出来る。
誰もが不安に慄き投げ売られている時に買っておけば、やがて冷静さを取り戻した時に値上がりが期待できる。
買い時も売り時も、冷静さが肝要なのだが、日本の80年代末、空前の高値まで高騰した日本株はその後下落の一途。
何かに似ていないか?太平洋で起きる日米開戦。
一番高値で売り抜ける事即ち、最初の敗北となるミッドウェーを契機に、利食い、つまり防衛ラインを引いて、無駄な損耗を避けるべきだった。

圏域外に打って出ようとはせず、圏域内を徹底的に固める事が出来ていれば、米潜水艦に輸送艦をいいように沈められる事もなかった。
本土に物資が運ばれれば軍備増強も叶った。日本が干上がったのはシーレーンが米潜水艦によってズタズタにされたから。
戦闘での敗北はミッドウェーを最後とし、
戦わないと言う選択を取り続ければ、やむを得ない損切りなどしなくて済んだはず。

やむを得ない損切りとは、レバレッジ取引の代表格、信用取引てま言うところの、追証(おいしょう)払えず強制売り決済の事を指す。

つまり、引くに引けなくなり無理な作戦行動の連続、補給の絶たれた前線は、まるで追証払えず強制売り決済と同じだ。飢えとマラリヤによって大量の動員兵が病死した。

こうした事の全くない状態で、戦えるけど戦わないとアメリカの世論に訴え続ける事が出来ていたら、日本有利の講和に持ち込む事が出来た。

841 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 01:34:11.25 ID:lvD7zsUJ0
まあそれ全て未来人から見た結果論だけどな

842 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 01:50:41.92 ID:f8G+FOSn0
>>836
ナポレオンみたいにモスクワまで侵攻する必要はない。
条約締結までの間、せいぜいハルビンまで攻め込んでおけばいい。
日本側が活発であるかどうかが条約内容の有利不利を決める。
戦略的撤退というロシア側宣伝を真に受けて不利な条約内容と
なってしまったわけだ。

843 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 01:58:17.45 ID:+vcscXJR0
朝河貫一の要請でルーズベルトは天皇に親書を送ってた。
これは、日本の南進を非難する形式をとりつつも、
トップレベルの判断で戦争回避を探るためのものだった。
アメリカ政府は欧州戦線への参戦は早くから決断していたけど、
欧州と太平洋の二方面に戦線を構えることは臨んでいなかった。
残念ながらこの親書は松岡外相の手先の官僚に握りつぶされ、
真珠湾攻撃の後になって天皇に届けられた。

そもそも満州の利権をめぐる日米対立は、外交で解決可能な小事であり、
国家の命運を賭けて全面戦争を始めるような問題ではない。
日本が三国同盟を結ばなければ、
あるいはドイツが対ソ戦を始めた時点で同盟を破棄すれば、
日米の全面戦争という事態は起こりえなかった。

844 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 02:05:12.98 ID:tMAFzQXC0
>>843
欧州戦争だけ終わらせても、アジア太平洋から欧州勢を駆逐無理だわなw
当時世界経済、市場、豊富な資源の地を牛耳っていたのは欧州だぜ

845 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 02:07:23.14 ID:/3vtTHEi0
米中露が日本を都合よく利用しようとしている

846 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 02:17:04.85 ID:jxpGN9Bs0
>>843
>あるいはドイツが対ソ戦を始めた時点で同盟を破棄すれば、

これは充分アリだったのにね。
もともと防共が先だったから「やっぱりね」で済ませたのか?
日本はドイツにならってソ連と中立条約結んだんだから、本当は「やっぱりね」じゃ済まない。
ナチスドイツは日本を裏切ってばかりだった。

847 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 02:17:51.17 ID:tMAFzQXC0
かつてのアメリカは欧州勢の代理戦争の場であり
欧州各国を肥え太らせるための搾取の場
欧州の植民地

日本ならアメリカの代わりに欧州と戦ってくれ、駆逐してくれ、
更にその怨みまで買ってくれるうってつけの代理者w

今も昔もアメリカのやり方は基本的には変わってないなw

848 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 02:20:54.23 ID:2L5WkyDF0
ルーズベルトと言えば民主党の重鎮だからね。今まさに
民主党政権下でこんな話が出る事自体ヤバい兆候じゃないか。

849 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 02:29:54.14 ID:Fv92udr50
>>712
>いや当時のアメリカ人の認識では真珠湾はアメリカだからね

住民の4割(当時)が日系人で、当時正式な州ですらなかったハワイが
アメリカだと広く認識されてたソースでもあんのかい?
原住民も含めた比率で言えば、「アメリカ人」なんて少数派の離島だぜ

>大事なのはルーズベルトの演説じゃなくてアメリカは世論の国だということ

その世論を作ったのは他でもない、ルーズベルトの演説だろうw

>それにマニラ占領なら技術的に卑怯なだまし討ちにはなりようがないな

フィリピン攻略部隊は12月8日にはもうルソン島北部バタン島に上陸してる
つまり日本のフィリピン攻略船団は宣戦布告のずっと前に準備され、数日前にはすでに港を出てるんだよ

It will be recorded that the distance of Hawaii from Japan makes it obvious that the attack was deliberately planned many days or even weeks ago.
日本からハワイまでの距離を考慮する時、今回の攻撃が何日も前から、あるいは何週間も前から意図的に計画されたものであることは明らかであることが記憶されるべきです。
During the intervening time, the Japanese government has deliberately sought to deceive the United States by false statements and expressions of hope for continued peace.
その間、日本政府は意図的に、継続的な平和への希望へ向けた偽りの声明、表明によって合衆国を欺むこうと努めてきたのです。

よって、真珠湾をやらなくても、↑の「ハワイ」が「フィリピン」に入れ替わるだけだって事がわかるだろ

850 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 02:36:21.67 ID:DEBDQUq70
テスト

851 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 02:37:30.64 ID:tMAFzQXC0
アメリカは日米開戦以前に既に欧州でもアジアでも事実上参戦していたわな
公式な宣戦布告なしでね

852 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 02:38:15.07 ID:jxpGN9Bs0
マッカーサーがアタフタと逃げ出したくらいだからね。
ろくに戦わずに降参したアメリカ兵捕虜の人数が想定外の多さで、
それが「バターン死の行進」の原因のひとつにもなった。

853 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 02:39:34.95 ID:fLUjVDlk0
あの戦争に関する記事は朝日が最も信用出来ないメディアだが
産経もその次くらいに信用出来ないよなw。逆の意味で毎日新聞レベルだわ。

854 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 02:40:58.74 ID:ucrYAzOu0
>>851
日本も世界も、勝てば官軍 (´・ω・`)

855 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 02:55:25.35 ID:Fv92udr50
In addition, American ships have been reported torpedoed on the high seas between San Francisco and Honolulu.
「加えて、サンフランシスコとホノルルの間の公海上でアメリカ国籍の艦船が魚雷攻撃を受けたとの報告が入っています。」
Yesterday, the Japanese government also launched an attack against Malaya.
「昨日、日本政府はマレー半島にも上陸し攻撃を加えました。」
Last night, Japanese forces attacked Hong Kong.
「昨晩、日本軍は香港を攻撃しました。」
Last night, Japanese forces attacked Guam.
「同じく昨晩、日本軍はグアムを攻撃しました。」
Last night, Japanese forces attacked the Philippine Islands.
「昨晩日本軍はフィリピン諸島を攻撃しました。」
Last night, the Japanese attacked Wake Island.
「昨晩日本はウェーク島を攻撃しました。」
And this morning, the Japanese attacked Midway Island.
「そして今朝、日本はミッドウェイ島を攻撃しました。」
Japan has, therefore, undertaken a surprise offensive extending throughout the Pacific area.
「つまり日本は太平洋の全域にわたって奇襲攻撃に打って出てきた訳です。」

こんな風に演説してるんだから、例え真珠湾をやらなくっても、
米国民は「卑劣なジャップが太平洋全域で、計画的かつ大規模な侵攻を開始した」と受け止めるしかない
もはや回避不能の全面戦争が始まったとしか受け止めようが無いわな
特にウェーク島では米海兵隊が奮戦して、日本軍の第一次攻略作戦を退けているから、
ルーズベルトは史実以上に彼らを持ち上げて賞賛し、彼らの最終的な運命も含めて
国民の情緒に訴える一大叙事詩(アラモの戦いに匹敵する英雄的戦闘とかなんとか言うだろうw)を捏造し、
国民の戦意高揚につなげるのは間違いないな

856 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 02:55:40.70 ID:XJuLszWMO
>>851
アメリカの正式戦闘機を装備した「義勇軍」だな
ラフプレーも大概

857 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 02:56:41.02 ID:4KJiescu0
アメリカがやけに日本にスリよって来ていると思うのは俺だけ??

858 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 02:59:25.05 ID:RZI3tYqq0
民主党ルーズベルトの側近はコミンテルンのスパイだらけだったからな
原爆投下もアメリカ共和党より先にソ連に知らせたほど
親日の共和党は激怒した話は有名

859 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 03:00:43.67 ID:kFlGVNqd0
これマジ?
マジだったら大問題なんじゃ?ジャニーズ事務所がfnsの件で・・・
嵐がFNS歌謡祭で嫌がらせをされた衝撃の証拠写真流出!↓なんと大野智(メインボーカ... - Yahoo!知恵袋

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1077152495


860 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 03:06:05.13 ID:bGDo0t+H0
フーバーダムは見といて損はない。グランドキャニオンとかもいいけど、人間の力も侮れない

861 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 03:11:50.98 ID:XJuLszWMO
>>820
これ見たことある?
http://www.youtube.com/watch?v=5CYFaFmg2ws&sns=em

862 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 03:19:47.21 ID:VE8C0P1p0
ドイツとアメリカが戦争になったら日本も戦う義務あるんじゃ

863 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 03:37:35.77 ID:XJuLszWMO
>>801
パールハーバーのゼロ戦(でOKと思うが)はショーと思えるが日本の会議シーンは擁護できない。考証不足とかのレベルじゃない
零戦52型実機(真珠湾の一年以上後に登場したタイプ)がロサンゼルスの民間博物館所属
22型はR1830エンジンでの新規品
21型(同)もノースダコタ州で製造されるが未登場

864 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 03:51:16.23 ID:XJuLszWMO
>>720
真珠湾では戦闘方法をまとめたのは五十六さんだけど、その実行には反対している

865 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 03:51:44.66 ID:iv60kp0C0
SAPIO 2011/12/28日号
・真相 米国が戦後「GHQ焚書図書」指定し歴史の闇に葬った「不都合な真実」を開封する/西尾幹二
http://www.zassi.net/mag_index.php?id=55&issue=30622

これ読んだら、米国は真珠湾攻撃を確実に察知していたと思える。

866 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 03:57:32.85 ID:2FySfSAl0
あなた方の善戦によって,力を尽くして「ヒットラー」総統を倒すことができても,どうやって「スターリン」を首領とする「ソビエトロシア」と協調するのか。
 大体において,世界を強者が独専しようとすれば,永久に闘争を繰り返し,ついに世界人類に安寧(あんねい:平穏無事なこと)幸福の日はないだろう。 

867 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 04:03:15.58 ID:4sb42vey0
>>17
本当のことを認めるのが、
本来アメリカが目指した「正義」だったはずなんだよな
アメリカ人も、そうでありたいと本心では願っているが、
大量破壊兵器の原爆を落としたことが罪悪感すぎて認められない。

868 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 04:24:00.46 ID:R0MY2WaxO
アメリカを動かしている奴は戦争をしたいんだ
口実を作るために必ず自国、自国民へ攻撃させる
911しかり
今はイランからの攻撃を仕込み中だろう

869 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 04:41:40.31 ID:6RxqssSXO
イラクからの撤退した数百万の退役軍人はどうやって生活費を稼ぐんだ。
今の時代、戦争をやめることなんて無理だろ
日本も徴兵して戦争すれば雇用問題なんかで悩み無用
ニートでネトウヨな俺には最高の死に場になるし。速攻で特攻兵に志願するわ

870 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 04:53:44.08 ID:XJuLszWMO
>>869
実際は徴用兵なんて運送や警備などの雑用だけどな 全然訓練してないんだから
第二次大戦でも末期こそ工場に学童が投入されるが、それまでは軍人として工場作業員になる人も多数いた

871 :ぴーす ◆u0zbHIV8zs :2011/12/11(日) 04:58:16.72 ID:GgK/21+5O
アメリカは元軍人のホームレスが相当いるってね

872 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 05:01:05.96 ID:n14ilDSo0
太平洋戦争がジハードでなくヘイトウォーだったことくらい皆分かってるって

873 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 05:08:03.98 ID:ZJ7LQ7IuP
やっぱり産経か。
大好きなアメリカが対日戦を悔やんでいるとか謀略だったとかいうような記事を毎度連発しているな。
だがアメリカにとって太平洋戦争時の日本は野蛮で極悪な国で、
それと戦ったアメリカは正義という考えが主流なのは変わらんよ。

874 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 05:28:37.87 ID:eqqONRts0
まあ、愚民の洗脳なんて簡単な事だってわけだな

875 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 06:05:22.61 ID:wEgxI2P60
>>872
ああ、アメリカの教科書に
しっかりと書いてもらわないとな


876 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 06:41:01.50 ID:JEJypx4s0
>>866
ルーズベルトに与ふる書か。

877 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 07:05:31.54 ID:Dmxhv6S8O
>>869

イラクから撤退した数百万?


どこの平行世界だよw


878 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 07:17:48.30 ID:BUk38E4RO
おのれアメリカの野郎

879 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 07:24:07.34 ID:gqhqDiMx0
日本軍が真珠湾攻撃で殺した民間人は1割だが、広島原爆で米軍が殺した民間人は9割だ。

880 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 07:39:47.23 ID:+OEWiG6f0
チャンネル桜で特集討論やってるよ

【討論!】大東亜戦争開戦70周年記念大討論[桜H23/12/10]
パネリスト:
 荒谷卓(元陸上自衛隊特殊作戦群初代群長)
 上島嘉郎(別冊「正論」編集長)
 田久保忠衛(杏林大学名誉教授)
 西尾幹二(評論家)
 西部邁(評論家)
 藤井聡(京都大学大学院教授)
 宮脇淳子(東洋史家・学術博士)
司会:水島総

http://www.nicovideo.jp/watch/1323426247
http://www.nicovideo.jp/watch/1323425857
http://www.nicovideo.jp/watch/1323425524

881 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 08:32:09.72 ID:Kq79HPV10
なぜ今になって?と疑問に思うがアメリカの良心が復活するなら素直に歓迎だ
事実は事実として冷静に受け止めたい
最近アメリカsage進行のスレが増えたのには憂慮する
サヨの工作に惑わされてはいかんよ

882 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 08:32:48.27 ID:tMAFzQXC0
戦後の状態が全てを物語っている
アメリカが本当は何を企み、意図して戦いを画策し望んだのかが

今よりも広大な太平洋上の海洋領域持っていて、
太平洋側からアメリカを直接脅かした日本の勢力削り取り
衛星国にし(だからいまだに、その日本の広大な海洋領域のせいで
いかなることがあっても日本を手放せない)、
大西洋側の脅威の大英世界帝国解体にまで追い込み
かつての宗主国、戦後の英もアメリカに追従させ、
東西南北全ての脅威を取り払った
世界基軸通貨も米ドルに
かつて欧州が占領し、主権を持っていた主要植民地を開放させ
その資源、実権、市場を間接的にアメリカが握れるように
(戦後欧州による再占領、植民地化を阻止している)
世界外交の実権もアメリカの手に

アメリカにとって大きな誤算は、戦後、ソ連共産勢力の急激な台頭

冷戦終了後は、今度は欧州が一丸となってアメリカにまた対抗し始めたし
(まあ、今はもうそのEUガタガタだがw)
近年では中国がアメリカを脅かす存在に成長してしまった


883 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 08:35:17.87 ID:5/qZpVVY0
>>1
かりにそうだったとしても、まんまと誘い込まれる日本が純情すぎ
しかも山本五十六の連合艦隊は暗号バレバレだったそうだし
相手に先に手をださせて、自分らは被害者であって反撃の大義名分がある。
この状態をつくりだすことが戦争遂行者には不可欠だ

884 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 08:41:16.52 ID:itLcSY1I0
死んだ軍人は戦争の遺憾と別にして可愛そうとは思うが
軍施設の拠点攻撃にしか過ぎないのよね…

こればかり強調してもむしろ
アメリカ本土が如何に他国に被害を受けていないかの証明をしているようなものだと
そろそろ気付き始めたのだろう

885 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 08:51:14.14 ID:tMAFzQXC0
>>883
遅かれ早かれだよ
ABCD包囲網が強化されたまま
欧州戦終結させ、独伊を加えた欧州と
ソ連と全力のアメリカの力でもって
日本が瞬時に袋だたきにされるのを待つだけ

(ただ、本当に日本だけを叩きのめしたいのであったなら
欧州戦を終結させることを第一の目的とし、
日本をそれまであからさまに挑発せず、
アメリカにとって誰特の欧州戦線で独伊を負かし、加えた後
世界欧州植民地安泰のまま(w)日本をみんなで瞬殺すればよかった)


886 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 08:53:35.53 ID:5/qZpVVY0
>>885
負かすだけならそれで十分だけど、
日本を悪玉にしなくてはならない目的が達せられない

887 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:02:20.02 ID:tMAFzQXC0
>>886
日本をあのタイミング(欧州戦終結以前)で挑発することの最大の目的は
日本をもってして欧州世界帝国を破壊させること
(まだ現在進行で対独戦中で国力も疲弊し、
遠いアジアまで手が回らない欧州の状態がわかりきっていたし)
是非とも対欧州では日本が悪玉になって貰わないとw

888 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:08:08.55 ID:X7QJ8oYw0
原爆投下はダメリカ人の心の醜さを証明してる。
そしてダメリカ人は、今だにこの事実を認めることが出来ない。
顔を真っ赤にして怒り出すばかりだ。

889 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:16:55.08 ID:tMAFzQXC0
アメリカによる対日交戦の意図が明らかな以上
外交による平和折衝もほぼ無意味

独伊を降伏させ、欧州戦終結させた全世界対
日本一人完全孤立してしまった状態で
一方的に審判下されるのを待つだけ
欧米ソ以外、世界は今のように自我に目覚めることもなく
支配されることに甘んじていて、日本のことなど知りもしない
世界外交に関与もしない、植民地というものとそこの原住民はいても
今あるアジアアフリカなど、戦後独立した国のない世界の中で
本当に孤立無援のひとりぼっち


890 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:31:54.86 ID:tMAFzQXC0
第一次大戦以前の世界情勢のように
日英同盟というものがあり
まだ形なりにも清帝国、中国が完全瓦解せず持ちこたえられていたなら
日本はいくらでも対米戦回避のために我慢できただろうね

891 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:34:05.47 ID:7ixUlFl+0
>>708
日本人は他民族が長期間かけてやったことを短期間でやれる世界的に見てもトップクラスに優秀な民族。
ただし四海を海で囲まれて他民族との接触が少なかったために外交面が苦手でそこを突かれて損をすることが多い。

892 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:34:55.76 ID:F5fo8fOI0
あの当時日本と中国と
どっちの味方をするかと言われれば
普通中国をとるw
中国の大市場の魅力にはかなわない。
中国が共産化さえしなければ。
いま中国をとるかチベットをとるかと言うようなもん。

893 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:40:15.72 ID:LsbIwkx80
>>882
その英がEUを抜けたというのはどういう意図があって?
アメリカ追従ならアメリカのいう自由貿易に賛成する立場でEUから孤立しないとおもうけど

894 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:40:23.51 ID:HPsmDu4H0
>>16
誇りに思うのはいいけどあれ陸軍の暴走ですよ
海軍はかなわないの分かってたのに陸軍が勝手に

895 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:43:45.63 ID:tMAFzQXC0
>>892
そりゃ、もう完全瓦解し、内乱で国家の体をなさない
名だけの中国になってしまった
広大な占領可能な土地を持つだけの
当時の中国大陸だからねw
中国だけで白人国家群に対抗する力もうなし
それどころか国内まとめるために各国内勢力がそれぞれいろいろな
外国勢力引き入れていたんだからw

896 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:45:54.78 ID:tMAFzQXC0
>>893
元々英国は大陸欧州国家とは別の存在

西の日本のような立場

897 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:51:38.35 ID:9GKdb8ib0
>>896
そうそう、
・大陸欧州は、国家統合(国家主権の制限、ブロック経済)をしたい。
・逆に米英は、国家主権を守り、自由貿易を広めたい。

ベクトルが全く逆なんだよね。日本で言うと、
・鳩山の東アジア共同体構想は、前者。
・FTA/EPAは、後者。


898 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:52:07.28 ID:LsbIwkx80
>>896
しかしEUから抜けたというのは何を意味するんだ
まさかアメリカのためにEUを抜けたなんて事はないだろうし
自国のために抜けたというのが真意だと思うのだが。
どうよ

899 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:54:38.49 ID:GtbJdZiN0
>>895
1つの国家ではなかったけど、十分国家だったよ。通過戦争で
日本は負けてたくらいなんですけど。

900 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:54:49.80 ID:tMAFzQXC0
>>898
大陸欧州が一丸となれず
対米で役立たないとなれば
そりゃ見切るつける罠w

大陸欧州のごたごたに巻き込まれたら
また過去の二の舞

901 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:55:51.21 ID:hCkAFlbX0
HOIやったことある人なら分かるけど、
アメリカの外交政策の説明のなかで、アメリカが日本に対しては
なぜかアメとムチのムチしかつかわなかったっ言ってるから
白人さんも>>1これはわかってたぞおもうよ。

902 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:57:34.60 ID:7YmNUenb0
ナチスは世界征服を目指して積極的な軍事行動を行っていた。欧州は
殆どがナチスの手におち、イギリスやソ連も風前の灯だった。アメリカが
あの時ドイツに参戦したから、世界の秩序が守られ、悪が成敗されたのだ。
日本もドイツと組した段階で、悪の手先、世界征服者の一味とみなされ、
成敗されるのは当然。ルーズベルトこそ世界の英雄だ。

ちなみに、国連で旧敵国条項削除を求めて元世界征服者及びその一味
が活動しているが、どれだけ彼らは重いことをしでかしたか、判っている
のだろうか。

903 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 09:58:02.40 ID:tMAFzQXC0
>>899
それでも、もう白人国家群には自力で
対抗できないくらいグダグダになっていた
(まあ、日清、日中戦争後の要因がそこにはあるがw)

904 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:03:04.10 ID:sJMXhZQ/O
知ってました

905 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:03:05.09 ID:LsbIwkx80
>>900
アメリカがブロック経済をすすめさせてるのは明らかだろ
イラン制裁や中南米諸国がすでにブロック化してる。
中国、ロシアも同じ。英国が本当にアメリカのためなら新自由主義のカルト思考についていくはずなんだけど
アメリカが進めてるTPPはまさにそのカルト思考なのに

906 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:03:06.96 ID:9GKdb8ib0
社会主義者であり、優生論者のルーズベルトは、
日本民族を憎悪し、防共の砦である日本に戦争を仕掛けた。
結果、どうなったか?

・日本との戦争で、米軍兵士が血を流した。
・共産主義ソ連が強大になり、50年間にわたる冷戦が開始された。
・中国大陸・朝鮮北部が赤化し、朝鮮戦争で米軍兵士が血を流した。
・ベトナム戦争で米軍兵士が血を流し、戦争に敗れた。


907 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:06:31.82 ID:tMAFzQXC0
>>905
別に英国はアメリカのためにやっている訳じゃない
自国のためにやっている
本来は大陸欧州とも、アメリカとも距離を置きたがる国

908 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:06:50.86 ID:9GKdb8ib0
>>905
まずイラン制裁は、大量破壊兵器開発に対するものであり、
自由経済/ブロック経済とは何ら関係ない問題だ。

TPPは、ブロック経済ではなく、広義の自由貿易だ。
加盟各国の域外に対する関税自主権は、制限されない。
逆にEUは、ブロック経済(関税同盟;関税自主権の制限)だ。


909 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:08:22.66 ID:7YmNUenb0
>>906
悪い方ばかり言って良い点は言わないんだね。

世界征服の悪の野望は潰え、アメリカは、西側陣営のトップとして、凄まじい
信頼を得、また高い工業力は世界を圧倒した。ただ、冷戦後の舵きりに失敗
した感はあるがね。

ベトナム戦争は、西側陣営内部の共産主義者に足を引っ張られた感が強い。

>>907
イギリスは正直言ってアメリカの欧州出張所兼人材育成センターに過ぎない
よ。実際にイギリスで一流の人材は悉くアメリカに流れるように出来ている。

910 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:11:22.72 ID:LsbIwkx80
>>908
広義の自由貿易だとすれば何故中国を誘わなかったのか
インドもそうでしょ。そこが矛盾してる。

911 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:12:22.22 ID:tMAFzQXC0
そして、英国は日本のようにただ一国だけの存在ではない
(もちろん本国内も準独立国家のまとまりで一国をなす連邦制だが)
全世界に英連邦というものも持っていて
一応形の上ではその盟主となっている
そこにはアメリカの上にあるカナダも英連邦の一員に含まれる

912 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:13:01.27 ID:Dx7iQ1900
Fローズベルトがウラン型とプルトニウム型原爆投下実験(ということだ。
人体実験)に許可サインしてから死んだのは有名な話。

そのサインが偽造かもしれないというのも有名な話。

陸軍組織の勝手な突っ走りなんだが その源は国敵ヤマモト56の真珠湾特攻。

卑怯な国敵 ヤマモト56

ローズベルトが正常な状態だったらサインしなかったろう

913 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:13:28.14 ID:GtbJdZiN0
人類の敵 アングロサクソン

914 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:14:08.27 ID:9GKdb8ib0
>>909
ルーズベルトの選択の結果、世界中で共産主義者(ソ連)の支配が強まり、
殺戮や自由の弾圧が行われた。
悪とは、尊厳と自由を何ら尊重しない共産主義のことである。

逆に、大東亜戦争における日本の理念は、「八紘一宇」だ。
一部左翼が、「天皇による世界支配」を目指したものだと誤解しているが、大間違いだ。
「八紘一宇」とは、各国の歴史伝統に根ざした道徳観を基調とする世界の事だ。

日本の大義は、悠久の正義であり、悪の共産主義と対立する。


915 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:15:02.98 ID:tMAFzQXC0
>>909
>イギリスは正直言ってアメリカの欧州出張所兼人材育成センターに過ぎない
それは、アメリカにたたき壊された後の
過去の力を失ってしまった戦後の英国の状況故に過ぎない

916 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:15:05.19 ID:ZlkwL8dEO
知ってる。
アメリカですから。

917 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:17:43.53 ID:9GKdb8ib0
>>910
日本や米国等の自由主義陣営(自由と繁栄の弧)は、以下の価値を共有し共有している。
「自由」「民主主義」「基本的人権」「市場経済」「法の支配」
しかし中国は、上記の価値観と敵対し、弾圧している。

日本を含む自由主義陣営が、自由貿易を広め、経済成長することは、中国等に対する安全保障上の利益だ。


918 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:20:49.22 ID:LsbIwkx80
>>917
それが本当なら何故中国はASEAN+3を進めているのだろうか。

919 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:22:04.91 ID:tMAFzQXC0
>>910
「自由」という名の下に
自国が食われたらたまらんだろw

920 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:22:58.85 ID:LsbIwkx80
矛盾してるんだよ。中国が自由、民主主義、人権、経済、法を重んじていないのと
他国主権に依存するのとTPPの実質法律関与はブロック経済そのものなのだが

921 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:26:21.59 ID:tMAFzQXC0
>>918
自国に利があり
支配力を及ぼせる相手を抱きかかえ
他の勢力と敵対、対抗していく

普通でしょ

922 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:26:31.14 ID:7YmNUenb0
正直言おう。中国みたいに為替操作をしている統制経済国家をTPPに
組み込んだら、破綻することは目に見えているだろ。中国は自由経済で
ないのが一番大きいんだよ。何でそんな国をTPPに入れなきゃいけない
のか。

923 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:27:34.89 ID:9GKdb8ib0
>>918
日本が積極的に関与すべきなのは、自由主義陣営との戦略的関係の強化であり、中国への監視体制の構築だ。

例えば、対インド。
米国が06年にインドの核保有を容認して以降、日米印の戦略的パートナーシップが強化されている。
日米印の海軍は09年、南西諸島で三国合同演習も実施した。

例えば、対ミャンマー。
米国は現在、対ミャンマー関係の改善に動いている。
ミャンマーの民主主義が進展し、対米関係が改善され、中国の支配が弱まることは、
ミャンマーとの歴史的関係を有す日本とっても、利益となる。


924 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:28:33.22 ID:LsbIwkx80
>>921
だったらそれでいいがそれとTPPの自由貿易となんの接点が?
つまりさ他の国は自分の利益になるブロック経済に入ってるだけってことだよね
英にとってEUは自国にメリットがない。そう考えればアメリカのためではなく自国のためということになる

925 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:29:40.52 ID:7YmNUenb0
>>914
ヒットラーが世界征服を企んでいる以上、それを食い止めることが至上命題
であり、悪の共産主義と組むこともやむを得ないだろ。何度も言うが、ヒットラー
は世界征服を企んでいたんだ。何が最悪か、それを考えてから発言すべきだ。

926 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:31:44.19 ID:LsbIwkx80
>>923
何の説明にもなってないんだが

927 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:33:55.87 ID:9GKdb8ib0
>>922
その通り。中国は、共産主義国家であり、自由経済の基礎となる価値観が何らない。

JR東海の葛西会長、中国へのリニア・新幹線技術の供与否定…「(中国は)政治的安定、法の統治、契約遵守」などの条件に適せず
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1230907603/

>「高速鉄道技術を海外に供与するには条件がある。その第一は政治的に安定していることだが、
>法律による統治がしっかり行われていることや、 契約を遵守すること、私的所有権が確立していることなどの条件も必要だ」
>葛西会長はさらにリニア技術や新幹線技術を中国に供与する可能性について
>「中国はこういう条件を適しているとは思えない」と否定。


928 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:35:25.61 ID:F5fo8fOI0
フーバーは慧眼だったね。
あの当時大陸の共産勢力の危険性を見通していたアメリカ人なんて
ジャーナリストはもちろん学者でも居なかっただろう。

929 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:36:24.63 ID:LsbIwkx80
>>927
それが矛盾してるのだが自由経済というのは自国の産業を優先しないってことだろ
そんな国がどこにある?アメリカでさえ、自国産の輸出をのばして輸入をへらすっていってるのに
その論は通じない。お前らが見るべき敵はアメリカしかありえないよ

930 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:38:43.80 ID:FtpOFjaz0
そりゃまあ史上最悪の独裁者の一人であるスターリンとよろしくやっていたような奴がまともなわけがない

931 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:38:46.36 ID:tMAFzQXC0
>>924
どこの国も自国第一
とは言え、複雑な世界外交、情勢では
多かれ少なかれ、その代償もつきもの

932 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:40:58.16 ID:9GKdb8ib0
>>925
最悪のイデオロギーは、明らかに共産主義である。
例えばバチカンは、共産主義よりはファシズムに好意的であった。
これは、共産主義は最悪のイデオロギーであるとの判断に基づく。

確かにナチスは、許されない行為を犯した。
それは、優生思想に基づいて、障害者等を弾圧したことだ。

優生思想は、明らかに悪の思想であるが、ルーズベルトも優生論者であった。
故に、日本民族を差別し、憎悪した。

共産主義は、エリートによる支配・自由の弾圧という点において、優生思想である。


933 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:43:11.20 ID:tMAFzQXC0
>>929
アメリカは敵でもありうるが
絶対的な敵にしてはいけない国

言っていることわかる?
そんな単純じゃないんだよ、世界は

934 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:44:52.83 ID:9GKdb8ib0
>>929
それは、経済学的に間違っている。

自由貿易(関税↓)により、貿易量(↑)となる。
つまり、輸出が増加し、輸入も増加する。

JR東海等は、既に台湾に新幹線(トータルシステム)を輸出した。
これは日本の利益であり、台湾の利益であるからだ。(日台両国の利益は、矛盾しない)


935 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:45:53.64 ID:tMAFzQXC0
世界中どこの国にとってもアメリカという国は危険きわまりないが
上手くつき合えばその利も大きい相手

それは現在における中国相手でもそう

936 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:48:29.38 ID:LsbIwkx80
>>934
比較優位の原則は対等であるのが絶対条件。
その対等とは資源と自国優位産があるのが条件だ
だから日本は比較劣位であることを認識しなければならない

937 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:49:38.14 ID:GtbJdZiN0
>>914
日本の正義だろ?

938 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:51:23.50 ID:tMAFzQXC0
>>936
認識していて
そのうえで膨大な対米黒字叩き出してきたんでしょ、日本は
埋蔵資源のないことなど百も承知

939 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:52:19.02 ID:PAkOtCsc0
>>63
ルーズベルトはアングロサクソンじゃねえよ
ユダヤだよ

940 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:53:15.32 ID:9GKdb8ib0
>>936
比較優位の話しではない。国際収支の話しだ。

経常収支(輸出ー輸入)=資本収支(貯蓄ー投資) であり、
右辺は、可処分所得や利子率に起因するため、左辺の変動に対しては一定である。

つまり関税撤廃による効果は、経常収支(輸出↑ー輸入↑)=資本収支(一定) となる。


941 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:53:26.66 ID:Kq79HPV10
群雄割拠で経済戦争してるうちは経済安定しないよ

942 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:54:38.26 ID:LsbIwkx80
>>938
しかし、今は金融危機で自国優位産は車といった製造業が主だ
それを輸出したところでこれからは売れない。
アメリカでの車輸出でその貿易黒字をだしたがもうすでに飽和状態だ
次は市場のでかい中国やインド
結局はTPPに入っていない国になるってこと

943 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:55:41.57 ID:tMAFzQXC0
>>941
政・経・軍で今は超不安定、混乱期だから安定のしようがない

944 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 10:59:48.55 ID:tMAFzQXC0
>>942
仮にどこの経済ブロックにはいったとしても
だからといって加盟国外の国々と貿易してはいけないという訳じゃないんだけど?
売る物、買ってくれる物があれば世界どこだろうと好きに貿易すればいいだけでしょ

945 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:03:03.38 ID:LsbIwkx80
>>944
いや国益の視点が間違ってる。国益というのは日本内の雇用や産業が優位になることが目的であって
他の国で出来るという話しじゃない。
TPPでの法律関与や自国の農業危機なんかは国益を損なう。

946 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:04:46.67 ID:Kq79HPV10
>>943
共通の敵を見誤らないことが大切だね


947 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:09:23.55 ID:LsbIwkx80
この真珠湾事件から日本を軽視し続けるアメリカは一度痛い目みせるべきだ

948 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:10:02.88 ID:3dy5wbbO0
>>927
中国のアレは中華の伝統にすぎないのではないか?
共産主義の皮を被ってはいるが、未だに"中華帝国"だよ。

949 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:10:40.85 ID:tMAFzQXC0
>>945
俺は別にTPPに賛同している訳じゃない
今はまだ時期早かと思っている

デモ世界が抜き差しならない状況になれば
そして日本だけでどうにもならなくなれば
いずれ何かしらの決断を下さないといけない

過去の大戦における超当事者国以外の国々が最終的に帰属を示したように
最初からの参加はうまくいけばその後の影響力大だが
国運賭けた大博打の要素も大

950 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:10:56.86 ID:yMvt2J3L0
チョンとチャンコロは真実を永遠に隠蔽させ、日本を食い尽くす寄生虫

951 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:13:30.76 ID:tMAFzQXC0
>>947
何度も痛い目見ているわなw
それが今おかれたアメリカの状況でもあり
世界のアメリカに対する目でしょw

日本一人でアメリカ目の敵に躍起になる必要はない
かえって日本にとってそれは危険な行動

952 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:14:02.23 ID:3dy5wbbO0
ってか、産経も今更何を…って感じなんだが
時期が時期だけに仕方が無いのか?

953 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:18:39.54 ID:tMAFzQXC0
>>946
まだまだこれからさw
一応どこも危険なごたごた状態だけど
まだ完全崩壊にまで至っていない
崩壊したところが弱肉強食で食われる
その時にまた世界を巻き込む大戦乱になる可能性もあるが

954 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:29:28.22 ID:2L5WkyDF0
黒船ペリーが帰国した時点で日本を潰す気マンマンだったろどうせ。

955 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:33:50.41 ID:B9PeR6tt0
>>1
何をいまさら。

956 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:35:41.56 ID:F5fo8fOI0
中国は国をまとめるためには
独裁政権で無ければ不可能。
それに満州やらチベットやらイスラムやらまで
版図を広げる一方ならなおさら
世界中が民主化しても中国だけが独裁国であり続ける。

957 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:36:37.90 ID:F9HcmalK0
戦争がなく、
千島列島、サハリン、台湾、朝鮮、満州、サイパン南洋諸島が、
日本領土のままなら、今現在、人口3億人で原油天然ガスたっぷりで、
米と肩を並べる軍事国家になっている。

当然、潰す気マンマン


958 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:37:27.24 ID:gViruxdw0
日本のトップはアメリカが日中戦争に口を出すメリットはないので黙認するだろうと
思っていた。
ところが中華ロービーが米国議会を動かして、不干渉から対日強行姿勢に変化し、
経済封鎖、ハルノートに至った。
軍事以前に、日本の外交政策の大きな失敗が後戻り出来ない状況を生んだ。
この認識で良かった?

959 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:38:49.18 ID:nqeozvgA0
>>957
中国戦線をいたづらに拡大して国力を疲弊させずに
満州のみを死守して、ドイツと同盟せずに欧米を刺激してなかったら、
そういう歴史もあり得たと思う


960 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:39:34.82 ID:V7WWKECE0
>>956
まとまらなくていいんじゃね

961 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:42:07.64 ID:tMAFzQXC0
>>958
まさかアメリカが日本を使って大英帝国と欧州世界植民地解体
世界覇権を企んでいるなんて大それたことを画策していたなんて
思いもよらなかっただろうからw

962 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:45:38.25 ID:nqeozvgA0
>>961
それはお前の思いこみだな
アメリカだって戦争開始の時点では
他の欧米諸国と同じような帝国主義の国
ただ単に中国にアメリカの植民地がほしいけど
日本が目の上のたんこぶ状態だったから、日本はアメリカに睨まれた
それ+ドイツを駆逐しなければいけないというユダヤロビイストの活動のために
動いただけだ

まさか世界大戦後に世界中の植民地が独立して、帝国主義時代が終了することまで
想像していなかっただろ

963 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:47:21.63 ID:tMAFzQXC0
>>959
でも、中国大陸における当面の敵、影の存在がドイツだったから
いわば、ドイツを中国大陸から退け、日本の中国大陸における利権認めさせ、
ソ連を封じ込める目的での対独対策が行き過ぎた結果が同盟でしょ
ドイツが欧州で戦争を起こさなければ、それか欲を出さずある程度で戦火拡大させなければ
そこそこ安泰に終わった

964 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:49:30.80 ID:tMAFzQXC0
>>962
中国大陸に進出していたのは日本だけじゃないよ
欧州勢もソ連も中国利権と植民地化に躍起になっていたんだから

965 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:53:53.64 ID:nqeozvgA0
>>964
欧米諸国の中国の植民地っていうのは
香港のように街の租借地で比較的面積は小さい
だけど日本は広大な土地を占領しつづけて飲み込もうとしていた
中国にこれから植民地を持ちたいアメリカとして、かなりの脅威だったし
焦りを感じていただろう

966 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:54:13.46 ID:aTuxGUqp0
日本が悪者でないと困るニダ

967 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:54:18.67 ID:tMAFzQXC0
>>962
当時のアメリカは、議会、国民中心にモンロー主義と
自国国外問題できるだけ不関与、我関せずの思想に凝り固まっていたから
他の欧州諸国のようにイケイケじゃなかった
戦後のアメリカとも違う

968 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:56:27.17 ID:tMAFzQXC0
>>965
実情はほとんど英仏で中国大陸占領されてたようなもの

969 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 11:57:45.16 ID:CB8MArwn0
ラスボスはアメリカはみんな知ってるだろ
中国もロシアも通過点にしか過ぎん

970 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:03:20.12 ID:dBChlg6qI
理念で出来た国はみんなカルト集団だよ。
アメリカ、イスラエル、ソ連、オーストラリア。
土着国家はカルト集団みたいな無理はできない。
いい悪いは別にしてね。

971 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:05:10.73 ID:xEEtPdqy0
ファラカ−ン 「犯罪国家アメリカは口を噤め」
http://www.youtube.com/watch?v=YEd0QOOm25A&feature=related

これはマジでやばい!。第3次世界大戦(世界新秩序)− 日本語字幕
http://www.youtube.com/watch?v=Jzgoi0PsrbI

字幕が出ない場合は、画面右下「CC」ボタンを押してください


972 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:10:49.01 ID:F9HcmalK0
アメリカ無視して、英とオランダにだけ宣戦布告すればよかったのに。
こっちだけなら楽勝だろ。

973 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:11:36.82 ID:2RXGXaJ40
質問
なんでネトウヨはアメリカには弱腰なの?
言いやすい相手しかものを言えないの?

974 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:13:08.63 ID:GtbJdZiN0
>>972
フィリピンと大陸の間をとおれないとやばいことは分かってた

975 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:13:37.89 ID:uSRE3MLm0
>>973
右翼って文句だけは言ってると思うよ。
ただどうすんの?って聞くと単独防衛論のような現実的でない
話ばかりが返ってくる

976 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:13:44.94 ID:nqeozvgA0
>>972
陸軍はそう考えていたけど
海軍は、そんなこと非現実的
東南アジアの欧米の植民地を占領すれば
アメリカと戦争になるのは必至なので、アメリカに先制攻撃するべき

で、真珠湾攻撃

977 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:15:38.50 ID:ApiXSVQw0
>>975
アメリカに弱腰な奴が、単独防衛論(=アメリカを捨てる選択)を唱えるのかよ。
お前の言ってることは支離滅裂だな。

978 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:16:10.43 ID:wgdJXvThO
本当の狂気ってのはアイゼンハウアーみたいなのを言うんだろ
あいつは単なるキチガイ

979 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:16:25.15 ID:uSRE3MLm0
>>974
アメリカが攻めてくるとは限らない。
対中であれ対欧州であれアメリカの支援が本格化するのは
真珠湾以降だ。日本の対米開戦がきっかけを作った。
米領フィリピンを攻めなければいい。

980 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:16:45.75 ID:tMAFzQXC0
>>962
アメリカという国は欧州がすっぽり入るくらい広大な土地を持ち
真珠湾以前は外敵といえるほどの外敵を迎えたことのない
アメリカ国内が全て、他の世界に興味なしの国民が住み
外に活力を求めなくてもよし考えられるような資源も豊富な国
アメリカの一般民にとって唯一の脅威は欧州勢であり
日本などどこにあるかもわからない興味の対象外
中国大陸で日本がどんな行動を取っていようと興味なし

真珠湾攻撃されるまではね

981 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:18:21.52 ID:J24EuL9X0
>>972
無視できない
フィリピンには米軍がいたから

フィリピンを放置して南方作戦なんて出来ないから

982 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:18:34.38 ID:uSRE3MLm0
>>977
弱腰じゃなくて口だけは達者

983 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:18:37.73 ID:5d3kH3t30
だからといって今日本があるのはアメリカのお陰だしな。決して
支那朝鮮でもロシアでもない。

984 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:19:26.22 ID:12aXBUCz0
陰謀論にハマる馬鹿w

そんな陰謀が実現できるぐらいなら、わざわざ自国に大損害発生させなくても日本屈服させられるがな。

985 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:21:24.43 ID:F5fo8fOI0
偉大なアメリカさん、
日本を叩き潰してくれれば
我々はアメリカの製品を全部買うアルヨ。
こう言われれば資本家はホイホイついてくる。
キリスト教的正義感も満たされると来れば
どうやってもアメリカが敵になるのは時間の問題。

986 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:21:27.10 ID:uSRE3MLm0
>>981
それが思い込みなんだよ
真珠湾までアメリカは明確な敵国ではない
だからこそ交渉してたのだから

987 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:21:30.87 ID:J24EuL9X0
>>979
石油禁輸して目と鼻の先のシンガポールやマレーシアで戦闘が始まったら
戦闘海域になぜかアメリカ籍の船舶がいて沈められてアメリカが宣戦布告
東南アジアの日本軍はフィリピンを攻略できず孤立

これが最悪のシナリオなんだが

お前のは能天気な日本にとって都合のいいシナリオ

988 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:22:31.87 ID:5d3kH3t30
>>984
いやいや、国内の日本と戦争しろの世論を高める為には必要でしょう。
各国も味方する。

989 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:22:43.99 ID:12aXBUCz0
つうか日本がアメリカも噛んだ九ヶ国条約とか無視って、アメリカの面子潰して権益侵害したのが原因じゃん。
日本が、満州事変とかやった日本自身の法でも本来重罪の馬鹿庇わなければすんだ話。

990 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:22:55.31 ID:GtbJdZiN0
>>983
ずいぶんアメリカ(政府・企業)に貢いでいるんですけど。中国へのODAなんかと桁が
違うだろ。

991 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:23:36.58 ID:F5fo8fOI0
張作霖爆冊はソ連の仕業と判明した。

992 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:23:41.87 ID:J24EuL9X0
>>986
思い込みはお互い様だろ
真珠湾が無ければも思い込みだし

政治だの軍事だのは最悪の状態を想定してやるものなんだよ
自分にとって都合のいい状況しか想像しないならやらない方がいい

993 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:24:18.40 ID:nqeozvgA0
>>986
国民党に武器を援助したり、フライングタイガースのような名目義勇軍だけど
実情はアメリカ国軍の軍事援助したりしているんだから
十分すぎるほど日本の敵国だよ。

994 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:25:01.15 ID:12aXBUCz0
>>991
また別の陰謀論wwwww

アホですか本当に。

>>992
自分から馬鹿な身内かばいにつっぱしり、他国に迷惑かけた最悪の最悪なのが日本の行動だったんだがな。

995 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:25:20.33 ID:tMAFzQXC0
>>987
ドイツが対英戦の途中からそういう状況になってしまったからねw
アメリカにとって二面戦争になる日本が参戦しないうちにドイツが仕掛けて対米戦始めたら
洒落にならんから、方向転じて対ソ戦やらかしたw

996 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:25:27.16 ID:eqqONRts0
>>893
>>898
イギリスがEUを抜けたって?・・・一体何を言っているんだ・・・

997 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:25:59.54 ID:F5fo8fOI0
>>994
ロシアの文書解禁で判明したらしい。

998 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:26:01.72 ID:9GKdb8ib0
>>970
日本にも建国の理念は、あるよ。
神武天皇が東征し、橿原で即位したときの「久米歌」に、次の文がある。

「前妻が肴乞はさば たちそばの実の無けくをこきしひゑね
 後妻が肴乞はさば いちさかき実の多けくをこきだひゑね」

前妻とは、大和民族の兵隊のことであり、後妻とは、異民族の兵隊のことだ。
つまり、異民族に実の多いものを御馳走し、優遇するいうのが、わが国の肇国の精神だ。

人工的なイデオロギーでできた共産国家がカルト集団であるという点は、全く同意。
それも凶悪なカルト集団だ。

999 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:27:04.35 ID:uSRE3MLm0
>>993
蒋介石は降伏寸前で全く援助になってない
日中戦争は終わらせることができるのにも
関わらず断ってしまった日本側(近衛)の責任

1000 :名無しさん@12周年:2011/12/11(日) 12:27:31.19 ID:tMAFzQXC0
>>994
どこの国も最悪の行動を取ったからあれだけの大戦に発展したんだよw

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

357 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)